トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

チキンセロリのサラダ&春雨入り玉子焼きレシピ

寒いときは煮物や鍋もおいしいけれど、野菜の小鉢ものやちょっとしたサラダはささっと短い時間でつくれるのでどんな時でも重宝です(^-^)。

ここしばらくの仕事疲れ?育児疲れ?で、今ひとつ「よ~し!」とやる気がでてこないので、ちょっと手抜きして、小鉢物をいくつか並べて晩ご飯にしちゃいました。旬のセロリと脂肪の少ないささみの相性は抜群!

そして、春雨やピーマン、玉ねぎなんかをたっぷりと入れた具沢山の“中華風蒸し卵”を作って、あとは作りおきの魚の煮物をちょっと添えて、今日のご飯の出来上がりです♪

旦那ちゃんのダイエットに協力して、お皿に少しずつよそりました。

【セロリとささみのゴマドレサラダ】

Jpg_5 しゃきしゃきのセロリの茎と、玉ねぎのスライス、電子レンジで酒蒸しにした鶏のささ身を裂いたものを合えてサラダに。白練りゴマ、マヨネーズ、レモンで作ったゴマドレッシングで合えるだけと簡単です。作り置きしておいて、翌日も食べてもおいしいですよ。

(材料)

  • 鶏のささ身 
  • セロリの茎
  • 玉ねぎ
  • ゴマドレッシング
  • レモン
  • 塩、こしょう

(作り方)

  • ささみは水気をキッチンペーパーで良く拭き塩、こしょうし、耐熱容器に入れ酒を振りかけ、ラップをして電子レンジで約3分間加熱する。
  • ささみに火が通ったら、さめてから手で裂く(筋はとる)。
  • セロリは斜めに切り、玉ねぎはスライスして水にさらしておく。
  • よく水気を切った野菜とささみをボウルで混ぜて、ゴマドレッシング、レモンを加えて味を調える。

*お好みでにんじん、ヒヨコマメを加えてもおいしい!

【中華風春雨野菜の蒸し卵】

Jpgk

 『玉子焼き』の蒸し焼き版です。いつもの玉子焼きと一味違ってちょっとおしゃれな一品に。卵と具を混ぜてお弁当箱に入れ、蒸すだけ。中華だしとごま油の風味、春雨の食感が癖になる味付けです。我が家は大人二人なので、食べ切りの量で卵3個分で作りましたが、本当は5個分くらいでたっぷり作ると、見栄えがします。

(材料)

  • 卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3個
  • ピーマンのみじん切り・・・・・・・・ 1/2個
  • 玉ねぎのみじん切り ・・・・・・・・ 大さじ1杯
  • 青じそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2枚
  • 春雨 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 適宜
  • 中華だしの素・・・・・・・・・・・・・・・・ 少々
  • 塩、こしょう ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 少々
  • ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 少々

(作り方)

  • 野菜はみじん切りにし、春雨は熱湯で戻して2~3cmに切る。
  • 卵を溶き、野菜、春雨、お湯で溶いた中華だしを大さじ2杯、塩、こしょうを加えてよく混ぜる。
  • ステンレスのお弁当箱などにごま油を塗り、卵液を流しいれ、湯気の上がった蒸し器で火が通るまで蒸す。(竹串をさして生の卵がついてこなければOK)
  • 丁寧に型から出して、切り分けて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

金柑のコンポート&ゼリーで風邪予防

Photo_3  今日はのんびり休日~♪で、『きんかんのコンポート』『リンゴの甘煮』を作りました (*^-^*)。

「きんかん」はビタミン豊富で風邪にも良いとのことなので、今の時期にぴったりですよネ。保存瓶を煮沸消毒して熱々のうちに密封すれば、数ヶ月の保存ができるので、いっぱい作って冬の間楽しめますよ。

今回は、きんかんを煮たときの煮汁を大切に取っておいて、寒天ゼリーを作ってみました。透明なゼリーのなかにかわいらしいま~ るいきんかんがコロン。

和食のおもてなしデザートなどにもいけそうです。129_1

お味もおいし~(^O^)ですよ。

Jpg_3

【きんかんのコンポート・レシピ】

~きんかんは皮ごと食べるので、なるべく農薬の少ないものがおすすめです。粒は小さめですが、私は宅配で比較的農薬の少ないものを取り寄せて使ってます♪~

(材料)

  • きんかん
  • グラニュー糖

(作り方)

*詳細は後ほど掲載しますのでお許しを。

Photo_4

【りんごの甘煮・レシピ】

~りんごは実家の父の自信作(自家製)です!でも、年をこすとどうしても甘みが抜けてすかすかの食感に(地元では“ぼける”と言います)・・・(;-;)。そこで、大切なりんごを余すことなく食べる最終手段がこれです。一年間おいしくいただけます。

(材料)

・ りんご ・・・・・5~6個

・ グラニュー糖・・・・・・約 500g

(作り方)

① リンゴは皮をむいてくし型に切り、レモン汁をまんべんなくまぶしておく。

② ①にひたひたの水と砂糖を加え、最初は強火~中火で煮て、丁寧にあくを取り除き、弱火にしてから好みのかたさになるまでコトコトと煮る。

③ 煮沸した瓶に熱いうちに②をつめてしっかりと密封する。

【ワンポイント】

* 水を加えず、砂糖のみで煮ると「リンゴジャム」になります♪

* ヨーグルトにかけて、バウンドケーキの中に入れてリンゴケーキにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

カリフラワーでヘルシーポタージュのレシピ

今日は夫と二人、久しぶりに六本木ヒルズのエスニック料理レストランでランチを食べてきました♪

実家の母が娘のおもりをしてくれていたので、市場調査も兼ねてというわけです。

(母に感謝!です)

ボリュームたっぷりでとてもおいしかったのですが、夫はダイエット中。

私も食べ過ぎてちょっと胃もたれが・・・。

夫婦意見一致で今日はかる~い野菜料理でヘルシーメニューで晩ご飯にしました。

(娘には鶏肉で野菜のロール巻きをプラスアルファ!育ち盛りですものね(^-^)

【 カリフラワーのポタージュ風 】

128

 ~材料は本当に野菜だけなんです!でも、なんともいえないポタージュ のような滑らかさ、コクがあるので、ダイエット中でもおすすめです。もちろん、もう一味欲しい方は、仕上げに牛乳、生クリームを加えたり、オリーブオイルの代わりにバターで炒めてもOKですよ~(*^-^*)

(材料)

・ カリフラワー(1/2株)

・ 玉ねぎ(1/2個)

・ オリーブオイル、和風顆粒だし、塩、こしょう・・・適宜

*その他:生クリーム、牛乳、豆乳、バターなどお好みで。

(作り方)

① カリフラワーは洗って軽く下ゆでし、水気を切っておく。

② 玉ねぎはスライスし、水にさらした後水気を切る。

③ ①と②をオリーブオイルを熱した鍋に入れてよく炒める。

④ ③がしんなりしてきたら、ひたひたまで水を加え、野菜が柔らかくなるまで煮る。

⑤ ④をミキサーにかけてピューレ状にし、鍋に戻して好みの濃度になるまで水、または  牛乳などを加えて軽く煮、だし、塩、こしょうで味を調える。

★ 夫の評:これはおいしい~(^O^)♪。でした。

【 ほうれん草とひじきの梅ゴマドレ和え 】

1

 ~ ゆでたほうれん草に、芽ひじきを混ぜた鉄分たっぷりヘルシー和え物。練りごまと、刻んだ梅、マヨネーズを混ぜたタレを添えて味覚も新鮮な和え物です。同じ梅ダレを使って、お好みの野菜にかければ、いつもとは一味違った和え物になりますよ~。

今日は初めて『写真を取り込む』に挑戦しました!

でも、写真でおいしそうに撮るのって難しいですね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬の果物を満喫!マーマレード作りました。

今日は仕事で一日 『マーマレードジャム』 作り、 

&白神天然酵母を使って 『ふかふか丸ぱん』 作りをしました(^-^)。

レシピ、詳しい作り方などの工程写真を撮るためです。

よくレシピ本なんかで出ている、作り方のそれぞれの作業途中写真のあれです!

私のなかで、最も楽しい~仕事です♪

手作りで作るマーマレードジャムって、お店で売っているちょっとチープ?な感じと、雰囲気も味もまったく違って、ちょいほろ苦。そして柑橘の香り豊か。

おいしいんです!

(ちなみに最近では『ジャム』などとは言わずに『コンフィチュール』と言うそうですね。

会社の物知り博士、雑学王の方に教えてもらいました(^-^;。)

なお、柑橘系のジャムはその柑橘の種類によって甘みも皮の厚さも、渋みも変わってくるので、特徴をつかむことが大事です。

今回は清美オレンジ(国産オレンジ)を使いましたが、渋みがちょっと残ってしまったので、湯でこぼしをしっかりと2回くらいするのがコツのようです。

娘が夜泣きを始めそうないきおいなので、作り方の詳細はまた明日にでも・・・。

そして白神天然酵母パンの作り方も近いうちに・・・と思います。

ちなみに今日の晩ご飯は、

・ 白菜と春雨の中華風スープ/すだち添え

→白菜、長ネギなどの野菜と、キッチンバサミでちょきちょき切った春雨、やわらかいお豆腐のスープ。仕上げにすだちを半分に切ったものを添えていただきます。中華風のスープとすだちのさわやかな香りがおいしい!

・ じゃがいもとキドニービーンズのゴマダレ温野菜

・ にしんと昆布の煮付け(常備菜)

・ ごはんと漬物

・ (旦那ちゃんにだけ「アジの干物をプラスアルファ(*^-^*)。

楽しい仕事。おいしいご飯を食べて今日も幸せ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

熱々♪体にやさしいスープにしよう!

寒いですねぇ。

こんな時はひとつの鍋で作れて、材料をどんどん入れていくだけのスープが我が家の定番です。野菜が高い時は、ついつい同じ種類の野菜ばっかり食卓に登場してしまいますが、そんな時は「乾燥豆」を使って野菜の種類が片寄ってしまう“まんねり”を防いでます。

今晩のメニューは

『白いんげん豆と白菜の白いスープ』

~材料~

・白いんげん豆

・白菜

・豚肉(またはベーコン)

・長ネギ(白い部分)

・根しょうが

・ローリエ

~作り方~

① 乾燥白インゲン豆は6時間~8時間水につけておく

② ①を弱火でやわらかくなるまでことこと煮る。

③ 野菜を刻んで、豚肉と一緒にオリーブオイルで炒める。

④ ②を茹で汁ごと③に加え、ローリエを加えて更にことこと煮る。

⑤ 好みのかたさのところで火を止めて、塩、こしょうで味を整える。

*このままでも野菜と肉のうまみで充分おいしいのですが、「ちょっと物足りない~」という場合は、ブイヨン、生クリームなどを足してくださいね(*^-^*)。

乾燥豆って「めんどくさそう~」という印象が強いのですが、朝家を出る前に水にだけ浸してさえおけば簡単!

甘く煮含めるときは火加減に気を使いますが、スープやサラダに使うときは煮崩れているくらいのほうがおいしいので弱火でさえ煮ていればOKです。

白っぽい色合いが特徴なので、今度はぜひ写真アップできるようがんばります。

まだまだ写真はよくわからず・・・で一日終了でした。

| | コメント (0)

2006年1月24日 (火)

初めてのブログ!

“好きこそものの上手なれ”を信じて、大胆にもついに料理レシピブログの仲間入りをしちゃいました。

今年の目標の一つだったので嬉しいです(*^ ^*)/~

とはいっても・・・。実はかなりアナログ・・・。未だに8割り方ブログの使い方わかってません。レシピや料理の公開をしよう、と立ち上げてはみたものの、一人でデジカメ画像の取り込みもままならず、次回はぜひ写真をアップできるよう日々これ勉強ですね。

仕事から帰って「あ~、疲れた・・」なんて時でも、子供がエプロンすそに張り付いて半分引きずって料理している時でも作る気持ちになる、作る手側にもやさしいごはんを紹介していけたらいいな、と思ってます。(我が家は毎日←こんな感じです(^ ^;)

簡単でヘルシーが一番ですね!

また、専門が野菜の販売促進&レシピ作成なので、こぼれネタなんかもちょこちょこ載せていきますので、どうぞよろしくおねがいします。

| | コメント (0)

トップページ | 2006年2月 »