« ダイエットお菓子。スイートポテト風 | トップページ | お庭でバーベキュー »

2006年5月 5日 (金)

草もち作り!ヨモギを摘んで手作り

Img_1017 GWで田舎(長野)に帰省中です。

実家のすぐ隣は畑。そして、ちょっと歩けば草花がわんさか、です。

この時期になると、”よもぎ”の葉が自生しているので、母と一緒に、葉っぱを摘んで『草もち』作ろう~!ということになりました(^0^)。

よもぎのにおいがぷんぷんするちょっと苦めの草もち。祖母がむか~し作ってくれた味が懐かしいです。

さて、まずはヨモギを摘むところから、スタート。

畑の土手、山肌など人通りがあまりないところを選んで集めます。

そして、ヨモギのあく抜きには”椿の葉”を使いました。

Img_1010

農業誌、『現代農業』に、おばあちゃんの知恵として掲載されていたので、庭の椿の葉を取って、早速試すことにしました(^-^)。

結果は、椿の葉、OK!。でした。

椿の葉で、灰汁の強い野生のヨモギも充分えぐみが抜けました。椿の葉と共にさっと茹でて、水にさらします。

後は、白玉粉、上新粉、砂糖、片栗粉、あんこ、ヨモギだけのシンプルな材料。

家庭ならではの素朴な味わいです。

Img_1013

作り方は、上新粉と白玉粉にお湯を混ぜて練り、蒸し、水にとって冷まします。

適度に温度が下がったところで、蒸しあがったお餅に砂糖とヨモギと片栗粉を入れてよ~くこねます。(お餅つき機があると楽なのかな・・?)

水加減がポイントで、硬いと食感が悪くなってしまうし、やわらかすぎると練るのが大変。

仕上げのこねるのは結構体力勝負です・・・・(^-^;。

耳たぶくらいの硬さになったところで、包丁で10等分くらいに切って、手のひらで伸ばしながらあんこを丸めた餡玉を中に包んで出来上がりです。

母と娘と一緒に包みながら、ちょっとヨモギ餅のお餅の切れ端にあんこを載せてお味見「ぱくり」。これが醍醐味です(^-^)。娘はあんこばかりぱくぱくぱくぱく・・・・。

形はお好みで、ですが、今回は「お餅が薄くてあんこたっぷりがいいわ~」との母の言葉でシンプルな丸型に決定です。

簡単にできて、しかもおいしいので、またまたヨモギをつんできて、もう一回作ることになりました~~~。

おうちで作ると、おいしさもひとしおです♪

|

« ダイエットお菓子。スイートポテト風 | トップページ | お庭でバーベキュー »

コメント

なぎささん、栗原さんの英会話教えてくださってありがとうございます。水曜日はなかなか時間が合わずに未だ見ることができませんが、私も料理ばっかりしていないで、ちょっとは英語やらフランス語の勉強でもしなくっちゃ・・。と言う気分になってしまいます(^-^;。実は外国語学部(フランス語)卒だったりするので、あまりに話せなくて恥ずかしいもので。。しかも姉の夫はフランス人~!!!私もがんばります。

投稿: riezon | 2006年5月10日 (水) 20時57分

長野のご実家に帰っていらっしゃるのですね。よもぎ餅、おいしそうですね。
水曜日に、栗原はるみさんがテレビにでていらっしゃるのはご存知でしょうか。3ヶ月トピックス英会話、という番組です。いつも笑顔が素敵できれいですね~。「すてきレシピ」は終刊になるそうですね。今、英語で忙しくなったからかしら、などと思っています。

投稿: なぎさ | 2006年5月 5日 (金) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草もち作り!ヨモギを摘んで手作り:

« ダイエットお菓子。スイートポテト風 | トップページ | お庭でバーベキュー »