« カレイの煮付け。お魚月間中。 | トップページ | ぶり大根 »

2006年6月 9日 (金)

卵、乳製品を使わないお菓子。「パイナップル蒸しパン」

Img_1369 今日の娘の保育園のおやつは、『パイナップルケーキ』です。

もちろん保育園製は、卵、牛乳、バター入りなので、本日は自宅から持参。

さあ、どうするかな~。と考えて作ったのが写真の蒸しパンです。

本当はパウンドケーキのような形で焼くのですが、卵を入れないお菓子は、焼くとどうしても硬い食感となってしまいます。

その点、「蒸す」と比較的しっとり。

前回は、焼いたケーキのぽそぽそ感が娘に不評だったので、今度は焼き色よりも食感重視でいきました。

卵が入らないので、膨らませる力はベーキングパウダーのみ。

粉密度の濃いお菓子となるため、食べ応えのあるずっしりとしたおやつです。

かなりおなかがいっぱいになってしまうため、薄めに切ってちょうど良いかな?という感じです。

子供用にスパイスなどを入れずに作ったので、粉の香りがして素朴ですが、私は自分のおやつには、これに濃厚なマンゴージャム(軽井沢のセルフィーユにて購入)をぬっていただきました(^-^)。おいしいです。

材料は小麦粉、はちみつ、豆乳、りんごジュース、パイナップルの缶詰、菜種油のみ。

娘は食物アレルギーがかなりあり、大変といえば大変なのですが、実は娘のおやつを作るのがひそかな楽しみです♪

「娘が料理が好きなママを選んで生まれてきてくれたのかな~」と最近思ってます。赤ちゃんが親を選んで生まれてくる・・・というシュタイナー(ニュアンス違っていたらすみません)の考え方がありましたが、最近妙に納得しております。

|

« カレイの煮付け。お魚月間中。 | トップページ | ぶり大根 »

コメント

ばら色婆ァバ様
「選ばれた出会い」本当ですね。私も娘に「ママのところに生まれてきて良かった」と言ってもらえるような母になれたら、と思います。娘の子供を抱っこして、「あなたが生まれた時はね~」と話すのが夢です。

投稿: riezon | 2006年6月 9日 (金) 22時00分

コメントの設定を変えたのね。すぐ出るようになりましたね。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年6月 9日 (金) 12時44分

ひねくれた子が「産まれたくてここン家に生まれたんじゃねえ」なんて台詞、「あんたみたいな子、生んだ覚えは無い」って言う親・・・ドラマにしても悲しい。
「あなたに会いたいから生んだ」と私、「あんたのところに生まれて良かった。へへ」ってわが息子。
両方とも選ばれた出会いなのです。だから、無条件に愛せる。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年6月 9日 (金) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵、乳製品を使わないお菓子。「パイナップル蒸しパン」:

« カレイの煮付け。お魚月間中。 | トップページ | ぶり大根 »