« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月29日 (水)

鮭&シソ。まぜまぜごはんレシピ

Photo_80 お米っておいしいな~ってしみじみ思います。

というのも、我が家の娘はつい最近まで『米アレルギー』っ子ちゃんだったので、お米は一切ご法度だったのです。

じゃあ、何を食べていたのかというと、”A-カットごはん”という特殊なアレルギー原因物質を除去したお米があり、それを主食とし、あとはパンと麺でしのいでいました(^-^;。

もちろん親もお付き合いして、ごはんはほとんど食べず、麺やパン、そしてA-カットご飯を一緒に・・・といった生活を2年余りしておりました。

ですので、当時は自然『白米』は大人の楽しみ。

ご馳走~!となっていたのです。

今では娘もすっかり普通にご飯をぱくぱく食べられるようになりましたが、ごはんを食べられない時期があったからこそ、「米」のおいしさを実感してます。

そして何より、

調理が楽~~。です。

おかずにあうし、混ぜご飯にしちゃえばそれだけでも1品に。

そんな簡単混ぜご飯?のひとつで、気に入っているのが、シソとゴマと、鮭のあらほぐしを混ぜたもの。シソの風味がおいしいのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

ノンオイルノンシュガー料理 その2

0726_456 ノンオイル・ノンシュガー料理第二段です(^-^)。

「鮭と野菜の焼きびたし」を作りました。

南蛮漬けや焼きびたしって、思ったより砂糖を使ってビックリすることありませんか?

工夫次第で、砂糖やオイルを使わなくっても、おいしくさっぱりといただけますよ♪

魚や野菜は揚げずにグリルで焼くと、うまみもあって、かぼちゃなんかホクホクに。

そして、タレはだし汁に酢、しょうゆ、みりん、塩を入れ、一旦沸騰させて酢の酸味を飛ばします。熱々のうちに焼いた鮭と野菜を漬け込んで、30分ほどおけばもう食べごろです(*^-^*)。

お料理でお砂糖を控えた分、食後は桜の和菓子をいただきました。

Photo_79 これは、らでぃっしゅぼーやという宅配のところで買った春の和菓子です。

きれいなピンク色ですが、なんと着色料使っていないんですよ~!!

赤カブとか自然な色で色をつくっているこだわりの和菓子です。もちろん添加物なんかもなくって、安心でおいしくって幸せでした。

そろそろ桜が見ごろ。

お弁当もってお花見に行きたいな~なんてぼーっとしながら考えてしまいました。

でも、我が家の娘(2歳)は、まだまだ”花よりだんご”だろうな~(^-^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

味噌風味の和風ラタトィユレシピ

Photo_78 レシピを作るときは試作試作試作・・・の繰り返しです。そして最後はおいしくいただきます(*^-^*)。

これは、ノンオイル、ノンシュガーで作るラタトィユの和風味版です。

見た感じだとわからないんですが、白味噌を使っているんですよー。

ズッキーニ、ピーマン、にんじん・・・と野菜をとにかくたっぷり使って蒸し煮にし、味は豚肉のうまみと、塩、白味噌だけでシンプルに作ります。

さらりとしていてとってもヘルシー。ごま塩おにぎりを添えれば、簡単なランチにもってこいです♪

白味噌とトマト~~!!と言われそうですが、これが以外においしい組み合わせ。

白味噌のほのかな甘みととろみがちょうど良いみたいです。言われなければ白味噌を使っているってわからないかも・・・?です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

冷凍しておいて焼きたて!クッキーレシピ

Photo_75 自家用なので、見栄えはいまひとつ。でも、味は焼きたてさくさくのクッキー2種です(*^-^*)。

バレンタインのプレゼント用に作ったクッキー生地を、ラップでまとめて冷凍しておいたものを、凍ったまま包丁で切って焼いただけ。

一口サイズで、さくっ、ほろっと食べやすいので、缶に入れておくとついつい食べ過ぎてしまいます。

味は、レモン味とチョココーヒー味の2種。朝ごはんの片づけをしながら、ささっと焼くだけです(^-^)。

買ったクッキーはさくさくですが、添加物もいっぱい。

ケーキ屋さんの手作りっぽいところでも、実は結構添加物って入っているんですよ。材料もシンプルで、安くて簡単。何よりも焼きたては手作りならではの楽しみです♪

クッキー生地があまったら、「冷凍」。おすすめです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

血液さらさらごはん!

Photo_73 最近はやりの”血液さらさら”。

  • すご~く気にして料理をしているわけではないのですが、なんとなくそういった食材を使うことが多くなっている気がします。テレビやネットの情報にすぐ影響受けちゃうんですよね(^-^;。

鰯や鯖などの青魚、酢、玉ねぎなど、どれもこれも使いやすい食材なので、これまた頻度が増えてしまうのです。

最近は暖かくなって、さっぱり味が食べたくなってきたこともあり、マリネを良く作ります。魚介やら、玉ねぎ、野菜、豆など何でもマリネ!

作りおいてもおいしいし、これは夫も私もお気に入りです。Photo_74

マリネにおすすめ、野菜は、セロリ、玉ねぎ、キャベツ、にんじん等。

マリネ液の酢も、リンゴ酢、バルサミコ酢、白ワインビネガーなどいろいろ試してみるのですが、それぞれ風味が若干異なり、食材にあわせて変えてみるのも楽しいです。

でも、私のおすすめは断然リンゴ酢♪

味がさっぱりしていて何にでも合い、しかも酢のすっぱさがマイルドなので、お料理にむいている気がしています。

昨日は海老と魚介のマリネ・マスタード風味を作ったのですが、写真をとる前にあっという間に売り切れてました(*^-^*)。料理があっという間になくなると、嬉しいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

アレルギーの子にもおすすめ!柏餅

ちょっと季節が早いですが、「柏餅」を作りました。

(カタログ販売のレシピなどを作っていると、季節は常に3ヶ月先進行なのです・・・)

Photo_72 食物アレルギーの子がいると、「今日のごはん何にしよう~」「さて、おやつはどうしよっかな」と考えていることが多い気がします。

市販のものはほとんど卵やら、乳製品、そして和菓子には「やまいも」など我が家にとっては×なものがいっぱい含まれていることが多いのです。

そこでやっぱり手作りに。

アレルギー料理というと、普通の人が食べると美味しくない、というイメージが強いのですが、私はそれはできるだけ避けたいので、食べられる範囲の食材で無理なく作れるものを探して試してみることにしています。

「柏餅」もそんなおやつのひとつ。

原料は、米粉(上新粉)、砂糖、あんこ、これだけ!

しかももち米は避けたい米にも反応していた娘にとって、うるち米の米粉で作るおかしは比較的安心なものなのです(^-^)。

和菓子屋さんと同じ、とはいかなくても家庭で作っても楽しくて美味しいです!

何回か作ると慣れてきて、洋菓子よりも手軽にできます。

柏の葉はスーパーやネット通販などで手軽に手に入ります。柏の葉の香りが嬉しいなつかしおやつです。

これは娘(2歳)にも好評で、親が食べてももちろん美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

風邪引きさんに番茶風味の雑炊

Photo_71 ここ数日夫が風邪気味。

そこで、具たっぷり、体も温まる雑炊にしました。

普通の和風雑炊もおいしいのですが、今日はちょっと味付けを変えて中華風?に。

にんじん、長ネギはごま油で炒めて香りを出し、番茶でコトコトと煮て風味を出しました。

仕上げにカリカリに焼いた油揚げクルトンと青しそを載せて、ざくざくとくずしながら混ぜていただきます。

栄養もたっぷり。食感や味も新鮮でなかなか重宝だな~、と思ってます。

風邪の時だけでなく、朝ごはんなんかにもおすすめです。

そうそう、この”油揚げクルトン”お茶漬けなんかにも合うし、応用きくんですよ~。

ただ、こういうお粥系のごはんって、消化が良すぎるのかすぐにお腹が空いちゃうのが難点・・・。ついつい夜のおやつに手が伸びてしまったり・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

ドライフルーツの紅茶煮デザート

Photo_69 ホワイトデーのお返しをいただき、あま~いお菓子に不自由していないこの頃♪

でも、たまには手作りデザートです。

洋菓子などが多くなってしまう時は、地味ですが、こんなふうにドライフルーツを紅茶で煮て、はちみつを加えて作ったシロップでの白玉フルーツおいしいです(^-^)。

ドライフルーツを使うので、ヘルシーでミネラルもたっぷり。あんずやプルーンのドライフルーツは圧倒的に、ノンオイルコーティングのオーガニック物がおいしいです。

色味は悪いんですけどね・・・(^-^;。

白玉は大好きなので、頻繁に作りますが、他のフルーツとあわせるときは、ちっちゃ~く作ってミニミニ白玉に。かわいい♪

紅茶は濃い目に煮出して、ドライフルーツを漬け込むだけ。一日たってから食べると、さらにとろんとした蜜のような雰囲気です。お好みですぐ食べたり、翌日食べたりと楽しみかたもいろいろです。

それにしても甘いもの中毒・・・。

ついつい食後には一口欲しくなっちゃうんですよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

ノンオイルでもおいしく料理

  • Photo_67 毎日なにげな~く料理をしていると、「はっ」と油の減りに驚くことってありませんか?

我が家は比較的油料理は控えめなほうですが、それでも知らず知らずのうちにお菓子やら、外食やら・・・、と油ってとってしまいますよね。

それで、たまにはリセット料理。味覚をシンプルにするにもぴったりです。

ノンオイル、ノンシュガーでラタトィユ風です。

野菜のうまみと、ウィインナー、ベーコンなどの肉のうまみを引き出すことで、シンプルながらも食べ応え充分です。

たまにはこんな一皿も胃腸すっきりですよ~。

【ノンオイル・ノンシュガーのラタトィユ風】

(材料)

  • 玉ねぎ             1個
  • トマト              2個
  • にんじん            1本
  • なす               1個
  • ズッキーニ           1本
  • ピーマン            2個(あればパプリカ)
  • ウィンナー           120g
  • チキンブイヨン(液体)   小さじ1
  • 塩、こしょう、パセリ    適宜

(作り方)

  1. トマトは湯むきし、種を取ってザク切りにする。ズッキーニは皮ごと3ミリ程度の輪切りにし、塩を軽く振っておく。
  2. 玉ねぎは皮をむいて大きめに切り、なす、にんじんは3ミリ程度の輪切りに、ピーマンは種を取って縦に8等分程度に切る。
  3. ウィンナーは斜めに大きめに切る。
  4. 厚手の鍋に、3のウィンナーを炒め、玉ねぎ、にんじん、ズッキーニ、ナス、を加えてざっくりと混ぜながら炒め、蓋をして中火で蒸し煮する。
  5. 途中ピーマンを加え、最後にトマトを加えて野菜に火が通るまで煮る。
  6. 仕上げにチキンブイヨン、塩、こしょうで味を調えて出来上がり。

【ワンポイント】

  • コクがちょっと欲しいときは、チーズを食べる前にのせるとおいしいです。
  • 焦げ付きそうな時は水かトマトジュースを少々加えればOK。翌日はカレー粉を入れて、カレー風味にしてもおいしい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

いつもの食材で一工夫料理

  • Photo_63 今日は娘の保育園のお祝い会でした(*^-^*)。りっぱにウサギちゃん役?も全うし、セリフ?も言えた娘に親ばかながら感動でした。

そして、ちょっと春の気分で、と炊き込みご飯に木の芽を添えてみました。

独特の香りは大人の味。娘は一口も手をつけず、結局お昼の残りのわかめおにぎりを食べる始末・・・。

後は冷凍庫に常備してある、冷凍の塩鮭を使って、蜂蜜+レモン風味のマリネです。

Photo_65本当は生の鮭があればそれでソテーするところですが、いつもの塩鮭でも充分。

解凍して、塩抜きの意味も込めて白ワインを入れたお湯でゆで、ざっくりとほぐします。適度な塩加減になり、また食感も茹でならではのソフトさでなかなかのものですよ(^-^)。

コツはマリネ液に鮭が熱いうちに入れて味をなじませること。1~2時間してからのほうがおいしいみたいです。

また、今回はディルがあったので、ちぎって加えました。蜂蜜は国産の季節の蜜でちょっと贅沢に。はちみつ料理、実は大好きです♪

【ゆで鮭のレモンはちみつマリネ】

(材料) 

  • 鮭            2~3切れ
  • セロリ(茎の部分)       3本
  • はちみつ       大さじ1
  • レモンの絞り汁    1・1/2個分
  • 塩、こしょう       適宜
  • ディル          適宜

(作り方)

  1. 鮭は白ワインを入れたお湯を沸騰させ中まで火が通るまで茹でる。
  2. セロリは斜めに切る。
  3. ボウルにレモンの絞り汁、はちみつを混ぜ、1の鮭が熱いうちに皮をはずし、身をざっくりとほぐして入れる。セロリ、ディルも加えまぜ合わせる。
  4. 塩は鮭の塩加減で調整しながら味を調える。

Photo_66 汁物は糸寒天入り澄まし汁。ごはんが味つきなので、こちらはさっぱりと仕上げました。

寒天がたっぷり入ってヘルシーです!

もう一品はキャベツとベーコンのマスタード炒めをつくりました。

でも、これはちょっと失敗・・・。セロリの残った葉をくわえたら、マスタードとの相性が微妙になってしまいました(;-;)。

そんなこともたまにはあるよね~。と複雑なお味の炒め物もちゃんと残さずいただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

豚肉のねぎ巻き&えびサラダレシピ

Photo_61 お肉の中で”味”は豚肉が一番好きです(*^-^*)。

薄切り肉は何かと使えて便利なので常備していますが、家族人数分のメインにするには中途半端な量だったり・・・。

そんなことありませんか?

今日はまさにそんな感じだったので、豚肉の薄切りにベーコンでコクとボリュームをプラス。更に中心には長ネギをくるんと巻き込みました。味付けはみりんをきかせて生姜焼き風の味付けに。

ジューシーでおいしいメイン料理になりました。

【豚肉とベーコンのねぎ巻き】

(材料)

  • 豚ロース肉         200g
  • ベーコン          100g
  • 長ネギ(白い部分)    20~30cm
  • しょうゆ、酒、みりん、  適宜
  • 生姜            適宜
  • 塩、こしょう        適宜

(作り方)

  1. 豚ロース肉は二枚一組につなぎ合わせ、塩コショウをし、その上にベーコンを乗せる。
  2. 長ネギは約3センチ程度の長さに切り、1の上にのせて、手前からくるくるときっちりとまく。
  3. 2に片栗粉をまぶして熱したフライパンに油をひいて、両面に焼き色がつくまで炒める。
  4. 3に調味料を全て加え、水100ccを加えて蓋をし、中まで火が通るまで炒め煮をする。
  5. 4にほとんど火が通ったところで生姜のすりおろしを加え、軽く煮詰めて出来上がり。
  6. 仕上げにレモンなどを添えていただく。

【ワンポイント】

あればシソなども一緒に巻き込むとさっぱりした味わいに。

Photo_62 そしてえび好きにはたまらないサラダ。

旬のオレンジの果肉を使って、マリネ風のサラダです。

えびとブロッコリー、ミックスビーンズでカラフルに。オレンジとレモン風味の漬け汁でさっぱりといただけますよ(^-^)。

コツはえびの下ごしらえに手をかけること。ここを手抜きすると、食感とにおいが今ひとつになってしまいます。

あとは多めに作っておいて、翌日食べてもおいしい~!マリネの味がしっかりしみておいしいのです。

私は生の玉ねぎそのままが苦手なので、今回は玉ねぎスライスは入れませんでしたが、入れると更に本格派です。

季節の国産オレンジが手に入る今の時期にぜひお試しあれ。

【海老とオレンジのカラフルサラダ・レシピ】

(材料)

  • むき海老(大)        200g
  • オレンジ           1個
  • ブロッコリー         1/4株
  • ミックスビーンズ缶     1缶
  • 玉ねぎ            1/4個
  • レモン汁           1/2個分
  • オリーブオイル       適宜
  • 塩、こしょう         少々

(作り方)

  1. 海老は塩、酒でもみ洗いし、一旦よく水気を切り、片栗粉と酒をまぶしてもみ込む。
  2. 1の海老をオリーブオイルを熱したフライパンでソテーする。
  3. ブロッコリーは色よくゆで、小房に分けておく。玉ねぎはスライスし、水にさらしてからよく水気をきっておく。
  4. オレンジは丁寧に皮をむいて、食べやすい大きさに切る。
  5. 2、3、4、ミックスビーンズをボウルに入れ、レモン汁、オリーブオイル、塩、こしょうで味を調える。あればハーブを加えて混ぜてもOK。

【ワンポイント】

オレンジの皮をむくときは、手でむかずに包丁を使うと簡単ですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

揚げ物こそおうちで!さくさくおいしい~♪

Jpg_1”揚げ物”料理をすることはとってもまれなのですが、たまには油を贅沢に摂取?!したくなって、てんぷらやから揚げ、コロッケなどを作ります(*^-^*)。

レシピでもなんでも、最近は揚げ物料理は敬遠されてしまって、きっと家庭で調理の機会が減ってしまったものの一つではないでしょうか。

でも、買ってきた揚げ物と家で作る揚げ物ってまったく別の料理~!と思ってます。

何よりも油が違うので、嫌なにおいがしないのと、熱々、サクサク・・・(^O^)/。

禁断のおいしさです。

残り物を何でも入れてしまって、しかもメインの一品になるので、お助け料理ですよね~。

私が何よりこだわっているのは、油をたっぷり入れて揚げることです。最近は片づけが楽などで、フライパンなどで浅く油を入れて揚げるのがはやっているのですが、やっぱり出来上がりにぐんと差が出る気がしています。

たまにしか食べない”揚げ物”ならおいしくカロリー取りたいですよね!(ダイエット中の夫をもつ身としては、高カロリーを作るのは勇気がいります)

今日はにんじん、桜海老、ブロッコリーの茎、玉ねぎを千切りにしてかき揚げにしました。卵アレルギーの娘のため、卵は入れずに小麦粉と冷水だけの衣です(^-^)。野菜がメインなので、卵なしでもむしろ軽い食感でおいしいです。てんつゆは即席でしょうゆ、酒、砂糖などで食べる直前にあたためるだけ♪

「あ~、やっぱ高カロリーのものっておいしいわ」のひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

毎日の献立は2おかず1汁で♪

Photo_55 「今日の晩ご飯何にしよう~」と考えている時間って、一日のなかで意外と多くて、あらためて考えてみると、どれだけの時間「食べ物」のことを考えているのかしら、と思ったら我ながらビックリしてしまいます(^-^;。

そういえば、昔の知り合いに、「一日中ごはんのことぼ~~~っと考えているでしょ」と突っ込まれたことがありましたっけ・・・。

私だけでなく、多かれ少なかれ家庭の主婦はそんな感じではないかしら?

毎日のご飯となると、苦痛と感じる人も、楽しみの時間♪っていう人も時にはネタにつまりますよね・・・・。

今日も帰り際の自転車で「さ~て何にしようかしら~」と思案。

内容はともかく、一汁一菜ならず自分の『基本パターン』を決めているので、それに沿って作っていると、忙しくってもごはんを作るのが面倒にならなくなった気がします。

メインのおかずをちょっとボリューム出して、副菜に野菜たっぷりのサラダか和え物、ごはんに汁物(多くはお味噌汁です)という質素なものですが、野菜をいっぱい、ボリュームもあって、結構満足します。

今日は豚ひれ肉があったので、オレンジマーマレードと生姜をしょうゆと玉ねぎでこっくりと炒め煮した『ひれ肉のオレンジ&ジンジャーソテー』、小松菜と炒り卵、蟹フレークを中華風に合えた『中華風蟹サラダ』、『わかめと長ネギのお味噌汁』『ご飯』でいただきました。

なんだか最近”お肉+マーマレード”の組み合わせにはまってます・・・。(ワンパターン?!)

これだけ作って30分。まずまず予定通り(*^-^*)です。

そうそう、今日は娘が「小松菜」をめずらしくパクパク食べてくれたので、ひっくり返るほど驚いちゃいました~~!!蟹がおいしかったのかしら・・・。

Photo_57

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

冷凍品もふる活用!毎日の晩ご飯をらくらく用意。

Photo_54 日々の晩ご飯の用意にかける時間って、昔と比べて短くなっているそうですね。

私は仕事から帰ってから作る日は、20分くらいの超特急。余裕のある時は1時間くらいかけてゆっくりと・・・。だいたいそんな感じです。

「え~~、20分?!」と独身のころは思っていましたが、何しろおなかを空かせてピーピー足元にしがみついてくる娘がいるので、もう”リアル3分クッキング”並みのスピードで調理します。

そんな時やっぱり重宝なのが、「冷凍品」。でも「冷凍品」といってもお惣菜などではなく、素材のカットされた冷凍のものが気に入ってます。お肉や魚って、まな板汚れて、包丁も汚れて、忙しいときはなんとなく洗うのも気分的におっくう。

バラバラに凍結された肉や、魚、シーフードミックス、貝類、あと、たま~に冷凍野菜を使います。

難を言えば、冷凍のシーフードミックスは加熱すると、エビが「え~~っ!」っていうくらい小さくなっちゃうことですけど(^ ^;。

今晩は帰りがちょっと遅くなってしまったので、シーフードミックスを入れた『シーフードスープ』をメインに、『かぼちゃとぶブロッコリーのサラダ』『お豆腐のひき肉あんかけ』『ご飯』『甘エビ明太(ご飯のおともです)』でご飯にしました。スープはたっぷり作っておいて、明日の朝にはリゾット風にしちゃいます(*^-^*)。

【お手軽シーフードスープ・レシピ】

(材料)

  • シーフードミックス           1袋
  • 玉ねぎ                  1個
  • キャベツ                 4/1個
  • ブロッコリー               1/2株
  • ブイヨン                  適宜
  • 塩、こしょう、白ワイン         適宜

(作り方)

  1. シーフードミックスは熱したフライパンにオリーブオイルをひき、さっといためて白ワイン、塩、こしょうをしておく。
  2. 玉ねぎはスライスし、キャベツはザク切りにして鍋でやわらかくなるまで煮る。
  3. 2に1を加え、ブイヨン、塩、こしょうで味を調え、仕上げに色よくゆでたブロッコリーを加えて出来上がり。

【ワンポイント】

あればミックスビーンズの水煮を加えると更に食感がいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

料理を仕事に・・・。悩みもいろいろ・・。

ここしばらくず~っと更新ができずにいました。

でも、もちろんその間も毎日毎日おうちでご飯を食べて、仕事でも料理をしたりレシピを考えたり・・・と日常ってあっという間に過ぎていきますよね。

2歳の娘はここ1週間というもの体調不良。

保育園からた~っぷりともらってくる「菌」やら「ウイルス」やらにかたっぱしからやられてしまって、今回はノロウィルス(胃腸風邪)に(; ;)。ようやく良くなってはきたものの、ちょっと痩せてしまった娘を見ると、「う~、ママ仕事していてゴメンよ~~!!」という気分になるのです。

毎日仕事で、料理やら健康な食生活のこと考えているのに、「自分の娘の栄養がおろそかになっていない!」と本末転倒な自分に愕然・・・。

”2歳ちゃん”は年齢的にも「お野菜いや~ん」な時らしく、我が家もごたぶんにもれず、野菜はていねいにていねいにていねいに・・・よけて食べてます(--)。

そしてアレルギーで卵、牛乳、お魚ダメなわが娘。

よっぽどよっぽど栄養考えないと、タダでさえかたよっちゃうんですよね。

だけど仕事が忙しいのにまかせて、「まぁ、こんな感じでいいか。」と品数、みばえ、味だけを抑えたご飯を作っていたんですね・・・。反省。

仕事で自分で提示している”健康”みたいな食生活と毎日の食生活がずれちゃった時、そして自分が作るレシピが、「実際は自分では日ごろはつくらないわ~」という凝ったものだったり、値段やカロリーが高いものだったりしてしまった時、ホント考えちゃいます。

そして、気持ちもあらたに「食べることは、日々が大切」と思い直すのでした。

仕事で一生懸命料理を作っても、我が家の”ごはん”がおろそかになっては妻&ママとして失格(; ;)。

今日はちょっとまじめに。。。。でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »