« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

週末ごはん。デザート2種+1?

Img_0906_sh01 我が家はまだGWでお休み、というわけではないのですが、久しぶりに週末のお買い物へいきました~(*^-^*)。

家族連れにはデパートはなにかと大変なので、車での移動も楽な”アウトレットモール”へ。

日差しが強くなってきたので、つばの広い帽子を買いました。(自分では、つばの広い帽子は、マダム(ママ)ファッション~、と勝手に決めてます。。。)

帰りには、これまた久しぶりに「うどん屋さん(お蕎麦屋さん?)」に寄って、食事をしたのですが、うどんがつるつるでおいしかったです(^0^)。

上の写真は、おでかけとはまったく関係ないのですが、自家製『白玉フルーツあんみつ風』です。

白玉はあの”つるん”としたかわいらしい姿と食感が好きなので、しょっちゅう作ります。

あとは、ちょうど近くの八百屋さんで1個290円!!という安さにつられて買った、パイナップルでコンポート(缶詰風?)にしておいたものと、家にあったキウイ、あんこ、黒蜜で作ってみました。

この、自家製の『パイナップルの缶詰』。色はどうしてもいまひとつなのですが、結構おいしいです(^-^)。半分は生で食べて、半分はこんな風にしてデザートのお供に楽しみます。

Img_0885_sh01

そして、こちらは大好きな『いちごミルク』。苺と、牛乳、蜂蜜でまぜただけ!の定番です♪

苺がおいしいので、ほんとシンプルでおいしいんですよね~。

それにしても、牛乳は嫌いなのに、苺ミルクにすると平気なのって、なぜでしょう・・・(^-^;。

とにかく食事の後は、”別バラ”ということで、デザート大好きです。

そして、あっという間に作れちゃうものばかり。食後にお茶をいれながら・・・、でできるものばかりですね・・・。

週末は食後に夫がちょこっと娘とじゃれている間に、いろいろできるので嬉しいです。

『杏仁豆腐』も仕込んでおきました!

こちらは明日のデザート用です♪(出来上がりはまた明日ご報告しますネ)

もうじき、連休。もううきうきです。

たまりにたまった自分の課題(宿題)?を片付けようと今から画策中です(^-^)。

そのうちがんばって、”マイホームページ”も立ち上げたいな~、と。目標は12月までです!(ブログで言って、自分にプレッシャーをかけなくっちゃ・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

春巻き3種類で満足ごはん

Img_0855_1  今日は『はるまき(春巻き)』です(^-^)。

私の春巻きは、具を”ぎちっ”とつめて、中身のとろみも少なめ。もう、具の歯ごたえが勝負って感じです。

実は、娘(2歳)にとっては、春巻きは今日が初めてで、いってみれば『春巻きデビュー』です。

結果は、あえなく敗退・・・(; ;)。

「マーマー、かわ(皮)ちゅいてるよ~。」

と言って丁寧にむき始めてしまいました。

(サツマイモでも、なんでも自分で丁寧に皮むいちゃうものね・・・)

そして、パリパリした皮であたりは散乱し、もうそりゃー無残でした・・・。

Img_0843

今日はちょこっとひと工夫して、大好きなウィンナーを巻き込んだ、「プチウィンナー春巻き」、「プチカレー春巻き」も作ったのに~~~~。

(チーズ好きの夫のためには、おつまみの「チーズ春巻き」作りました。)

ちょっとがっかり。

Img_0849

娘のレパートリー(好んで食べるもの)なかなか広がらないです(; ;)。

なんで『コロッケ』は良くって、春巻きはダメなのかしら・・・?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気を取り直して夫(いつも12時帰宅)の帰りを待つことに(*^-^*)。

なんでも『おいし~』って食べてくれるので、作る側としては嬉しいです。

そうこうしているうちに、夫「今日は飲んでくるから、ごめんね~~」のメールが来ました(; ;)。

お料理って、食べてくれる人がいてこそですね~。

もちろん明日の朝ごはんは『春巻きです』!!

朝から、つらいかも・・・。ですね。やっぱお昼かな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

野菜野菜野菜ごはん!

Img_0816 今日は朝から病院通いでした・・・。

娘のセキがひどくて夜は二人で一睡もできず・・・、で早速心配なので病院に(; ;)。

ついでに定期通院している科にも寄って・・・、とあっちにこっちにうろうろしていたら、

なんと一日で「耳鼻科」「小児科」「眼科」「皮膚科」と4つもはしごしてしまいました!!

病院に行くのは、気力(なれない車の運転)、体力(娘だっこしっぱなし)、時間(2時間待ちはあたりまえ)を消耗するので、帰ってくると、

『は~~~~、つかれた』

となってしまいます。

本当は夕ご飯も、「近くのお惣菜屋さんでたまには買っちゃおっかな・・・」という天使のささやきが聞こえてきそうですが、我が家は今は家で作らねばならない”事情”があるんです~~!

それは、

野菜が山盛りにあるから(^-^;。

た~っぷり野菜を買った後(宅配で1週間分届きました)に、ありがたいことにた~っぷり野菜をいただいたのです。

冷蔵庫はきちきち。

野菜は、「早くしないとしなびるよ~♪」と冷蔵庫の中でひそかな圧力をかけてきます。

はい。なので、今日は(今日も)『野菜メイン料理!』です(^-^)。

Img_0825 Img_0818

野菜をお気に入りの”ル・クルーゼ”のオーバル鍋で蒸し焼きにしてオリーブオイルと塩をまわしかけた、『野菜の蒸し煮』。

そして”せり”を使った『ササミとせりの和え物』、ご飯はサツマイモを炊き込んだ、『おさつご飯』、お味噌汁は、一束”ワケギ”を入れてしまった、『ワケギとわかめのお味噌汁』、デザートは『いちご&パイナップル』です。

野菜いっぱいのご飯を食べると気持ちが元気になります(^-^)。

Img_0805だけど、今年は娘ともども体力作りが課題です~~~!!

