« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

麻婆豆腐が食べたい!

Img_1289 本日は、妹が家に来ております(^-^)。

(わたくしは三姉妹の真ん中です!)

妹は大学生で一人暮らしなので、

、「何食べたい~?お外においしいもの食べに行く?それともおうちでいい?」

、「う~ん、最近普通のものちゃんと食べていない気がするから、体によさげなもの食べたい~。」

ということで、おうちで我が家流の普通のものを作ることに決定です。

『麻婆豆腐』は、こちらは夫のリクエストでお豆腐を大量に買ってしまっていたので、久しぶりにから~いものを作りました。

(ところが夫は急遽飲んで帰ってくるとお電話が・・・。残念~(; ;)。)

そして、後は野菜たっぷり!

Img_1288 『いろいろ野菜と海老のサラダ』です。

かぼちゃ、そら豆、きゅうり、パプリカ、たまねぎ、えびをたっぷり入れて、ハニーレモンドレッシングで合えました。

そして、見栄えはちょっといまひとつなのですが、『白いんげん豆のスープ』です。

このスープは、前日に作っておいたものなのですが、一日たってもおいしいし、2日目食べるのも楽しみな味です。

更に前々日から、お豆をゆでて置くので、3日ごしですね。

白いんげん豆(ぎんてぼう)、じゃがいもをことこと煮込んででとろみを付け、たまねぎとキャベツも入れてひたすらことこと。

味は塩とチキンブイヨンを少々だけなのですが、シチューのような不思議と濃厚でそれとなくさっぱりとした味わいに。

これは妹に好評でした。

さて、今日、妹に言われた一言・・・・。

「私が来てるからかもしれないけど~、おねーちゃん一日中、ごはん何つくろうって、考えてるでしょ~」

う~ん、悔しいけどその通りかも・・・。

これって、大学時代にも先輩に言われたことがある気がいたします。。。

人間数年じゃ、進歩しないんですねぇ。。。(^-^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

仕事のはなし

ついに。

会社をやめましたー。

結婚、出産、復帰・・・、と数年間いろいろありながらも働いてきた、オーガニック系宅配会社を退職。

夫婦二人フルタイムで働く共働きで、娘はちょっぴり病気が多く、近くに祖父母はいない。。。

と、なるとなかなか現実は厳しく、そして夫婦で迷った挙句、「娘」がお熱を出してもおちついて家で休ませてあげることを取ったのでした。

でも、会社を辞めても料理の仕事はおうちで続けます(^-^)。

うまく言い方を変えると”独立”です~。

ありがたいことに、もといた会社から、今度は外部のスタッフとして、料理の企画やお料理の仕事をいただけるとのこと。

最初は少しずつ、でも、どんなに細々とでも、いろいろな所から、レシピの作成や、お料理の作成などの仕事を受けられるように、丁寧に仕事をしていきたいな、と思ってます。

家庭で、真剣に夫と子供の心と体が健やかであるようにと料理を作る中で、”作る人の事情””毎日それを食べる人”のことを決して忘れない料理を目指したいとしみじみ思います。

ともすると企業の依頼のもとに起こしたレシピは、”製品中心”になってしまうこともありますが、そうではなく、ほんとうにその食品を使って、「食べる人も作る人も幸せになるかな?」という料理を作りたいと思います。(初心を忘れないように、自分で書きとめ、です(^-^)。)

それにしても、これからは自分で仕事を開拓しなくちゃいけなくなりました(^-^;。

うーん・・・。まずは、地元の食品メーカーさんにでも、自分で自分を営業するしかないかな。。。?などなど考え中です。

何事もはじめての経験。

あたって砕けてがんばります!

そして、目標は高く。願えばかなう。で、5年後には・・・・○○(恥ずかしいのでまだ内緒です~)。を目指してがんばります(^-^)。

あ、でも『娘の3食をちゃーんと作って食べさせる』『一緒に遊ぶ』『夫の血液さらさらを保つ』があってこその私です。

こちらは自分の心のささえとしてがんばります(^-^)。

家族の皆様、まわりの皆様、そしてブログを読んでくださった皆様、これからもどうぞよろしくお願いします!

自由の身?は嬉しくも大変ですねー。

ブログのタイトル、自己紹介もちょこっと変更して見ました。自分への意気込み?!です。

やっぱり、自分で自分のことを”料理研究家”です。と名乗るのは、とっても恥ずかしいものです。。でも、だからこそ、”ちゃんとプロとして恥ずかしくないようにやっていける人になろう”と思うのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

アボガドとマグロのサラダ

Img_1286 ここしばらく心配事がつぎから次へ・・・。で、なんとな~く気が晴れない感じです(; ;)。

なので、せめて体と心にやさしいごはんを作りたいと、しみじみ思います。

家族みんなで「おいしい!」と食べている時はほっとしますものね・・・。

今日のメニューは『銀ダラと豆腐の酒蒸し』、『マグロとアボガドのワサビ醤油サラダ』、『野菜のお味噌汁』、『ごはん』、『アップルマンゴー&ヨーグルト和え』です。

(「銀だらの酒蒸し」の写真は、撮ってみたら、”あんまりにも色がおいしくなさそう”なので掲載はボツ!実際はおいしいのに、写真にしたら、あら・・・?)

普通の我が家定番のごはんです(^-^)。

今日は、いろいろやることがたくさん合ったのですが、

朝の9時に「ぴんぽ~ん♪」。おうちのチャイムが鳴りました・・・。

で、びっくり!

今日はマンションのクーラー、ガス器具をを全部取り替えるために、終日業者さんが入るのでした~~!!

もう、がーーん。って感じです。

お掃除もなにもこれから。

しかも、娘が盛大に散らかした残骸があちらこちらに・・・・。

必死に3分間で片付けて、結局半日つぶれてしまいました~。

は~、なんだか疲れました・・・。

業者さんのスタッフの方は4名。

ちゃんと準備もしていなくて、ご迷惑をかけてしまったお詫びに、

急遽あるもので、おやつをつくりました。

Img_1279ワンパターンですが、『マロンパイ』。

おうちにある材料で、すぐ(30分で)作れるものって、これしかなかったんですよね~(^-^;。でも、喜んでもらえてよかったです。

物忘れには要注意ですね~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

グリーンピースごはん!

Img_1270 日曜日はのんびり過ごし、のんびりついでにみんなでお昼寝・・・。

そして、お昼ごはんの時間もずれちゃいました・・・。

なので、晩御飯はいつもよりちょっと遅めの時間に。

おなかの空き具合によって、好きな量だけ取り分けて食べられるように、珍しく大皿にどーんとよそりました。

写真は『グリーンピースごはん』

お豆にちょこっとしわがよっちゃいました・・・(^-^;。

後は、たっぷりの野菜をフライパンで焼いてマリネした『野菜の焼き浸し』。

昨日の残りの『ほうれん草カレー』、解凍しちゃっていた『マグロのお刺身』、『こかぶの甘酢漬け』・・・などなどです。

メニューめちゃくちゃですね・・・。

Img_1274

野菜をたっぷり焼いて、ダシ汁と酢に浸した『焼き浸し』は、最近購入した”野田ほうろうのバット』に入れて、そのまま食卓に。

カレーもお鍋ごと食卓に出して、好きなだけかけられるようにしました。

”バット”欲しかっただけにすっごく重宝です(^-^)。

下ごしらえもらくらくだし、何より”ふた付き”なので、保存もそのまま出来るところが気に入ってます。

デザートは、娘の大好きな『ぶどう100%ゼリー』でしめました!

Img_1280

あ~、そして結局食べすぎちゃいました。

今日からはやっぱり各自の分を盛りきる”小皿盛り”に戻します~。

このゼリー、100%なので、つるっとした食感というより”ぶりっ”とした食感。こんにゃくゼリーに近い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

卵、乳製品を使わないお菓子。「オートミールクッキー」

Img_1263 本日も夫は休日出勤・・・(; ;)。

ということで、娘と二人雨で外にも出られないので、おやつを作りました~。

卵、乳製品、砂糖を使わずに作った素朴な『ドライフルーツのオートミールクッキー』です。

あっという間に出来て、ソフトな食感。

甘みは少しのメープルシロップとドライフルーツの甘みです。

これ、アレルギーの子供用、というよりカントリー風の普通のクッキー(^-^)。

自分でお気に入りの味なので、ついつい食べ過ぎてしまいます。。。

今日は食べた後すぐに、娘のお昼寝にお付き合いしたら・・・。ちょっと胸焼けしてしまいました(^-^;。いくらヘルシー?とはいえ、食べすぎには要注意ですね!

娘は珍しく、クッキー類を「おいし~」といいながらパクパク。

やった~♪

おやつがひとつ広がりました(*^-^*)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

かぼちゃの煮物、夫がいない日のメニュー

Img_1253 今日は旦那様は外でごはんです。仕事の下見か何かで、創作?フランス料理のコースを食べに行くそうな。

いいな~、と思いつつも

「あ、今日は娘と二人分。手抜き手抜き~」

とすぐに考えてしまうところが浅はか(^-^;。

まあ、夫が行っておいしかったら、今度は私も連れて行ってもらおうっと、思ってます。

(小刻みに、普通のレストランで(家で食べるよりおいしくない)ごはんを外食するよりは、ばーんとたま~にコース料理を食べるほうが楽しみです♪)

で、娘と二人のごはんメニューは、もちろん娘の好きなもの&簡単なもの!

『かぼちゃの煮物』です~(^0^)。

今日は、またまた『プロが教えるきほんの和食』の分量を参考に作らせてもらったのですが・・・・・。

途中で味を変更しちゃいました。

というのも、かぼちゃのせいもあるのでしょうが、基本は薄味好きの我が家にも「ちょっと物足りないかな・・・」というくらいの上品な味付け。ダシ、みりん、酒のみで味付けなのでお醤油は入りません。また、煮汁の量も、カボチャの大きさの問題なのかかなり多すぎて、カボチャが煮汁でゆったりと泳ぎだしました。。。

で、「これは”プロ”の技じゃないと難しいのかもね~」とさっさとあきらめて、いつもの自分流の味付けに変更(^-^)。

今度は、本日購入した『和食』/柳原一成・著書/NHKきょうの料理/を参考に作って見ようと思います。

『これだ~!』という我が家の味が見つかるまで、試行錯誤ですね!

それにしても、出始めなのでしょうがないとはいえ、『かぼちゃ』今の時期は国産は高くてしかも少ないです。

当たり前のようにニュージーランド産が並んでいて安価なのをみると、子供だったら「かぼちゃ=ニュージーランド産」が当たり前って思うのかな~なんて一人考えたりしちゃいます。

夏になれば、実家の土手にゴロゴロ出来る、「土手カボチャ」。ただなんですけどね~(^-^;。難点は大きすぎて、カットするのが大変!ってことぐらいでしょうか。

そうそう、今晩の後のメニューは、

・かますの開き(中途半端に1枚残っていたものを娘と分けっこ)

・青菜のおひたし

・わかめと豆腐の味噌汁

・ごはん、納豆

でした!朝ごはんみたい~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

和食?「大根とつくね団子の煮物」

Img_1236 大人二人の家庭で、ふと~い大根が冷蔵庫に2本も入っています・・・。

「大根」プレッシャーから脱するために、今日は『大根と肉団子の煮物』を作りました。

これで、大根1/2本は消費(^-^)。

味付けはいつもは自己流ですが、今日は『プロが教える基本の和食』の調味料配合と、作り方を参考にさせてもらいました。

薄味ながらバランスの良い味付けで、家庭で食べる味としてもほっとする感じでした。

副菜には、いただき物の『本つぼ鯛の酢〆』です。我が家は仕事の関係で、ありがたくもちょこっと珍しいものをいただく機会が多く、食べること大好きな夫婦としては嬉しいやら太るやら・・・です!

Img_1243_1 酢がしっかりと効いていて、まさに”大人の味”という感じでした。もちろん娘(2歳)は、「問題外」という顔をして見向きもせずに、肉団子をほおばっておりました(^-^;。

ハンバーグ、カレー、肉だんご、コロッケ・・・。これ、子供の永遠の好きなものシリーズなのでしょうか?

汁物はお味噌汁にしたいところですが、今日は既に一回作ってしまったので、『春雨と野菜のスープ』に。春雨のつるつる感が好きで、汁物には良く使っています。

スープだと、戻さずに使えるので楽なんですよね~(^0^)。

今日は「北海道産小豆」をなんと一袋250円で手に入れたので、これから煮るか思案中です。(普段は、1袋400円~500円)。

今からだと、出来上がるのは夜中よね~。うまく夫が帰ってくるタイミングだと、起きている手持ち無沙汰にちょうどいい時間なんだけど・・。(独り言デス・・・)

「あんこ」は娘も私も大好き。(夫は普通に好き)。

そろそろ水羊羹も食べたい季節だし、とりあえず小豆でも煮ておくかな、と。

それにしても、市販の水羊羹、3個で150円。

原材料も、以前と違って添加物は少なくなり「小豆、白いんげん豆、砂糖、寒天、塩」だけでこのお値段!

良くも悪くもお家で作る人なんて減っちゃいますよね~(^-^;。

手作り派は減っていくのかな・・・?ちょっと寂しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

ああ、今日もワンパターンメニュー・・・。

Img_1226_1 外では”ゴロゴロ、ピカピカ”雨と雷です。

娘は、「かみなりちゃんこわ~い」と言いながら、珍しくお洋服を自分から着てくれました。(娘に服を着せるのが、これがこれが一苦労なんですよね~)かみなりさん、ありがとう~。(^-^;。

そして、天気が悪いとなにもやる気がせず、ワンパターンメニューの夕食になってしまいました。。。

野菜だけはたっぷりあるので、野菜をメインにとにかく「野菜野菜野菜・・・」のおかずです。

厚手の大きめの鍋に、たまねぎ、にんじん、キャベツ、豚肉、とざくざく切りながら重ねていって、無水で蒸し焼きにしただけの一品。名もなきおかずですね・・。

でも、野菜は取れるし、お肉も取れるし、それでいて食べ飽きず。

毎日の食事はこんな料理の繰り返しです。

そしてこちらもワンパターンサラダ(和え物)。

Img_1230 ひじき(芽ひじき)と水切りをした豆腐、きゅうりを醤油と酢と蜂蜜、そしてツナ缶で合えただけのものです。

本当は彩りにトマトを入れたいところですが、在庫がありませんでした~。

後は『しじみのお味噌汁』とごはん、デザートにはみかんヨーグルト。

はい、今日はこれだけです~。(夫、いつもごめんね。今度辛い麻婆豆腐作ります!)

最近、煮物とか、煮魚とか、ちゃんとした和食を作っていないな・・・とふと反省です。

山ほどの大根があるので、明日は大根で煮物でも作ろうかしら。。。

そういえば、話が飛んでしまうのですが、一度和食をちゃんと習いに行きたいな、と考えております。

なかなかお月謝が高くて敷居が高くてためらっているのですが、どこかオススメのところなどご存知の方いらっしゃいましたら教えてくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

今度こその「そら豆ごはん」

Img_1224_1 前回のリベンジ?!じゃないですが、今日は「そら豆」をた~~っぷり入れた『そら豆ごはん』を作りました。

毎週取っている宅配の野菜セットに入ってきたので、贅沢にばーんと使ってごはんに(^-^)。

味付けはシンプルに塩だけにして、お塩と炊いたご飯に、さっと茹でたそら豆を後から加えました。

炊飯器で炊いたので、ごはんのスイッチが切れた後に大急ぎでそら豆を載せ、再加熱。

ほこほこした食感と、緑色は「やっぱり日本人かも~」という気分になる季節の味でした。

副菜には、今日はいつもとちょっと違って、芽ひじきではなく、生の『長ひじき』を使ったひじきの煮物を作りました。

Img_1222

実家ではいつも長ひじきで、私はひじきといえば”これ”と信じていたのですが、東京に着てからは目に付くのは芽ひじき。

乾物は便利なので、ついつい芽ひじきばっかり使ってました。

でも、久々に食べるとおいしい♪

太くってしっかりした食感が懐かしく、味がしみてなんともいえない感じでした。

娘もぱくぱく。好評です。

やっぱり味覚って、子供の頃食べたものに左右されるのですね。

娘はいったいどんな味覚に育つことやら・・・。

娘が好むものが、我が家の「食」を表現するようで、ちょっと怖いです(^-^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

今日の主役は「お酢」料理

Img_1211_1  あたたかくなってきたからでしょうか、「お酢」料理が作りたくて、食べたくて、そして続いてます(*^-^*)。

子供の頃は、「酢」のにおいが大の苦手だったのですが、今や大好きな調味料のひとつです。

大人になったんですかねえ~。

そして今日は、めずらしく夕食をつくるのに、

1時間!も時間をかけてしまいました~!

(普段は30分くらい?!)

決して請ったお料理というわけではなく、なんとなく作る工程が多くなっちゃったのですが、普段よりは味に変化がついたかな?と自己満足です。

一品目は『生鮭とパプリカの焼き浸し』。

たまねぎ、ジャンボピーマン、にんじんを焼いて、酢をたっぷり入れただし汁に浸しておきます。

このだし汁、”汁までおいしい”ので、お野菜と魚と一緒にぜ~んぶいただいちゃいます。

少し多めに作っておいて、残った分は明日の朝ごはんやお昼に食べると、また味がしみておいしいんですよね~!

そして、もう一品は『キャベツとハムのハニコールスロー』。

千切りキャベツとたまねぎ、ハムをレモン汁とりんご酢、はちみつ、オリーブオイルでさっぱりと合えるだけなのですが、不思議と食がすすみます。

Img_1217キャベツって本当に万能野菜!もう一品ささっと作りたい時に、冷蔵庫にあると助かります(^-^)。

我が家は明日、宅配の「野菜セット」が届く予定なので、今日は冷蔵庫は品薄。

そして、在庫のお野菜すっきりと食べきらなくっちゃいけない日なのです。

ちなみに・・・、今週冷蔵庫に最後まで残ったものは・・・「葉にんにく」です・・・。

にんにくが苦手なので、ついつい後回しになってしまいます(^-^;。味は好きなんですけど・・・。その点「キャベツ」はなじみが深くって気が楽なお野菜です。

後は、『豆乳のコーンチャウダー』です。

Img_1220 コーンの缶詰(クリームタイプ)とジャガイモ、たまねぎでスープにした後、仕上げは牛乳や生クリームを入れずに豆乳で仕上げました。

娘が乳製品のアレルギーがあるから、というのもありますが、豆乳を牛乳代わりにスープに入れたさっぱり味が気に入っています。

ミキサーで滑らかにしてはありますが、ちゃんと「コーンポタージュ」風ですよ♪

たっぷりのお野菜と酢、そして豆乳、お魚、となんとな~く体によさそう、と作った私も家族もまずまず満足の夕ごはんでした(^-^)。

あ~、自画自賛(^-^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ささやかなご馳走「ビーフシチュー」

Img_1208 『ビーフシチュー』=冬。

というイメージがありますが、我が家では通年選手のメニューです。

(さすがに真夏はきついかも・・・?)

夫も娘も大好き。

大きなお鍋に作ったはずが、夜中(みんなで2度食べしちゃいました!)にはからっぽになってました(^-^;。味が馴染んだ翌日食べるなんて、無理な話です。

あいにく家にはブーケガルニもベイリーフまでも切れてしまっていたのですが、それでもトマトと赤ワインでことこと煮込んだ味はビーフシチューそのもの!

最近国産牛肉が高く、たっぷりお肉を買うといいお値段になってしまうので、作る回数はちょこっと減りましたが、やっぱりおいしいなぁ、としみじみ。

初夏などのちょっと暑くなってきた時は、フランスパンなどを添えて、雰囲気だけでも軽い感じで楽しみます。

Img_1204

後はサラダを添えればそれなりに満足の夕食。

一点豪華ですね(^-^)。

サラダはにんじんとカッテージチーズのサラダ』です。

作り方は簡単。千切りにんじんにオリーブオイルを絡めて電子レンジで1分程度加熱。さめてから、レモン汁と塩、こしょう、ハーブで味を整えて、カッテージチーズを合えれば出来上がり。

さっぱりしたレモンの酸味と、にんじんの甘みが絡まって、にんじんがあっという間になくなってしまうサラダです。

おなかもいっぱい。まんぞく~でした。

でも、週末の2日間って、一日中「ごはんとおやつ作り」に追われて、あっという間に終わってしまう気がします(^-^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

在来種の「そら豆」

Img_1192_1 珍しい在来種の「そら豆」をいただきました。

”在来種”は、昔から日本にあった品種で、「野菜から次の年に蒔く種が取れる」野菜です。

このそら豆、サイズはちょっと不ぞろいで小さい感じがありましたが、見た目も味もほぼ普通の「そら豆」でした。

”在来種”の野菜は、得てしてあくが強かったり、とげとげしていたり、味がいまいちだったりと、実は家庭でのお料理には扱いにくいものが多いのですが、これは良くも悪くも「普通」でした。

ちょうどそら豆が食べたかったので、「やった~♪」とさっそくそら豆ごはんの用意を始めたところ・・・・・・・・・・

さやから取り出して、皮をむいて、茹でて・・・

と料理していると、と~~っても少なくなり、とても『そら豆ごはん』が出来る豆の量ではなくなってしまいました。。。(; ;)。

急遽変更。

Img_1176  研いで塩を混ぜておいたお米もちょっと待った、で研ぎなおし。

貴重な少~しのそら豆は、そのままおつまみか、豆の和え物かサラダの彩りにでもするかな、と思案中です。

さやつきの「豆」、にはいっつもフェイントをかけられ、学習しません・・・。

そんなこんなで、そら豆に翻弄されている間に、冷凍庫に常備している”冷凍パイシート”で、間に先日作った”マーマレードジャムを挟んだ、『マーマレードパイ』が焼きあがりました(*^-^*)。

Img_1185 熱々、さくさくのパイは本当においしいです。

今日は、お昼ごはんが中途半端に食べるものが少しずつで、ちょっと物足りないかな・・・?

という感じだったので、プラスαでパイを焼くことに。

作る時間4分+焼く時間20分で、あっという間にできてしまいます。一からパイを作るのは大変ですが、今は便利な「冷凍パイシート」があるから、パン屋さんでパイを買うより手軽かも・・?!と気に入っています。

ただ、カロリーが高いのが難点ですけどね(^-^;。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

ヨーグルトメロンジュースで一日をスタート!

Img_1164 メロン(赤肉)+プレーンヨーグルトをミキサーにかけて、『メロンヨーグルトドリンク』を作りました。(写真の色味はいまいちですが、実際はもっとおいしそうな色です(^-^;。)

朝はばたばたと何かと忙しいので、ついついパンが多くなってしまいます。

メニューも代わり映えしないので、たまにはフルーツジュースでもつけてみようかと思ったら、これがおいしくってはまってしまいそうです♪

ふわふわどろどろでスムージーのような食感。メロンの甘みでお砂糖などはなくても充分甘みがあります。

明日も・・・・ということで、今日またメロンを買ってきてしまいました!

あ~、結局毎日同じメニューになっちゃう?!

そして、今晩の御飯はなんとなく作る気力がなかったので、簡単なものに。

(いつもですね・・・)

【本日のメニュー】

Img_1167

『本つぼ鯛のみりん漬け』

『青梗菜とトマトのサラダ』

『切り干し大根の煮物』

『ジャガイモとたまねぎのお味噌汁』

Img_1174 『ごはん』

『グレープフルーツ』です。

切り干し大根の煮物は、食卓がちょっと寂しそうだったので急遽追加しました。

にんじんと湯通しした油揚げを、水戻しした切り干し大根と一緒にフライパンでさっと炒め煮しただけなのですが、そこそこおいしく出来上がります。

フライパンは気軽に取り出せて、失敗が少ないので本当に便利ですね~(^-^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

美肌「かぼちゃサラダ」♪

Img_1157

昨日に引き続き、『肌の回復』&『元気が出る』を意識したメニューです(^-^)。

献立は、

『押し麦入りごはん』

『柑橘風味のしょうが焼き(たまねぎたっぷり)』

『カボチャとミニトマトのサラダ』

『ほうれん草の胡麻和え』

『大根と海草のお味噌汁』

『パイナップル』です。

”美肌”対策としては、カボチャとミニトマトをたっぷり使ったサラダを、しその実油とレモン汁でさっぱり合えたサラダがメインです。

トマトのリコペンとカボチャのビタミンE。そして、葉つきにんじん、きゅうりも加えてお野菜たっぷりで、なんだか体も元気になる感じです(^-^)。

肌のかさつきには必須脂肪酸も必要なので、すこ~しシソの実油も加えました。シソの実油は、酸化しやすいので、生で食べたほうが良いようなので、なおさらサラダなどに使いやすいですね!

そうそう、今日の『パイナップル』は一味ちがうんですよ~~!

Img_1149_1 これ、今日、宅配で取っている、らでぃっしゅぼーやのお野菜&フルーツセット(『ぱれっと』)の中に入っていたのですが、

『沖縄の国産パイナップル』です。

香りがとてもよく、味も爽やかな甘みが特徴です。

本当においしいんです~~(^0^)。

でも、このパイナップル、お値段もいい感じ。。。

今の時期だと1個、1200円

ちなみに近くの八百屋さんでは、298円(輸入品)が主流です。その中にあって1200円!というのは自分で選ぶのでは決して決して買えません(^-^;。こわくって・・・。

でも、お野菜のセットの中に入ってきたので、「ラッキー」と一人小躍りです♪

だって、「畑におまかせ野菜セット」なので、内容に関わらず毎週同じお値段ですから。

たっぷり食べて幸せです(^-^)。

これできっと明日こそは、念願の「押入れ掃除」する元気が出るかも・・・?です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鰹のたたき。たまねぎもいっぱい!

Img_1148 最近ちょっと疲れ気味・・・(- -)。です。

育児疲れとストレス(寝不足)か、肌もいまいちな状態で、さらに「どよ~ん」とした気分になってしまいます。

そこで、やっぱり元気になるもの食べよう!美肌メニュー作るぞ~!

ということで、とりあえず昨日の夕飯は『鰹のたたき』をメインに野菜やらフルーツやらをあれこれ料理しました。

週末に某テレビ番組で「ダイエットにも、血液さらさらにもたまねぎが最高!」と放送していましたので、たまねぎは出来るだけ毎日取り入れることに(^-^;。(もともとたまねぎ好きなので、好都合♪)

後は血行を良くし、肌に潤いを与えてくれるというビタミンEや、コラーゲンの生成を助けるというビタミンC、皮膚の新陳代謝を促してはりを与えてくれるビタミンB2、B6を含む食材を出来るだけ取り入れるように気をつけてみました。

もちろんすぐにどうこうなるものではないよね、とは思いつつ、しばらく気をつけてみることに。

後は運動だな~、と、重い腰を上げて水泳でも始めようかな、と思ってます(*^-^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

手作り「薄皮まんじゅう」

Img_1145 あんこが余っていたので、『薄皮まんじゅう』をおやつに作りました(^-^)。

(見た目、地味ですね~)

最近和風おやつにちょこっとはまってます。

作って見るとほんとうに簡単で、一応「薄皮まんじゅう」らしく見えるし、お味もシンプルながら○。

小麦粉、砂糖、上新粉、ベーキングパウダーだけのシンプルな組み合わせなので、卵や乳製品にアレルギーがある我が家の娘でももちろんOKです。

蒸し時間が5~6分と短くて、あっという間に出来るのも魅力です♪

さて、話は変わり、ですが、薄皮まんじゅうを作りながら考えたこと・・・。

そう、それは「バット」(調理道具)を買おう!!です。

実は我が家には今「バット」がありません。

いろいろ金物タッパーやら、ケースで代用していたのですが、ここしばらく料理をするたび不便さが募る一方・・。フライの衣つけるのももちろん、やっぱり下ごしらえにはほしいですよね・・・。

Img_1140普通のマンション生活なので、収納スペースも限られ(お金も!)ているため、実は我が家の調理器具はとっても少ないのです(^-^;。

ボウルとザルも実は各2個!お鍋も最低限。。。

(お菓子作りからお料理まで、ほとんどこれで足りちゃうんですよね~)

じっくり考えて、それでも欲しかったら買うことにしないと、後で片づけが大変なので、ぐっと我慢していたのです。蒸し器も専用のものはなく、「山本スチームパン」(今回も使用)という茹でる、蒸す、兼用の独特のドーム型のお鍋を愛用してます。

だけど、

「バット欲しい~」という思いが募りました。

和菓子を作って置いたり、粉をまぶしたり・・・。もう不便ことさらです。

思い切って注文したので、届くのが楽しみです(*^-^*)。

あ~、どんなに楽になることかしら~。と一人うきうき。

でも、どんなに少ない調理器具でもスペースでも料理って何とかなってしまうところがすごいですよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

今年最後のイチゴジャム&マーマレードジャム作り!

Img_1098 「好きだね~」と言われてしまいそうですが、またまた『イチゴジャム』『マーマレードジャム』を作りました。

本日東京は雨・・・(; ;)。

せっかくのお休みなのに「お外に行けないよ~」ということで、2パック390円!の安さにつられて買ったイチゴと、らでぃっしゅぼーや(宅配)で買ってあった、低農薬”甘夏”でジャムを作ることにしました。

ジャム、しょっちゅう作っているなぁ、と思いつつも、手作りってはまっちゃうんですよね(^-^;。味も、作って食べる満足感にも。

我が家は普通のマンションなので、瓶詰めをたっぷり保存する場所もないため、出来るだけ少量ずつ作って、後は1ヶ月~2ヶ月で食べきれるようにしてます。

なので、いちごジャムはシーズン中3~4回は作ります。

Img_1124

マーマレードジャムはおいしいけれど、ちょっと面倒なので2回くらい。

パン、ヨーグルト、お菓子作り、肉料理・・・と大活躍です。

娘も隣で、お手伝い・・・。ならぬ「ママのまねっこごっこ」。してます。

Img_1127 使っていない本物のまな板に、ナイフ。。。真剣にとんとんと切っているマネっこ。

おもちゃのおままごとセットにはない醍醐味があるようです(^-^;。

朝から家事&娘の相手の合間にちょこちょこ作って、夜には瓶詰めまで無事終了しました~。

明日の朝ごはんが楽しみ♪

でも、せっかく面倒な瓶の煮沸をしたのに、すぐあけちゃうのはもったいないなぁ、と不毛なことを考えてます(^-^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

体に優しいごはん。オイル少なめ、ノンシュガー。

昨日は揚げ物だったので、今日は一転して、極力油を使わないメニューです。

『野菜スープ』はもちろんノンオイル・ノンシュガー。『和風トマトマリネ』はほんのすこ~し香り付け程度にごま油を少々使っただけで、こちらもノンシュガーです。

Img_1111そして、おかずの『塩鮭』も、今日は塩焼きにせずに『ゆで鮭』にしました。

”おいしさ””うまみ”を追求しない食事。それが我が家のごはんです。

もちろん、日々の食事はおいしい方がいいし、食べて楽しいのが一番!

ただ、「おいしさ」っていろいろですが、人間の味覚は油や砂糖、塩、うまみ成分があったほうがおいしく感じるようにできていて、だんだんとそれにならされていく、と聞いて「そうなんだ~」とびっくりした覚えがあります。

(マックの社長さんが書いた本にあった、「子供の頃からどれだけマクドナルドのハンバーガーを食べてもらったかが重要」という言葉も同じ意味ですよね)

Img_1114

外で食べる時は、どうしたって味付けが濃い目だったり、脂分が多かったり、甘みがきっちりついていたりすることが多いので、家では、同じおいしさでも、「体がほっとするおいしさ」を目指して作っています(*^-^*)。

『焼き鮭』ならぬ『ゆで鮭』は、娘が食物アレルギーとわかった時に始めました。

お医者さんから「まずは何でも出来るだけゆでてアクを出来るだけ抜いてから食べさせて」と言われたので、魚もゆでたところ、これが結構やさしい味。

もちろん焼き鮭のほうが”しっくり”くるしおいしいのですが、「ゆでたものはこれはこれで、おいしいよね~」という結論に。

なにより「アクと塩分」が落ちるので、さっぱり。

そしてグリルで焼くよりも、鍋ひとつでゆでられるので片づけが楽!こっちが理由としては一番かも~。ですけど!

いろいろな情報があって、何が体にいい食べ物なのかを選び取ることは、ほんとうに難しいのですが、「あ~、体にいい気がする♪」と食べるごはんは、こころにも良いんじゃないかしら、と思ってます。

ある意味最高の自己満足ごはんですね(^-^;。

【和風トマトマリネ・レシピ】

(材料)

  • トマト            2個
  • しょうがの千切り     少々
  • すりゴマ
  • A(しょう油、酢:各大さじ1、だし汁;大さじ7、塩:適宜)
  • ごま油           少々

(作り方)

①Aは煮立てて、冷やしておく。

②トマトはざく切りにし、①に入れ、ごま油を少々、しょうがの千切りを加えて軽く合え、冷やしておく。

③食べる時に上からすりゴマを振って出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

今日は「コロッケ」の日!

Img_1093 今日は『コロッケ』の日です!!

昨日も揚げ物をしたのに、なんとなく続いてしまいました・・・。揚げ物が続くことってめったにないのですが、”しんじゃが”が大量に安くっておいしそうに並んでいるのをみたら、ついつい・・・(^-^;。

我が家では、『コロッケ』は月に1回程度。

多いのか、少ないのかわかりませんが、あまりに”人気メニュー”で、みんなついつい食べ過ぎてしまうのと、作るのが面倒だからです。

コロッケって、作り方は単純だけど、粉は飛び散るし、場所は必要だしで、狭い台所では大騒ぎ。

おまけにコロッケの時は、娘(2歳)が手伝うと自分で決めているらしく、これまた大変!!

パン粉が部屋中に散乱し、最後は掃除機の出番。

もちろん娘も粉だらけなので、娘の服も掃除機で『じゅ~~』。

そして、粉のついた足で、お布団のほうへ走っていこうとする娘を止めて・・・。

『そっちだけはやめて~~~~~戻っておいで~~~』(私の叫び)

と、考えると、な~んて手間のかかるメニュー(; ;)。

『食育』といえばいえないこともないのですが、食育は手間がかかります。

もう一仕事するつもりでお手伝いさせてあげなくちゃいけないし、後は、畑に連れて行くのも、虫やら温度変化が苦手な自分は隅っこにおいておいて頑張る。。。などなど。

ただ、自分も子供の頃、ママにまとわりつきながらのお手伝いが楽しかった記憶から、子供がやりたいという時は「面倒~」でも多少は苦労を承知でお手伝いをさせます。

でも、自分ひとりでゆっくり料理。

これほど贅沢な時間があるかしら~。としみじみ思うこのごろです。

副菜はさっぱりと『きゅうりとわかめの酢の物』に。

Img_1088 これは「プロが教える基本の和食」という野崎洋光さんが監修なさった料理の本を参考にさせていただいて作っています。

それまで酢の物はいい加減に作っていて、味がいまひとつだったのですが、野崎さんの本の通りに作り始めてから、味がすっきりして酢の物が好きになりました。

こういう古典的な和食は、一手間かけても惜しくないなぁ、と思っています。

ただ、お料理って、「出すタイミング」も重要。

酢の物も作ってしばらくたつとなんとなく野菜がいまいちになってしまうし。揚げ物は、夫が帰ってきてから揚げよう・・・、と思っていると時間が気になるし。

娘&私の夕食は大体6時半。そして、夫は12時。

う~ん。現代生活は難しいですね。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

えびサラダ

Img_1082 昨日の晩御飯の花形『えびとアボガドのサラダ』です。

メインは『から揚げ』を作ったのですが、えびが好きなので、なんとな~くこちらが花形です(^-^)。

日中すこ~し暖かいとサラダが食べたくなってくるので、ついついもう一品はサラダ・・・。です。

でも、これは大人向け。娘は食材的にもいまひとつなことはさておき、生のお野菜は「嫌~~」と難色を示すので、今のところは食卓に一応出すだけ・・・(^-^;。

毎日ちょっとづつ違う「子供用」を取り分けて作ったり、大人も子供のOKなものにしたり・・、と手は抜きつつも、やっぱり子供のごはん作りはそれなりに気を使います。

途中で小鍋に取り分けても、「鍋の洗い物は2倍!」ですものね。

ぱくぱくとごはんのお代わりを催促する娘を前に、「2歳児って、一日の総カロリー950キロカロリー程度だって言うけど、明らかにオーバーよねぇ」とひそかに頭を抱える日々です。

今日は娘は病院の定期通院でお休み。

それこそ、朝、昼、夜・・・とちょっと子供ごはんネタが尽きたかも・・・。

そんな訳で、昼と夜はほぼ似たようなメニューに決定(^0^)。

(とある本の理論によると、「子供は単純なものを繰り返し食べる」のでいいそうです。。。こういうときは、都合のいいように内容を解釈して納得してます。(^-^)。/「スーパーファーストフード」/イギリスの栄養学の先生が書いた本)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

再び、草もち作り。あんこも手作り!

Img_1056_1 先日実家で作った『よもぎ餅』。

よもぎだけ持ち帰って来たので、今度は自宅でもう一度作ってみました。

こういうのって、一度作るとはまってしまうんですよね~(^-^)。

作った後、くっつかず食べやすいので、おうちではこんな風に1個ずつ紙カップに入れてしまいます。在庫が娘のキティちゃんしかなく、せっかくの和菓子もチープな感じに・・・。でも、味はちゃんと大人も食べられる「草もち」ですョ。

今回はがんばってたくさんよもぎを摘んで、前回の2倍の量のよもぎにして香りを強く出すことに。

200gの上新粉に対して、茹でたよもぎ40gの割合で入れています。

ヨモギの苦味はマイルドで、香りがアップ♪

あんこは近くのスーパーにちょうどいい「練り餡」が売っていなかったので、小豆から自分で煮ました。

Img_1049

市販のあんこは、ものによってでんぷんやら、酸化防止剤が入っていて、「おうちでせっかく作るのに、なんとなく嫌だな~」と思ってしまうので、結局面倒でも自分で作るしかないんですね(^-^;。

その代わり、おうちで作ったあんこは、安くってたっぷり。甘さ控えめで出来上がります。

いろいろな小豆の煮方がありますが、私は

①小豆を洗って4倍の水に浸して中火で煮る。

②火を止めて、ふたをしてそのまま豆がふっくらと戻るまで放置。

③小豆の茹で汁を捨てて、再度4倍程度の水でやわらかくなるまで煮る。

④豆がふっくらやわらかくなったら、砂糖を何回かに分けて加えながら弱火で練り上げる。

という方法が失敗が少ないので気に入ってます。

もちろん、面倒な時は、”買ったあんこに勝るものはなし!”ですけど!

私は生のヨモギ(自生)を摘みましたが、実家の近くのスーパーでは、100円一束で売っていました!田舎ならでは~!

後は普通のスーパーに、「乾燥よもぎ」という便利なものがあるので、生がない時はこちらを使って見ようと思います。

それにしても、1回作ると12個もできちゃう。

我が家は2人+1/2人(幼児)・・・。うーん。。。困った(^-^;。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

”小さなおかず”大好き小鉢♪

Img_1037_1 1点豪華主義、じゃなくって、「小さなおかず」を寄せ集めてごはんにすることしばしばです。

夫は独身時代に気に入っていた定食屋さんの影響か、「魚」+ごはん&味噌汁+なんだか小鉢がいっぱい。という食事がお気に入りです。

今日のメニューは、

『ホッケの開き』、

『かぼちゃのそぼろ煮』、

『ミニトマトのマリネ』、

『野菜と豆腐の味噌汁』、

『ごはん』、

『デコポン』です。

ちいさなおかず”は食材の点数を少なく、作りやすくってシンプルなものを中心に作ります。「かぼちゃのそぼろ煮」も”かぼちゃ+鶏ひき肉”、「ミニトマトのマリネ」も”ミニトマト+たまねぎ”だけといたって簡単。

Img_1040_1

野菜のおかずは、洗ったり下ごしらえするだけでも結構時間かかりますよね~!

なので、味付けだけちょっと変えて、いろいろ組み合わせて食卓をにぎやかにして作る負担も減らしてます。

我が家の子供はひっつき虫で、「ママママ、ママ~~!!」病なので、30分で何品出来るかが勝負!(^-^;。

野菜の量などの帳尻あわせは、どうしても具沢山お味噌汁で、といった感じになってしまいます。

以前お世話になった薬膳料理の先生が、「野菜の煮汁には栄養がたくさん溶け出ているのでとても大切」とおっしゃっていました。

私はそれ以来、娘が食べるのを「嫌~~~~!!」と跳ね除けるお野菜も、とりあえず煮汁に溶け出てくれると信じて何でも入れてます。(もちろん、”実”の部分のお野菜は、娘は丁寧によけてますが・・・。食卓にあれば、いつかは食べたくなるでしょう~、と信じてます!)

娘も寝たことだし、夕食で楽をした分、これからクッキーでもつくろっかな~、と一人のつかの間の時間(*^-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

レシピ試作中。今日のごはんは野菜でラタトゥイユ♪

Img_1029 料理のレシピを試作している時は、決まって同じ食材、同じようなメニューが食卓に続きます・・・(^-^;。

自分の目分量で作るのではなく、調味料を調整したり、はたまた4人分なり、2人分に換算したり、実際に作ってみたりと繰り返します。

そして、食材の組み合わせなども何度か「こっちの方がおいしいかな?」「作るの楽かな?」などと試作するので、結果的には何度も何度も作るわけです。

そして、もちろん出来上がった料理を食べるのは、私の場合は「家族」!

いつも文句も言わずに繰り返し食べてくれてありがと。です。感謝。

そんなこんなで今は『肉料理』が続いてます・・・。

お肉がメイン。

副菜も肉料理。

もちろんレシピ試作とは関係ないお料理も作りますが、どうしてもボリュームが出がちです。

なので、今日は野菜たっぷり添え物で、トマト味の『ラタトゥイユ』作りました。

夏野菜もだいぶ安くなってきて、ちょうど食べたい気分にもなってきたところです。

これ、あまったらカレー粉入れて、明日のお昼!にしようかともくろんでいるのですが、以外とこういう「鍋物料理」、我が家では残りません。野菜は”別バラ”なのでしょうか~(*^-^*)。Img_1035

あ~、早く夏になって、実家の父が作ったトマトやら、ぴかぴかのピーマンやらを贅沢に使って作りたいです♪自家製パプリカ(カラーピーマン)、昨年は大好評で、売っているカラーピーマンとはまったく別物のおいしさでした!今年も楽しみです(^-^)。

右の写真は余ったキャベツでコールスローにしました。こういったサラダなどに使う「油」は”シソの実油」というオイルを使っています。

口当たりも軽く、αーリノレン酸が多く、アレルギーなどの体質の人にもオススメの油のようです。

キャベツは生のままでもおいしいのですが、さっと茹でたほうが体にいいらしい・・・、との本を読んだ直後なので、今日は刻んだ後、熱湯でさっとゆでました。こういう情報って影響されやすいですよね(^-^;。

(ちなみに↑の情報源は、「ナチュラルメディスン」というアンドルー・ワイル博士という人が書いた本です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

おいしそうな”絵本”発見♪

Img_1027 本屋さんで見つけた、『たべものあいうえお』という本です。

娘に『最近新しいご本を買ってあげていないなあ~』と本を選んでいたら一目ぼれして買いました(*^-^*)。

イラストの食べ物の絵が、なんともユーモラスでそれでいておいしそうなのです。

娘は、食べ物がいっぱい並んでいる絵本が大好きなので、ぜ~~ったいに気に入るだろうな~、と思っていたら、やっぱりお気に召したようで、一日に何度も何度も読むことになりました(^-^;。

一番気に入っているのは、写真の↑の「エビフライ」のページです。

さっそくエビフライを実家の母が作ってくれたのですが、実際のエビフライはそこまでそそらなかったようで、ちょっと残念・・・。でした(; ;)。

Img_1026 大人が読んでも楽しく、久しぶりに買って幸せな絵本でした。

この絵本、読んでいるとなんだかそれが食べたくなっちゃうんですよね~。

あまりにおいしそうなので、明日は早速古典的な「サンドイッチ」を作ることになりました。久しぶりの夫のリクエスト!

題名「たべものあいうえお」~あっちゃんあがつく♪~

さく:さいとうしのぶ さんです。

子供の絵本もあなどれません~!

食欲がわく本って、いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

お庭でバーベキュー

実家の庭で家族でバーベキューをしました♪

我が家はみんな『超インドア派』です。

なので、この年になって、初バーベキュー・・・・・(^-^;。

近くのホームセンターで1980円でバーベキューコンロを買い、そして備長炭、串・・・、ととりあえずバーベーキューが出来る道具と食材を買ってきました。

Img_1007 Img_1008

写真は準備中(食材を持ってくる途中)のものです。

実際に焼き始めたら、バンバン焼けるは、娘が火に近づかないように見ていなければいけないわ・・・で、写真をとっている間なんてち~っともありませんでした!

でも、本当は炭ってちょっと火が落ち着いて来た頃に焼き始めればよかったんですね~~。

まったくの初心者だったので、終わりに近づく頃に、なんともいい火の具合に。みんなで、「あ~、もっと早くに炭を起こして、じっくり焼くものだったのね~」と納得。

それに、”串”に刺すのも難しかったです。。。

最後は結局串からはずしてそのまま網へ置いて焼いちゃいました。

でも、バーベキュー、とっても楽しくっておいしかったです。

一番おいしかったのは、最後に網であぶりながら食べた『焼きおにぎり』!なんともいえない炭焼きおにぎりでした(^0^)。

もちろん、お肉、鮭、ホタテ、お野菜なんかもおいしかったです。

次回はいろいろな食材にトライしようね~。ということで終了。

妹は、「私、今の年(20くらい?)になって憧れのバーベキューできて感激♪」だそうです。

バーベーキューデビュー、おいしいひと時でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

草もち作り!ヨモギを摘んで手作り

Img_1017 GWで田舎(長野)に帰省中です。

実家のすぐ隣は畑。そして、ちょっと歩けば草花がわんさか、です。

この時期になると、”よもぎ”の葉が自生しているので、母と一緒に、葉っぱを摘んで『草もち』作ろう~!ということになりました(^0^)。

よもぎのにおいがぷんぷんするちょっと苦めの草もち。祖母がむか~し作ってくれた味が懐かしいです。

さて、まずはヨモギを摘むところから、スタート。

畑の土手、山肌など人通りがあまりないところを選んで集めます。

そして、ヨモギのあく抜きには”椿の葉”を使いました。

Img_1010

農業誌、『現代農業』に、おばあちゃんの知恵として掲載されていたので、庭の椿の葉を取って、早速試すことにしました(^-^)。

結果は、椿の葉、OK!。でした。

椿の葉で、灰汁の強い野生のヨモギも充分えぐみが抜けました。椿の葉と共にさっと茹でて、水にさらします。

後は、白玉粉、上新粉、砂糖、片栗粉、あんこ、ヨモギだけのシンプルな材料。

家庭ならではの素朴な味わいです。

Img_1013

作り方は、上新粉と白玉粉にお湯を混ぜて練り、蒸し、水にとって冷まします。

適度に温度が下がったところで、蒸しあがったお餅に砂糖とヨモギと片栗粉を入れてよ~くこねます。(お餅つき機があると楽なのかな・・?)

水加減がポイントで、硬いと食感が悪くなってしまうし、やわらかすぎると練るのが大変。

仕上げのこねるのは結構体力勝負です・・・・(^-^;。

耳たぶくらいの硬さになったところで、包丁で10等分くらいに切って、手のひらで伸ばしながらあんこを丸めた餡玉を中に包んで出来上がりです。

母と娘と一緒に包みながら、ちょっとヨモギ餅のお餅の切れ端にあんこを載せてお味見「ぱくり」。これが醍醐味です(^-^)。娘はあんこばかりぱくぱくぱくぱく・・・・。

形はお好みで、ですが、今回は「お餅が薄くてあんこたっぷりがいいわ~」との母の言葉でシンプルな丸型に決定です。

簡単にできて、しかもおいしいので、またまたヨモギをつんできて、もう一回作ることになりました~~~。

おうちで作ると、おいしさもひとしおです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

ダイエットお菓子。スイートポテト風

Img_0892_sh01 またまた、”卵、乳製品を使わないお菓子”です(^-^)。

これは、さつまいもが中途半端に1本余ったので、(らでぃっしゅの宅配で届きました~!)、これまた季節はずれの『スーイーとポテト』にしてみました(^-^)。

材料には、スジャータ『豆乳ホイップ』という乳製品を一切使用しないクリーム?を初めて使用してみました。

もちろん普通の豆乳でもOKですが、すこ~しコクがでる感じです。

甘さを控えめにし、レーズン、メープルシロップで風味をプラスしました。

あっという間にできて、ヘルシーなので普通の方が食べてももちろんOKです。

今回は、ちょっと不精して、お芋をレンジで加熱しましたが、やっぱりちゃんと蒸したほうがおいしい感じです。かぼちゃとお芋は『蒸し器』がやっぱりおすすめですね~。

娘の評価は・・・・。う~ん・・・。

「おちゃかなそーせーじのほうがちゅき(好き)~~~。」

だそうです・・・。(; ;)。

ママはめげないわよ~~~~。

【卵、乳製品を使わないスイートポテト・レシピ】

(材料/6個分)

  • さつま芋        大 1/2本
  • 砂糖          大さじ1~2
  • レーズン        大さじ2
  • 豆乳入りホイップ   大さじ1~2程度(豆乳でもOK)
  • 菜種油         大さじ1弱
  • メープルシロップ   適宜
  • シナモン        お好みで少々

(作り方)

  1. さつま芋は皮をむいて適当な大きさに切り、水にさらす。蒸気の上がった蒸し器で、竹串がすっと通るくらいまで蒸す。
  2. 1をボウルに入れ、熱いうちにフォークなどでつぶし、砂糖、菜種油、ホイップを加えて混ぜる。硬さはしっとりとまとまる程度にホイップの量で調整する。
  3. 2にレーズンを加えまぜ、ラップにとってひとつずつ茶巾絞りにする。お好みでシナモンシュガーを上からふる。
  4. 180度にあたためたオーブンで3を20~30分焼く。食べる時にメープルシロップを添えて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外出前の冷蔵庫のお掃除!メニュー。

Img_0895_sh01_1 気分だけはGW、ということで、いつお出かけしても大丈夫なように、冷蔵庫の野菜やら、肉、魚の在庫一掃料理中です(^-^)。

特に野菜は食べきれないと捨てちゃうことになるから、もう必死です

『豚肉のサラダ』、『長いものオーブンチーズ焼き』、『きゅうりとコーンのサラダ』、後は『にくじゃが』・・・とどれもこれも簡単なものばかりですが・・・。

ひとまず冷蔵庫は後は、「レモン」「オレンジ」「長ネギ」「もち米」だけになりました~。

ほっと一息。

Img_0913_sh01 やっぱり自分が使いづらい食材って、後回しになりがちですよね~。

私の場合は、「長いも」が手がどうしてもかゆくなってしまうので、なんとなく避け気味です(^-^;。神経質なくらい”酢水”で手をゆすぎながら調理!

ねばねばお芋は食べるのは好きなのですけど。誰か調理してくれないかしら~。

ちなみに夫も「ねばねば」は痒くなるらしく、頼れません・・・・。

Img_0940 摩り下ろすのももちろんおいしいのですが、今回は、切って残り物とあわせてオーブン焼きに。

輪切りにした山芋に、バター、塩、こしょう、チーズ、ウィンナー(本当はベーコン・・・)を載せて焼くだけです(^0^)。

とろとろの食感とは違うけれど、さっぱりしたホクホク感が好きです。

本当はウィンナーよりベーコンがおいしいんですが、今回は”冷蔵庫のお掃除”メニューなので、全てあるもので代用。

チーズもとろけないタイプのスライスチーズです・・・。

片付けも楽なように、アルミホイルで焼きました♪

さあ、これからお出かけ前の”片付け”&”荷造り”です・・・・。

トイレトレーニング中の娘の”おまるちゃん”も持っていくから大変です(^-^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

手作り「杏仁豆腐」デザート

Img_0924 ゼラチンを使って、杏仁豆腐』を作りました(^-^)。

ふるふるの杏仁豆腐が食べたい時は、”ゼラチン””ちょっとしっかりめの食感がほしい時は”寒天”で作ります。

上に乗せるフルーツは、その時あるもの・・・、ということで、今日は「キウイフルーツ」オンリーです(^-^;。

牛乳生クリームきょうにんそうゼラチン、砂糖・・・というシンプルな組み合わせでできちゃうので、最近ちょっとはまってます。

(きょうにんそう、は最近では普通のスーパーにも置いてあるんですよね~。便利になりました!)

ちなみに・・・ですが、お砂糖の変わりに「はちみつ」で作ってみたところ、牛乳成分がちょっと分離してしまいました・・・。

「蜂蜜杏仁」おいしそうなのに残念。

また、再チャレンジしてみます!

そうそう、話はま~ったく変わってしまうのですが、今日(5/1)のTBSの”はなまるマーケット”で以前仕事でお世話になったフードコーディネーターさんが、一味違うバーベーキュー特集で出演なさっていました(^0^)。

私はアウトドアは不慣れなのですが、なんだか見ていたらとてもおいしそうで、楽しそうで、急にバーベキュー、やってみたくなってしまいました。

田舎に帰ったら、”庭の畑”でやってみようかな~と思ってます。

う~ん、でも、機材ってどうすればいいのかな~?やっぱり買うしかないのかしら・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »