« 、節分にオリジナル太巻き!「鬼の顔の恵方巻き」 | トップページ | リンゴのスクエアケーキレシピ »

2006年2月 5日 (日)

節分に残った「炒り豆」で簡単豆ご飯

Photo_9Photo_10

 ~ 豆まきで残った「炒り大豆」を使った簡単炊き込みご飯です。といだご飯を普通の水加減で炊飯器にセットし、炒り大豆をそのまま好きなだけ入れるだけでOK!押し麦ゴマなどを加えたり、お好みでお試しくださいね。 ~                                                     

金曜日の夜からパソコンが使えず、ちょっとタイミングがずれてしまいましたが、気を取り直して書いてます(*^-^*)。

節分には家族三人で楽しく豆まきをしました♪

(1歳の娘は「豆」はまかずに、手に握らせた豆を一人でぽりぽり口に運んでま した(^^;。)

年の数だけ豆を食べても、一袋買うと結構な量の豆が残りませんか?

もちろんそのままおやつに食べてもおいしいのですが、今年は一味変えて「大豆ごはん」を作りました。

乾燥大豆で作ると、豆を水に浸したり・・・。と気分的にちょっとおっくう。

でも、炒ってある大豆を使うと、そんな手間もなく、炊飯器にといだお米と一緒に入れるだけ。

炊き上がったときにはふっくら。しかも、ちょっと香ばしい風味がおいしいんですヨ(^o^)。

もちろん大豆だけのご飯でもおいしいのですが、私はヘルシー感をアップさせるため、押し麦と一緒に炊き込んでみました。上質なお塩を添えて召し上がれ。

副菜には、節分の太巻きを作るときに多めに作ってしまった寿司酢を使って、干物(さんま)を焼いてほぐしたものと野菜、わかめを合えた「焼き魚の南蛮漬け風」を添えました。

焼いたままでも焼き魚はおいしいのですが、酢と野菜と一緒にすると、一度に野菜も取れて効率よし?!酢は血液さらさら効果もあるようなので、ちょっとしたところで取り入れていきたいなぁと思っているのです。

【2月4日の晩ご飯】

  • 大豆ごはん(ゲランドの塩を添えました)
  • 野菜の味噌汁(サツマイモ、大根、長ネギ入り)
  • サンマと海草の南蛮漬け風(きゅうり入り)
  • 厚揚げの煮物
  • 漬物

|

« 、節分にオリジナル太巻き!「鬼の顔の恵方巻き」 | トップページ | リンゴのスクエアケーキレシピ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分に残った「炒り豆」で簡単豆ご飯:

« 、節分にオリジナル太巻き!「鬼の顔の恵方巻き」 | トップページ | リンゴのスクエアケーキレシピ »