目標、「娘のお休み率(病院通い)2割減!」。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

ガトーショコラでティータイム♪

Img_0799 『ガトーショコラ』というと”バレンタイン”を想像しちゃいますが、普段食べてもおいしーですよね♪

チョコレート、ココアが余っていたので、久しぶりにつくりました(^0^)。

チョコレートのお菓子はていねいにていねいに作ります。

そして、この『ガトーショコラ』どんなに食べたくっても、おなかが空いても、焼いてすぐに食べたらおいしさ半減なんです~~~。

じっとがまん。

一晩たってチョコがしっとり落ち着いた頃に、生クリームを添えていただきます。

私のお菓子作りは、夜、娘が寝静まってから~夜中に行うことが多いので、ちょうど翌日のお昼にいい感じです♪(昼間は仕事やら、子供の「ママ、マママママ~~~!!」攻撃で、お菓子作りどころじゃないもので・・・(^-^;。)

今日は午前中に韓国テレビの取材をちょろっと受けて、あとは久しぶりにまったりモードなので、早速休憩休憩。

たまにはの~~んびりティータイムを優雅に、ということで、自分のためにとっておきのカップと紅茶を入れることにしました。

Img_0804 私のとっておきカップは、有田焼の柿右衛門のティーカップ。

これ、実物で見ると色合いといい、ソーサーとカップの模様がつながっている繊細さなんか、なんともいえないんです。

一客のお値段がかなりいいもので、残念ながら私は一客しか持っていません・・・。なので、こういう自分で楽しむ”秘蔵”にしているって訳です。

後は先日手に入れた、ダージリンのファーストフラッシュを入れて~。

うふふ♪

思わずうれしいひと時です。

そうそう、チョコレートケーキは、やっぱりチョコとココアのおいしさが決めて!

仕上げはもちろん中沢の生クリーム(お気に入り)です♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

お料理派?それともお掃除派?

Img_0791 家事って、やりだすときりがないですよね・・・。

お料理と、お掃除系、人それぞれでついつい重きをおくほうってあるんじゃないかな~、と思います。

もちろん私は”お料理”で、気持ち良く暮らしたいから掃除もがんばる・・・。といった感じです(^-^;。

なので、お掃除って、日頃はついつい目指すきれい度の70%止まり。

でも、今日は違います!!

今日の私は、”お掃除”⇒”お料理”です!

        

なぜかというと・・・。

明日、急にお客様がちょこっと来ることになったのです。

韓国のKBSテレビの某取材(残念ながら、宅配を取っている会員さんとして。です~)にちょろっとだけ出ることになったので、本当にちょこっとだし、映るのは玄関だけなんだろうけど、これ幸いと、なんとな~く片付けよう!と思ったのでした(^-^)。

まずはカーテンを洗って、窓をふいて・・・。、と・・・・・。

はっきり言って、はじめて来た人が気が付き添うもないところばっかり!掃除したくなっちゃうんですよね~。

そして、なんだか本題の”お片づけ”にいたっては、日常どおりとなってしまったのでした(^-^;。

まあ、そんなこんなで結局夕飯を作る時間になってしまいました。

Img_0790_1なので、今日はシンプルに和食♪です。

  • 『脂ののったホッケの干物』
  • 『ホタルイカの酢味噌』
  • 『カブのお味噌汁』
  • 『白いご飯』
  • 『冷奴』

シンプルだけど、お野菜いっぱいでおいしかったです。

なにせ、今日は宅配でとっている野菜が、↓こ~~んなに届いてしまったのですものねぇ。だけど、『島らっきょう』と『野ぶき』が入っている・・・。

Img_0786

う~~ん、とりあえず今日はこのレアもの野菜たち、”保留”にしておきます。

(島らっきょう、何にして食べよう・・・(; ;)。実は生で食べるらっきょう系、苦手なんです・・・。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

ミニ!レンコン入りハンバーグ。

Img_0782 今更・・・の花粉に悩まされ、ここしばらく体調がいまひとつです(; ;)。

「いろいろする気がおきないよ~」とおサボりモードです。

ごはんもついつい手抜き。

(夫、文句のひとつも言わず・・・。ありがとうございます~~!!)

なので、品数をごまかすため?娘のごはんもキティちゃんのお皿によそってにぎやかに見せてみました~(^-^)。

急いで作った『レンコンをすりおろして入れたハンバーグ』は材料もシンプルに、ひき肉、たまねぎ、れんこん、パン粉だけ!

火の通りもよく、食べやすい大きさなので一口サイズにしました。

つなぎ(卵、牛乳)を入れないハンバーグは、焼いているとくずれやすいので、小さくすると焼くのが簡単なんです♪お弁当にもいいですよね?!

あとのメニューは、

  • お味噌汁(レタス、たまねぎ入り)
  • うにご飯(いただいた”うにご飯の素”を使ってみました)
  • 酢の物
  • かぼちゃの煮物(作りおき)

です。

メニューがちぐはぐなのは、ぼ~~っとしてご飯を作っているからかも。。。

出来上がってみてはじめて気がつくんですよね~(^-^;。

食事も作るのも365日×3回+おやつ♪と休みなし。きら~くにきら~くに作っていくと、料理も楽しいものね、と自分に言い訳してます。

あ、でも、そんなときでも『デザート』は作ったりしているんですよね。

”別ばら”、ならぬ”別料理”です。(*^-^*)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

手作り!オレンジピールを作ろう♪

Photo_102                                                                         

国産の低農薬『甘夏』を使って、手作りの『オレンジピール』作りに挑戦です(*^-^*)/。

オレンジピール入りのケーキやら、オランジェットチョコ、クッキー・・・と夢は広がります♪

オレンジピールって、市販品は”脱色”、”着色”などなど薬たっぷり使用が気になって、大好きなのになかなか手が出せません。

そこで、「えい、自分で作っちゃえ!」と、言うわけです。

去年はみかんの皮の苦味が抜けずにちょっと失敗・・・(; ;)。

Img_0736

今年は念入りに重曹であく抜きして、柑橘も『甘夏』に変更して・・・と再チャレンジです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

そして、            

作りましたーーーーー!

                             

結果は・・・、

ちょっと大変でした(^-^;。

(完成までにはまだあと一日、です・・・・。今日は中間報告、かな?)

甘夏の皮をむいて、皮の白いわたの部分をそいで、実の部分の薄皮と種を取って・・・・。これ、一人でやっているとちょっと寂しいです。

時間がかかるし、ミカンエキスで手がしみしみしてくるし・・・。

でも、こういうのって”下ごしらえが命”、と思っているので、ここはがんばって手抜きはなし!です(^-^)。

ではでは、↓作り方ダイジェスト版です!(まだまだ完成前なのでお許しを~)

【オレンジピール・レシピ】

(材料)

  • 甘夏        約3個(大きいものです) *宅配の”らでぃっしゅぼーや”で購入
  • グラニュー糖      250g
  • 重曹           小さじ1
  • グラニュー糖      まぶす用

(作り方)

① 甘夏を6~8等分の放射状に皮をむき、皮の部分は白い綿を果物ナイフなどでそぎ取り、水にさらしておく。

Img_0738

② 実の部分は、種と皮を丁寧に取り除き、厚手の鍋に入れてグラニュー糖250gをまぶしておく。(こうすると実の部分から水分が出てきます!)

③ ①の皮をたっぷりのお湯に重曹を加えて約10分ほどゆで、水にさらしておく。Photo_103

④ ②に水約100ccと③の甘夏の皮を加えて、あくを取りながら約30分ほど弱火で煮て、粗熱がとれたら、鍋のまま冷蔵庫に入れて一晩おく。

(こうすると、中まで味がしみこみます!)

⑤ ④から、丁寧に皮だけ取り出し、網などに載せて一晩干す。(皮を取り出したオレンジソースは、ちょっと苦味はありますが、オレンジゼリーにしたり、シロップとして使ってもおいしーです♪)

⑥ ⑤の表面が乾いてきたら、グラニュー糖を皮にまんべんなくまぶして半日~一晩干します。これをもう一度繰り返します。(梅干のようですね・・・

Photo_104 Photo_105 Photo_106

⑦ 水分が飛んだところで、グラニュー糖をまぶしながらきれいな保存容器に入れて出来上がり!

★ここまで時間をかけるので、愛情た~~~っぷりオレンジピールの出来上がりです(*^-^*)。市販のものよりは、どうしても苦味がありますが、それも”大人の味わい”です!

時間はかかりますが、家事の片手間にちょこちょこしていくだけなので、気軽に作れるかな・・・?と思っています。

できあがりのお味は、また後日ご報告します(^-^)。

は~~、満足。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

家庭でパスタランチ!

Photo_98 「お米をきらした」なーんて言うと、昔の主婦だったら失格なんだろうな・・・・、と思いながらも、今日の我が家はお米がありません(^-^;。

明日、おじさんの作ったおいしいお米を夫のご実家からいただく予定なので、ぐぐっと購入をがまんです!

幸い家族みんなパスタ好き♪

古典的ですが、みんな大好き、野菜もたっぷり『ミートソース』にしました。

牛肉がなかったので、豚肉オンリーミートソース。

あるものだけで作っても、結構おいしいものです(^0^)。

あとは、デザートに『100%グレープフルーツゼリー』を添えました。

Photo_100 家庭ならではの、100%ゼリーです。

ルビーグレープフルーツと、普通の黄色いグレープフルーツジュースを1個づつ使って色をカラフルにして、あとは簡単にお弁当箱でかためます。

果汁比率が高いと、食感が”ねっとり”した感じになりますが、それはそれで果物を食べているようでおいしいな、と思ってます。

Photo_101 果肉もたっぷり入れたので、切り口はすっきり切れませんでしたが、おうち用なので、まあ・・・いいか!とちょっといい加減です(^-^;。

休日は、簡単でもデザート付だと楽しいなぁ、と思うのですが、最近ちょっと太り気味。。。

でも、ゼリーは(比較的)低カロリーですよね・・・?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

手作り苺ソースで朝ごはん

Photo_96 いちごの季節ももうじきおしまい。

この時期になると、クリスマスの頃の値段がウソのように安く、立派なイチゴが1パック290円!で手に入るようになります。

買った安いイチゴがちょっとはずれで酸っぱかったので、即席『イチゴソース』にしちゃいました(^-^)。

マーマレードジャムなど皮がある柑橘系のジャムは、皮と実と両方下ごしらえが必要なので、ちょっと面倒なのですが、ベリー系はらくらくです♪

だって、”皮”がないんだもの~~。

洗って、へたを取って、あとは小さな鍋に入れてフォークでざっとつぶし、グラニュー糖を入れて煮るだけです。

Photo_97

コツは丁寧にあくをとって、ルビー色に仕上げることぐらいでしょうか?

少量作って、食べきりにしたので、保存瓶の煮沸もなく、本当にご飯をつくる横であっという間に出来てしまうのが嬉しいです(^-^)。

長期保存用ではないので、砂糖も控えめ。

さっぱり味です。

翌朝のヨーグルト&パンのジャムですっかり食べ終わってしまいました(^0^)。

さあ、今日はこれから”ちょい面倒”な柑橘保存食作り『オレンジピール』作りの予定です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサリに竹の子、旬が嬉しい♪

Photo_94 夫が会社から”アサリ”をいただいて帰ってきました(^-^)。

大きくって元気なアサリ。

おいしそ~~~♪

早速『アサリのワイン蒸し』にすることに。

パスタ、お味噌汁・・・とアサリは何にしても大好きですが、とりあえずはシンプルにいただくことにしました。

オリーブオイルで蒸し焼きにし、白ワインを入れて塩、こしょう。

そして、姉のフランス土産のハーブミックスをぱらぱらふって、はい出来上がり!

素材のおかげでちょっとしたレストラン風です(*^0^*)/~

4 そしてこちらは『たけのこご飯』です。

あれほど、「下ごしらえが・・・ちょっと大変かも・・・」とぶつぶつ言っていたにも関わらず、いざ調理すると旬の味わいにわくわくしてしまいます(^-^)。

真ん中の部分をご飯に、先の柔らかい部分はそのままおひたし風?に、根元は細く切ってお味噌汁にしちゃいました。

本当は”木の芽”を使いたかったのですが、近くのスーパーに行って見ると、扱いなし(; ;)。Pg_1

おしゃれなスーパーでないのはともかく、竹の子の季節だけでもいいから扱って欲しいよ~~、と心の中でちょっと残念・・・。

一年に一度の竹の子づくしでした。

(アレルギーには”たけのこ”ってあまり良くない説があるんですよね~。本当かどうかはよくわかりませんが、危うきに近寄らず?!です~。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

卵、乳製品を使わないお菓子。和風カップケーキ

Img_0709 我が家の娘は食物アレルギーっ子ちゃんです。

卵、乳製品は”もちろん”×。

そしてその他もろもろのアレルゲンがあるので、市販のものを買うときは、目を皿のようにして原材料を全てチェックする習慣がついてしまいました(^-^;。

スーパーでは、食品を手に取ると無意識にひっくりかえしちゃう!

なので、必然的に手作りが多くなります。

写真は本日娘の保育園のおやつに持っていかせるために作った『栗と小豆の和風カップケーキ』です♪

卵と乳製品を使っていないので、普通のカップケーキのように”ふんわ~り”とは行きませんが、ずっしりとした素朴な味わいで、アレルギーの子でなくてもおいしく食べられると思います(^-^)。

作るのも簡単で、ひとつのボウルで本当に混ぜるの5分!でできちゃうんですよ~。

紅茶や日本茶と一緒に、ママのおやつにもヘルシーです。私は娘のお味見でかならずお相伴してます(^-^)。

自然派おやつには、ベーキングパウダーではなく、よく重曹が使われていますが、私はふくらみ重視で、こういったおやつにはベーキングパウダーを使っています。

確かに少しでも添加物少なく・・・・とは思うのですが、おやつの”幸せ感”を少しでも味わってもらいたいので、こういうときは、添加物も文明の利器で”あり”だと思うんです。

だって、今は普通のスーパーで”乳製品ぬきホイップ”(大豆由来)が手に入るんですよ~。もちろんこれは添加物の力なしには無理。

毎日食べるわけではないので、おやつには『おいしさ』重視のいい加減ママです。

でも、家で作ったおやつは、少なくとも市販のお菓子よりず~っと安心ですよね(^-^)。

さてさて、娘、今日のおやつは食べて帰ってきてくれるかしら・・・・?

(新作おやつにはちょっと及び腰の2歳の娘です・・・。)

〔レシピ・卵、乳製品ぬきの和風カップケーキ〕

(材料/マフィン型2個分)

  • 小麦粉             100g
  • 黒砂糖             大さじ2
  • 豆乳              70cc
  • ベーキングパウダー    小さじ1/2
  • 菜種油            大さじ2
  • あんこ(粒)          小さじ2
  • 栗の甘露煮          2粒

(作り方)

  1. ボウルに小麦粉、黒砂糖、ベーキングパウダーを入れ、あわ立て器でぐるぐる混ぜる。
  2. 豆乳、菜種油を合わせておき、1に少しずつ加えながらぐるぐると良く混ぜる。(豆乳の量で生地の硬さをホットケーキの生地程度に調整する。)
  3. カップに2の生地を下1/3程度入れ、そこにあんこを入れて、上からさらに生地をかぶせ、仕上げに栗の甘露煮を載せる。同様に2個作る。
  4. 180度に余熱したオーブンで約30分焼く。竹串に生地がついてこなければ焼き上がり!

↓こちら、アレルギー対応のお菓子を作っているお菓子やさんのサイトを発見しました(^-^)。かわいいデザインです♪

http://blogs.yahoo.co.jp/cadeau_mogumogu/folder/85920.html#30787101

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

今でもバイブル♪おもひでのお菓子本。

Img_0707 この本、ご欄になったことある方、いますでしょうか~?

小学校3年生の時、私がはじめて手にしたお菓子の本「小学館ミニレディー百科シリーズ」今田美奈子先生の本です。

今ではもうボロボロ・・・。

何度みなおして、何回この本を見ながらお菓子を作ったことかわかりません。

そして、田舎に住んでいた子供の私にとって、ここに書かれているお菓子の食材やら、海外のお菓子にまつわるエピソードはあこがれそのものだったのです(*^-^*)。

そうやって育ったら、こんな風に一日中料理のことばっかり考える大人に育ってしまったというわけです(^-^;。

今でも今田美奈子先生は憧れの先生の一人です。

当時は「お菓子研究家」などという肩書きも知らず、ただただすごいな~、すごいな~と思っていたのですが、大人になってみると、「やっぱりすごい人だったんだ~。」とため息です。

何よりこの本のすごいところは、「本格的なのに、小学生でも作れちゃう!」

これ、本当に難しいと思います。

私も娘(2歳)と一緒に、お菓子を作る日が楽しみです。(今は粉をぐるぐる混ぜる程度ですが・・・)

そして、新しいきれいな本を何冊も手にした今でも、引越しにも負けず、夫の「おお~~、このレトロな本は・・・」の声にも負けず、私の本棚を飾るのでした(^-^)。

これから、明日娘が保育園に持っていくおやつ(アレルギーっ子なので、どうしても駄目な日は手作りおやつ持参なのです~)を作らなくっちゃな~、と思いをめぐらせていたら、思わずこの本をぱらぱらしちゃったので、今日はちょっと、”思い出”に浸りつつ。。。です。

ちなみに今日の夕ご飯は、夫の大好きな「鰹のたたき」がメインで、あとは野菜炒めやら小鉢、お味噌汁でシンプルに。手がかからないものが好きな夫で、嬉しいやら悲しいやらです(^-^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

たけのこ、届いちゃった~~!!

Photo_93 季節の変わり目だからでしょうか・・・。

今日は風邪をひいて熱っぽいしだるいし、鼻は出るし、喉は痛いし・・・(; ;)。

もうひたすら寝ていたい感じでした。

もちろんご飯炊くのさえやっと。今日は手抜き手抜き、と決めていたのです。

ところが、

これ、見てください!立派な『竹の子』!!

我が家は”らでぃっしゅぼーや”という宅配を取っているのですが、そこのお任せ野菜セットの「ぱれっと」なるものに、今日に限って入って来ちゃったんです~~!!

竹の子って、『すぐゆでる』が命

そしてちょっとでもおいてしまうとえぐくって固くっておいしくないですよね。

しかも茹でるのに時間が1時間~2時間半もかかるし、その後水にさらして、茹でた残りのぬか付き大鍋をきれいに洗って・・・。と考えたら、風邪ひきには気が遠くなるしろものです。(これで下ごしらえ。ここから料理がスタートですから)

季節のおいしいものをいただくのも、体力勝負ね・・・としみじみ。

ひとまず今日は水にさらすところまでがんばって、明日にでも竹の子ご飯にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育園ごはんレシピ?!結構おいしい♪

Photo_92 今日は美容院にほんとう~~に久しぶりに行ってきました。

髪の毛ちょきちょき(^-^)。何だか気分もすっきりで嬉しい感じです。

そして、「あっ」と気がついたら夕方に~~!!

もう、6時にはお腹がすいて怪獣と化した娘が、勝手に食卓に座って催促を始めるので、大慌てでご飯の用意です!!

時間は短くても、とにかく少しでも野菜を食べさせて・・・。ということで、保育園の給食メニューの『にんじんライス』というにんじんの擦りおろしを混ぜて炊いたご飯を参考にさせてもらいました(*^0^*)。

保育園のメニューって子供のために良く考えて下さっていますよね。

本当に感謝感謝です。

ちなみにこの『にんじんご飯』かなりおいしいです。

にんじんをすりおろして、ツナや鶏のひき肉と一緒に炊き込んだだけなのですが、シンプルで甘みもちょっとあって大人にもおすすめです♪

もちろん娘は「おかわり~♪もっとちょうだい!」

これから『野菜擦りおろし炊き込みご飯』いろいろ試してみようと画策中です(^-^)。娘、まっていてね~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

超ヘルシーカレー。これってインド風?

Photo_91 我が家のカレーは超ヘルシーカレーです(^-^;。

どんな感じにヘルシーかというと、ほとんどオイルも使わず、野菜たっぷりで薄味・・。これ、2歳の子供の一緒に食べられるように作っているので、必然的にそうなってしまうのですよ~。

はっきり言って、普通の人が食べたら『物足りないよ~』って叫んじゃうようなカレーです。

きっと『おいしい』『うまい』というのとは違うと思います。

ただ、このカレーのやさしい味。スープの一種のような味わいで、結構気に入ってます。ちょっと変わった夫は、「昔インドにしばらく旅行した頃食べたのは、こういう”味のないカレー”だったよ~」と言いながらおかわりしてます(^-^;。

具は玉ねぎ、にんじん、葉もの野菜を全てみじん切りにし、もものペースト(昨年つくっておいたもの)を少々、黒蜜、豚挽き肉、じゃがいもを入れて作ります。

カレー粉も、SBのカレー粉をオリーブオイルと小麦粉と一緒に自分でいためて、ルーを作りました。オイルも少しですみますものね!

辛いと食べられない娘と自分のために、ももペーストと黒蜜でかなり甘口に。お味はチキンブイヨン、トマトジュース、ソースでさっぱりと。

こういう『一般的にはおいしくないもの(体においしい!)』を食べられるのって、家庭料理ならではだと思ってます(^0^)。

あ、でも自分では”おいしー”んですよ。

夫も喜んで?!食べてます。

アトピーっ子ちゃんでも、家庭で作ったルーなら安心!小麦粉は入れなくてもOKですよ~♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お土産クッキー

Photo_90 先日、久しぶりにお会いする友人宅へ娘と一緒におじゃましました、。

本当だったら、デパートで売っていたり、こだわりのお店で選んだ素敵なお菓子をお土産にしたい。。。といったところですが、子供連れの悲しさで、”出かけるのも一仕事!”でなかなか買い物にいけず・・・。

そして、当日は娘を連れてのバス、電車・・・と考えると、荷物は最小限よね・・・。となってしまうのです。

そこで、お土産はとってもささやかですが、小さな『ココナッツクッキー』を手作りでつくることにしました(^-^)。

生ものケーキは、娘を持ち上げながらの輸送にきっと耐え切れず崩れることを想定して、焼き菓子に。(クリームぐちゃぐちゃのケーキになってしまったときの悲しいこと悲しいこと・・)

材料がシンプルなので作りやすく、当日の朝にささっと出来てしまうところが良いですよね!しかも、クッキーは焼きたてがおいしいと勝手に思っているので、できるだけ直前に作ったものをもって行くようにしてます。

後はちょっとかわいい箱に、レースペーパーなどをひいて入れるだけ♪

だけどこのクッキー、クッキーの割には割れやすく、娘とともに必死で移動していたら、ついたときにはかなり割れていました・・・(; ;)。

こんな超ささやか土産でも、にこにこと食べてくださる方がいるから、本当に幸せだなあとしみじみ思うのでした。

ちなみに娘はこの日は大喜び。なぜって先方にかっこいいおにいちゃんと可愛い女の子の赤ちゃんがいたので、すっかりご機嫌さんでした(^-^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

スコーン。簡単でおいしいが命♪

Photo_88

”なぎさ”さんのブログ~野の花のように~のアフターヌーンティーの記事を拝見していたら、http://hanamizuki-sy.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_b319.html#comments

急に『スコーン』が食べたくなってしまい、早速焼くことに(*^-^*)。

粉とバターと牛乳・・・いつも家に常備してあるものばかりで出来ちゃうこと、そしてあっという間に出来るところがスコーンの魅力だと思っています。

材料を取り出して、~~~「はい!焼き上がり」(^-^)。

Photo_89

スコーンにはほどんど甘みをつけないので、自家製いちごソースと生クリームをたっぷり添えていただきました。

本当は『クロテッドクリーム』を添えるのが正式だとは思いますが、今我が家にあるのは生クリームだけ!自分で食べる用なので、あるもので間に合わせます(^0^)。

紅茶をたっぷりと丁寧に入れて、スコーンを手で半分に割って、いちごソースをたっぷりつけて”ぱくり”。

幸せ~♪の昼下がりです。

そういえば、子供の頃の憧れの”お菓子道具”の一つに「スコーンの型抜き」がありました。今のようにネットショッピングなどなく、田舎育ちの子供にとっては、手に入らない憧れだったのです(*^-^*)。

当時は瓶の蓋なんかで代用していたのですが、今は「スコーンの型抜き」も手に入れ、嬉しいような寂しいような複雑な気分だな~。なんて思ったりもします。子供の頃の”あこがれ”が今の料理への思いの原動力だなあと感じるこの頃。

年取ったのでしょうか・・・・。

ちなみに、写真はふつうの牛乳とバターで作ったスコーンですが、娘用にはオリーブオイルと豆乳を使って「卵、乳製品抜きスコーン」を作りました(^-^)。

香りはバターに落ちるけど、素朴なビスケット風なところはスコーンそのもの。

こちらも普通の人が食べてもおいしい出来ばえでした!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

マグロで「酢豚(まぐろ)風」、DHAたっぷり!

今日は慣れない車の運転をしたら、気が付かずに違反をしてしまい、初めてキップを切られてしまいました・・・(; ;)。

気分も体もへとへとなので、簡単で元気のでるお料理を!ということで、冷凍庫にあった、マグロと残り野菜を使って中華風です(^-^)。

Photo_87 マグロはマグロでも「お刺身」の部位を使ってのお料理ではありません。お刺身で食べられるものだと、もったいなくって!

マグロの「尾の身」という加熱用部位を使って、『酢豚風マグロ』にしてみました。

酢豚は”豚肉を揚げる”という手順が面倒なのですが、私はカロリー面からも、簡単さからも、フライパンで炒める酢豚にしてしまっています。

いつもより少~し大目の油(といっても大さじ1ですが)で下味と片栗粉をまぶして炒めれば、家庭でのお味には充分!

さて、マグロ酢豚のお味ですが、これは結構いけます♪

鯖などのように臭みも少なく、加熱してもやわらかいので酢豚味にぴったりでした。

だけど、子供の頃作ってもらっていた母の酢豚は「酢鶏」だったような・・・。なぜか鶏肉だったのですが、ず~っとそれが酢豚だと信じていました・・・。鶏もおいしいョ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

サツマイモ、食べおさめ?

Photo_85 だ~~い好きな”さつまいも♪”

そろそろシーズンも終わりです・・・。

今の時期になると貯蔵も難しくなり、黒くなってしまったものがあったり、八百屋さんでも値段が上がったりと、「食べ収め」を予感させたりします。

焼いたり、ごはんに入れたり、お菓子にしたりはもちろんおいしーい!ですが、私は、じゃがいもの代わりに煮物にする食べ方が結構気に入っています(^-^)。

さつまいもはちょっと・・・・・。という方でも、おかずとして食べるとまた印象が違うのでは?

作り方は簡単。

⇒さつまいもを適当な大きさに乱切りにし、水にさらす。

⇒玉ねぎ、鶏肉と一緒にさつまいもを炒め、水を加えて煮る。

⇒はちみつ、しょうゆ、生姜、酒で味をつけて、はい出来上がり。

ようは「肉じゃが」と一緒ですね(*^0^*)。

でも、さつまいも「食べ収め」だとか言っておいて、もう一回、二回食べそう・・・・。さつまいもラブ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

黒豆入りスープでほくほくおいし~♪

Img_0578 お味噌汁かスープ。

どちらか必ず食事には作っている気がします。

内容は似たりよったりなんですけどね・・・(^-^;。

今日は「黒豆の水煮」を作っておいたので、その半分くらいを使って、洋風スープに入れてみました。

具はにんじん、長ネギ、お豆腐、ベーコン、ササミ、黒豆の水煮、チンゲンサイ。

味付けはシンプルにチキンブイヨンと塩だけです。

中身も味付けも普段と一緒なのに、「黒豆」効果か味が”ほっこら”している感じでおいしーーー(^0^)。

乾物の黒豆が冷蔵庫にあったので、味もつけずにことことと煮ておいただけなのですが、これが結構重宝なんですよね~。

スープ、サラダ。。。と大活躍。

残りの分はペーストにして黒豆ポタージュにしてみようかな、っと思ってます(*^-^*)。

お豆って、”増える”ところが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚肉のしゃぶしゃぶ用を使って使いまわしお料理

Img_0572

豚肉って、お肉の消費の中でも量では一位。

やっぱりどんなお料理にも使いやすいですよね(^-^)。

特に我が家のように、小さな子供がいると「しゃぶしゃぶ用のお肉」はひらひら~っと薄くって食べやすく、これまた重宝してます。

写真はたれをかける前ですが、冷しゃぶ風にして、枝豆ご飯に添えてみました。

そして、残った「しゃぶしゃぶ」を小鉢の一品に。

Img_0576 「切り干しだいこんと豚肉の和え物」です。

しゃぶしゃぶのお肉を細く切って、水で戻した切り干し大根と一緒にマヨネーズで合えるだけ!

あっという間にできて、しかも切り干し大根との組み合わせが新鮮(^-^)。

コツは切り干し大根を戻しすぎないこと。

水で5分~7分くらいがベストのようです。

あ、切り干し大根は適当な大きさに切ってくださいね~。

そうじゃないと、びよ~んとパスタのようになってしまって悲しい感じになってしまいます・・・。子供のとき、「わかめを切る」ということを知らずに、そのままお味噌汁に入れてしまったことを思い出します・・・(^-^;。あれは寂しかったデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

冷蔵庫も春の大掃除中

Img_0562 我が家の冷蔵庫は家庭用にしてはかなりのビックサイズ。

そして、た~っぷり収納できる分、ついつい「買い置き在庫」などなどたまってしまいがちです・・・。

は~、と反省しつつ、そろそろ大掃除兼ねて食材使いまわし中です(^-^)。

これは、すっぱくって手がなかなかでない「柑橘」と、「かりんの蜂蜜漬け」シロップを寒天で固めたゼリーで作ったデザートです。

かりんの蜂蜜漬けってのどにいいんですよ~。花粉でイガイガしているときにもいいかも?

柑橘はすっぱいので、蜂蜜シロップを沸騰させて漬け込んでおくと驚きのおいしさに!

これ、みかんの缶詰よりず~~っとおいしいです♪

あとは、かりんの蜂蜜シロップを寒天で固めてさいの目にきったものと合わせるだけ。

ご飯を作りながら手軽にデザートの準備もできちゃいました~(^0^)。

ああ、これで冷蔵庫もまたひとつすっきり・・・。うれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

休日のブランチに。一口パイ+おにぎり♪

Photo_83 ”冷凍パイシート”を使って、『ひとくちパイ』を作りました。

お昼のちょこっと用なので、手をかけずにひたすら簡単に(^-^)。

型もちゃんと抜かず、包丁で切っただけで、中には練り餡をスプーン1杯のせるだけ。

上には溶き卵も塗っていないので、”てり”はいまいちですが、味は充分。

パイのサクサク感は焼きたてが何より一番なので、あら熱が取れたら「はい、いただきまーす」(*^0^*)。

おくちが甘くなってしまうので、あとは定番「おにぎり」を添えました。

Photo_84

休日はこんな風にいいj加減な組み合わせで、好きな時間に食べられるのが、幸せ・・・。ですね~。

夫はダイエット中ですが、「焼き立てパイ」の誘惑に、ついつい一つ、二つ、・・・と手が伸びてしまったようです(^-^;。ダイエットの敵はわたしかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグロの竜田揚げで”さくっ”とおいしい!

Img_0561 マグロって、生で食べるシーンが多いですよね。

でも、先日「マグロ専門店」で食事をしたら、でるわでるわのマグロ料理!

ちょこっとまねをして、マグロの尾の身”の部分を使って竜田揚げにしてみました。

尾の身の部分はコラーゲンが豊富(^-^)。女性の強い見方ですよね!

作り方は簡単。マグロを削ぎ切りにして、から揚げ同様しょうゆ、お酒、生姜の調味液に10分ほど漬け込み、片栗粉をまぶして揚げるだけ♪

さくっとおいしいのは家庭ならでは~。と自己満足でした(*^-^*)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

卵、牛乳を使わないお菓子♪「かぼちゃプリン」

Img_0545 食物アレルギーっ子ちゃんの娘のために、卵、牛乳(乳製品)を使わないデザートを作りました(^-^)。

娘はかぼちゃが好きなので、「かぼちゃプリン」~♪

豆乳と、かぼちゃ、メープルシロップ、てんさい糖(グラニュー糖に近いもの)、シナモン、小麦粉を使ってます。

甘みをしっかりつけて、メープルシロップを上からかけるので、豆乳が苦手な人でもにおいが気になりません。

油分も使わないのでヘルシー!!

アレルギーでない人が食べても美味しいです(*^-^*)。

アレルギー対応のお料理というと、特別な食材で、しかも味はいまいち・・・。いまに・・・。とかなりつらいものがある場合が多いのですが、我が家は今はそれほど厳密に食材を選ばなくても大丈夫になりつつあるので、できる限り「家族で食べてもおいしいもの」を基準に工夫してます。

(でも、一番ひどいときは、「甘み」さえ使えなかったんですよ~)

軽いものも含めると、今は、卵、牛乳のアレルギーがあるお子さん、けっこういるみたいです。

けっこう工夫次第で乗り切れるものなので、アレルギーっ子ちゃんのママ、お互いがんばりましょうね~(^-^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイブーム!中華ちまき

Img_0501 お料理とかお菓子って、一度作ると何度も何度も繰り返し作ってしまいます(^-^;。

これは最近お気に入りの「中華ちまき」。お弁当箱に入れて、サラダとフルーツでも添えれば簡単なランチにもOK~!

今回は「もち米好き」の姉宅へのお土産につくりました(*^-^*)。

作り方は”らでぃっしゅぼーや”の手作り教室のレシピがわかりやすいのでおすすめです♪↓

http://www.radishbo-ya.co.jp/handmade/chimaki.html

ちなみに2歳の娘にも好評!

もち米は「ぎゅっ」っとしているので、食べ散らかしも少ないところが忙しいママにとってはありがたいです(^-^)。

ほろりとにぎったおにぎりを食べた後は、ご飯粒だらけの2歳児ですから・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

鶏の手羽元でグリル!

Img_0494 なが~い実家休養?も終了。ようやく東京に戻ってきました。

娘は数日ですっかり自然児に!なんだか顔色が良くなったような気がするのは気のせいでしょうか(^-^)。

これは頂きものの飛騨地鶏の手羽元を分けていただいたので、白ワイン、レモン、ハーブ、オリーブオイルでマリネしておいたものを、オーブンでグリルにしました。

”飛騨地鶏”めちゃくちゃおいしいです~~~!!

肉の歯ごたえがあり、うまみが「ぎゅっっ~~」といった感じ(*^-^*)。

あまりにもおいしいので、塩焼きでも充分なのですが、今回は試作もこめてグリルに。レモンと美味しい塩さえあれば充分~。という美味しさでした。

作り方は簡単。

ビニール袋に、塩、こしょうした手羽元を入れ、後は適当にオリーブオイル、白ワイン、ハーブ、レモンの絞り汁を入れて、上からもみもみ。

冷蔵庫に入れておいて、あとは食べる前に耐熱容器にお好みの野菜をひいた上に載せてやくだけ(^-^)。

ビニールに入れてマリネしておくので、汚れ物が少ないところが気に入ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

手作り味噌つくり

Img_0548 実家の両親とともに一年分の味噌仕込をしました。

昨年は3升分の大豆で仕込んだのですが、今年は実家、私の家、姉夫婦の家・・・と3件分に増やしたため、量も3倍に。

10キロの大豆、15キロの麹、とそりゃー半端でない量!!

大豆と麹はよそで買ったのですが、届いたときにその量にびっくり(^-^;。

ほんと冷や汗ものでした・・・。

普通の家庭で一度に作るのには、やっぱり”適量”ってあるよね~と身をもって体験。3升の時はらくらくだったのに、今回は朝からはじめて一日中かかってしまい、もうぐったりでした。

Img_0549ケーキでも何でも、量を倍などに増やすと、混ぜるのが均一に行かなかったり、うまくいかないことってありますよね。あれと同じです。

量が多いと混ぜるのが大変。た~くさんの大豆をちいさな家庭用圧力鍋で煮るのも大変。大豆をつぶすのは、我が家は「豆専用のつぶし機」を父のこだわりで購入したにもかかわらず、これも大変・・・(^-^)。

ただ一人、娘(2歳)だけは大喜びでした。

楽しい楽しい、砂遊びの延長だったのかな~?

意図せず「食育」になっちゃいました。

でも、大変だった~とはいいながらもとっても楽しかったです(*^-^*)。

手作りの充実感?でしょうか、冬に開けて食べてみるのが楽しみです。

(本当はもっと寝かせるのでしょうけれど、我が家は麹の配合を多くしているせいか、去年は秋口ころには食べられました)。

Img_0559

思ったよりずーっと簡単。味噌作り。

レシピは「らでぃっしゅぼーや」のホームページの”手作り味噌の作り方”がわかりやすいので、こちらがおすすめです(^-^)。↓

http://www.radishbo-ya.co.jp/handmade/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の味覚♪ほたるいか、たけのこ・・・

Img_0540 東京での生活に比べると、実家にいると、気持ちも時間もゆったりと流れます。

スーパーに行っても、母とともにじっくりと季節の食材を眺めながら選んで、あーだこーだと話しながら夕食の献立を決めたりしています(*^-^*)。

ごはん作りも母と二人三脚?!でちょっと楽をしてます。

これは母作、「ほたるいかの酢味噌和え」です。

ほたるいかの目を取るのが、子供ながらにこわかったことから、自分ではなかなか作らないのですが、久しぶりに食べるとこれがおいしい!

”ふき”や”うど”もそうですが、大人の味覚だったんですね~。

Img_0523  そのほかにも、地元のスーパーには旬の味覚がいっぱいでした。たけのこ、行者にんにく、うど、山菜、花わさび・・・・。

昔ながらのシンプルな料理法でいただきましたが、こういった食材は一年に一度の楽しみなので、なんだか食卓がそれだけで楽しい気がしてしまいます(^-^)。 

Img_0524

そうそう、超スローフードがマイブームのわが実家。

昨日は手作り味噌を仕込みました。

今年は味噌作りとっても大変でした・・・(^-^;。

また今度「味噌」ねたご報告しますね!

Img_0522_3

Img_0527

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

田舎に帰省中。野のものでお料理

田舎(長野)に帰省中です。
ここはまだまだ桜もつぼみのまま。
でも、ふきのとうやら、菜の花のつぼみといった、野の味覚がお散歩途中で手に入ったりするんですよ(^-^)。
パソコン環境がいつもと違うため、写真をアップできないのが残念です・・・。

しばらく気分は春休みで、の~んびり、といつもと違ったお料理を実家の母と楽しんでいます。
今日は昨日買って湯がいておいた竹の子のお料理予定♪
そして明日は一年分の味噌仕込みをします。

田舎生活は農作物がい~っぱい採れる時期にあわせて、漬物やら、ジャムやら・・・・と保存食つくりをするので、いそがしいいそがしい(^-^;。
これは父母談です。

でも、おかげで一年中手作りの白桃コンポートや、トマトソースで楽しむことができるんですよね~。
トマトソースは特に絶品。

瓶詰めを並べて、父はご満悦で自慢しております。
食べる楽しみもひとしお。
手作りって、大変だし忙しいこともあるけれど、なんだかいいなって思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

ダイエット春雨スープレシピ

Photo_81 3月は引越しや転勤、新入学の季節だったりと、日常で『ご馳走』やら外食の機会が増えてきます。

夫はダイエット中。

そこで、1食のカロリーを控えめにするために、「春雨ヌードル」を作りました。

ヌードル、といってもスープの延長(^-^;。

具沢山のスープをベースにして、仕上げに乾物のままの春雨をどさっ、っと入れて煮るだけです。

つるつるすべすべした春雨の食感が楽しくって、コンソメベース、しょうゆ味、ちょっとカレー風味、などバリエーションで楽しんでます。

とにかく野菜はたっぷり!これが一番ですネ♪

2

春の日差しになった週末には、簡単に作れる焼き菓子を作って、たっぷりの紅茶でほっと一息(*^-^*)。

有閑マダム、にはほど遠いけれど、気分はのんびり幸せ気分です。

家で作るクッキーは、オートミール、ココナッツ、アーモンドなどをたっぷり入れて、甘さ控えめで作ります。

ケーキのほうは11月頃に漬け込んだ、ドライフルーツの洋酒漬けをたっぷりと入れました。お酒がぐぐっとしみているので、日持ちもするので重宝です。ドライフルーツは贅沢に、オーガニックのレーズン、杏、などなどをオーガニックのブランデーに漬け込んだものです。

こういう材料にこだわるお菓子は、市販ではなかなか食べられないおうち贅沢だな~と小さく自己満足で楽しんでます♪

手作り楽しい~!です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »