« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

辛いもの。辛くないもの。

Img_2850 ”辛い”

子供ができると”辛いもの”に対する壁があることを実感してます。

以前は、「なんで、子供=辛いは×」なのかな~?と現実味が無かったのですが、実際に娘ができたら納得。

ちょっとでも辛いと、

「ママ~、辛かった~!!(なきべそ)」

となって、食事がすすまないのです。

基本的に作り分けるのが面倒な私は、がまんできる大人ががまん・・・。と割り切って、子供に合わせて甘口に、そして後で大人の分だけ辛味を足すことにしてます。(自分自身もちょっと辛いものが苦手だからかな?)

カレーは最後にガラムマサラなどのスパイス。

麻婆豆腐は最後に豆板醤(辛い!)と山椒。

そして、写真はま~~ったく辛くない『にせマーボードウフ』です(^-^)/。

あ、我が家は娘のアレルギーにより、市販の「中華の素」はほぼ使えないので、なおさら好都合?!自分で作ったほうが、中華の素よりず~っと安上がりだったりもします。

この「にせマーボードウフ」作り方は、豆板醤を入れずに、その分コチジャンを足して味を整えるだけです。

本格派が好きな方は真似しないでくださいね!

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在54位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます。

| | コメント (2)

牡蠣ごはん。

Img_2862 ぷりっぷりの牡蠣が1パック390円。

早速『牡蠣ごはん』です♪

お恥ずかしながら、私は数年前まで、”加熱用牡蠣””生食用牡蠣”は鮮度の違いだと思ってました。

でも、これは”洗浄しているかいないか”の違いとのこと。加熱して食べるつもりなら”加熱用”のほうが風味が残っていておいしいんですね~。

「あ~、知って得した!」の一つでした^^。

ですから今回はちゃんと”加熱用”です。

ちゃんと一番ダシをとってから、自然な味で炊き上げました。

やっぱり家で作った炊き立ての炊き込みご飯はおいしい~!

娘(2歳)は”白いご飯のほうがいい~~~!!”でしたが・・・(^-^;。

夫は喜んでおりました。

大人の味ですネ。

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在54位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます。

| | コメント (4)

2006年10月30日 (月)

秋刀魚のシソロール天ぷら

Img_2844 写真は『秋刀魚のシソロール天ぷら』です。

秋刀魚を三枚におろし、小骨を抜いて、皮をはいだものを切り、中にシソを巻いて爪楊枝でとめて天ぷらにしたものです。

さんま3尾分、材料費約280円

夕方スーパーに行ったら、鮮魚が激安でした・・・。

小骨を抜くのがちょっと(かなり)面倒ですが、この値段でこのおいしさならちょっとの手間もOK~!です^^。

あらかじめ下味をつけておくこと、シソを巻いて薬味効果発揮、で臭みも感じず、とっても食べやすいです。

爪楊枝がついているので、手でつまめるお酒のおつまみにもいいかも?

--------------------------------------------------------

さて、ようやく風邪が治って「ほっ」と一息~。

と、思ったのもつかの間・・・。

やることめちゃめちゃたまってる~~~~!!

と悲鳴を上げてます(; ;)。

この二日間が勝負・・・。

乗り切れるでしょうか・・・。

11月2日は娘の幼稚園入園面接(受験?!)。

幼稚園が少ないエリアなので、入れないと困るし、併願はできないようにできているので、前日は願書をもらいに朝から並ぶのだそうです?!知らなかった~。

そして、11月2日面接が終わったら、娘の七五三の写真撮影・・・。

そして、週末は自分の受験・・・・。

ここに日常の生活とお仕事が・・・・(汗)

ひたすらがんばります・・・・。

【さんまのロール天ぷら・レシピ】

① 秋刀魚は三枚におろし、小骨を抜いて、皮をはぎ、1尾分をそれぞれ 1/4 の大きさに切る。生姜のすりおろし、酒、醤油で下味をつけておく。

② ①のさんま1枚に対して、シソ1/2枚を内側に乗せ、しっかりと端から巻き、最後に爪楊枝で留める。

③ 小麦粉に冷水を入れて天ぷらの衣を作り、②をくぐらせて、180度の油でからりと中に火が通るまで揚げる。お好みでレモンを添えてどうぞ。

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在57位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます。

| | コメント (2)

2006年10月29日 (日)

一鍋で二味。ビーフシチュー&ポークカレー

Img_2816 手抜きが続いております(^-^;。

今日のお昼は、同時進行でカレーとビーフシチューを作りました。

玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ・・・。

使う材料がほぼ同じなので、野菜をいっぱい切っておいて、ぐつぐつ。途中で鍋を分けて、片方をデミグラスソース、片方をカレールーにすれば、2品完成(^0^)。という訳です。

どちらも作りおくと簡単にお昼、夜の1品にできたりするので、余力が無い時は重宝します。

ビーフシチューのほうには、トマト、赤ワイン、セロリのすりおろしなんかをたっぷり入れて、味に深みをプラス。

カレーのほうはスパイスをプラスして。

Img_2819 冷蔵庫で寝かせておけば、明日のお昼もOK~♪

休日のお昼は、こんな感じで過ぎ去ります。

ちなみに、これは夫の提案。

夫婦で風邪をひいて、買い物もちょっとつらいので、明日も具合悪くってもしのげるものを・・・。ということでした。

本当はさっぱりとした楚々としたお粥やら野菜の煮物を添えたいところですが・・・。

現実はこんな感じ(^-^;?。

ポイントは、「手軽に!」のメニューでした。

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在51位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます!

| | コメント (0)

2006年10月28日 (土)

生にんじんドレッシング。

Img_2801 なかなか風邪が治らずに苦しんでます・・・(; ;)。

喉は痛いし頭は痛いし、抵抗力が落ちているのでしょうか・・・。

昨晩は具合が悪いから・・。と出来合いのものを購入してみたものの、家族でげんなり・・。

どんなものでもいいからお家のものがいい!

ということで、本日はパスタ&生野菜サラダ&フルーツ(梨とパイナップル)。

野菜の切り方も適当ですが、せめてもドレッシングは手作りで(*^-^*)。

Img_2798

生のにんじんをすりおろし、オリーブオイル、レモン汁、塩、刻み玉ねぎでさささっと作りました^^。

先日、夫が海の精さん(塩の会社)の講演会で、石原結實(ゆうみ)氏(お医者さん)のお話を聞いてくる機会がありました。

その中で、”癌の予防にはとにかくリンゴとにんじんが良い”ということを聞いてきたので、にわかに・・・。というのもあります^^;。ははは・・・。

でも、生ドレッシング、おいしいです。

家で作ると、食べ切りの量で作れるので、冷蔵庫の在庫を増やすこともなく助かります。ドレッシングの使いかけの瓶って、ついつい食べそびれちゃうのですよね~。

そして、お昼はこちらも苦肉の策。

冷蔵庫にある野菜で、とりあえず・・・。で作った『中華あんかけ粥』です。

Img_2795 お粥を炊いて、別に作った中華あん(野菜炒めを中華あんでまとめたもの)を載せました。

中華丼のお粥版って感じ?!

数日間具合悪いと、元気が何より・・・。とあらためて思います。

夫が熱がありながらも台所に立つ私を見て一言。

「なんだかんだ言っても、自分で料理を作っているほうが落ち着くんでしょ?」

う~ん、確かにその通り。

夫がいろいろやってくれるのは嬉しいけれど、どこかやきもきしている自分が(^-^;。

夫は何でもてきぱきできるのですけれど・・・。

早くこのひどい食生活から脱したい、という一言でしょうか。

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在51位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (2)

ししゃもの焼きびたし

Img_2737 ”ししゃも”を焼いて、野菜と一緒に焼き浸しにしました。

さつまいも、長ネギ、玉ねぎ、かぼちゃ、などなど、その時々であるものを一緒にいれます^^。

ししゃも(メス)を食べた時の、あの歯ごたえがなんともおいしい~。

今回使った”ししゃも”は普通にスーパーで売っている「キャペリン」という樺太ししゃもですが、北海道産のししゃもは最高・・・。

お値段もかなり良いので、たま~に、たま~にですけど(^-^;。

(8尾で900円くらい・・・?)

健康のために、できるだけ”酢”と”魚”を食べたいな~と思っているのですが、ついつい安易にこういった焼き浸しやら南蛮漬けやらを作っているような気がします。。。

おいしいから、いいかな・・?

【ししゃもの焼き浸し・レシピ】

①野菜は適当な大きさに切り、アクを抜き、良く水気を切っておく。小鍋にだし汁100cc~150cc、はちみつ(砂糖)大さじ1、酢50cc、醤油小さじ1を一旦沸騰させておく。(漬け汁の味はお好みで調節を)

②ししゃも、野菜は両面をグリルで焼いて火を通し、熱いうちに①の漬け汁に浸す。

*ししゃもは塩分があるので、塩は控えめにしたほうがおいしくいただけます。

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在54位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

あ、一瞬、50位以内に入りました~!一瞬でも嬉しい^^。

| | コメント (0)

2006年10月26日 (木)

さんまのつみれ汁

Img_2788

(←ひどい写真&料理ですみません・・。お味はおいしいんですョ・・・

風邪をひいたり、具合が悪い時痛感すること・・・。

『母業。休みなし~(涙)』

です。

夜になってようやく熱も下がり始め、頭痛も落ち着いてきたものの、具合悪くて床を這うように移動・・・。(振動がくると頭が痛いので)

娘(2歳)はここぞとばかりに、

『ぎゃ~~、ぎゃ~~!!あれが嫌~、これも嫌~、あれがいい~!!』

と困らせてくれます。

今朝はあまりの傍若無人ぶりに、温和なパパもついにきれ、娘しかられてました(^-^;。

魔の二歳児とはよく言ったものです。

こんな時はご飯を作るのも一苦労なのですが、なにしろ「お腹すいたよ~、ママ~」の声には勝てません。

昨晩は、『根菜たっぷり煮込みうどん』で逃げ、今夜は『秋刀魚のつみれ汁』でしのぐことに。

秋刀魚のすり身200gに、味噌小さじ1/2弱、長ネギのみじん切り5cm分、片栗粉大さじ1、酒、生姜少々を加えてよ~く練って沸騰した野菜汁の中に入れていくだけです。

ふんわりとやわらかくて食べやすいのと、ダシが出るから昆布を入れておけばダシをとる必要もないので、お手軽、しかも体があたたまります^^。そうそう、食べる時はたっぷりと生姜を!

後はとりあえず、ご飯は炊いて、買ってきたお刺身・・・、野菜とお肉の炒めたもの・・・。作ってあったかぼちゃの煮物、なんとな~くごちゃごちゃ出して間に合わせました。

よっぽどでない限りは、夫と娘に、1品でも温かいものを出してあげたいなあ、と思うのですが、当の夫も娘もま~ったく気にしないタイプのようで嬉しいやら悲しいやらです(^-^;。

(↑娘は、外でラーメン食べさせてもらったほうが”ラッキー”って感じみたい。夫は何でもいいから、家にあるものを食べるのが好きらしい・・・。)

母が報われる時はくるのかしら~。

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在52位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (6)

2006年10月25日 (水)

粒あん、作り中。

Img_2780 実家から小豆(乾燥)を一袋もらったので、とりあえず煮てます^^。

今朝はとっても寒かったので、大好きな白玉でもゆでて

『おしるこ風』にしようかな~、と思っていたのですが、日中暑いくらいの日になってしまいました(^-^;。

そして、なぜか私もめずらしく頭痛がしてきて、「なんか動けないな~」と思っていたら、熱が・・・。

なので、この小豆は一旦保留です。

小豆は乾燥豆の中でも、手軽に煮ることができて、しかも、ちょっとくらいいい加減な煮方をしても失敗が無いので嬉しいところ♪

まずは『ゆで小豆』状態でお砂糖を入れずに少し取り分けて、お料理用に冷凍。

そして、残りは砂糖控えめ『小倉あん』です^^。

夏場はさんざん『寒天の黒蜜添え』に載せて食べました。

先日は『水ようかん』を作ったりと、家でのデザートになにかと活躍の我が家の『あんこ』です。

熱が下がったら、何にするか考えようっと・・・。

ひとまず⇒冷蔵庫へ^^。

今日は料理をするのもつらいので、とりあえず冷凍庫を探ってあるもので、ごはん作りです。

Img_2770 こちらは『アジのさんが焼き』。

冷凍でこの形で売っているものを焼いただけです(^-^;。

(自然食宅配で購入)

すいません・・・。

冷凍食品利用!

でも、添加物も入っておらず、シンプルな味わいは家庭的。

とってもおいしかったので、今度体調が良い時に、自分ですり身から作って見たいと思います。

後は汁物、炒め物なんかを作ってごまかすつもりです・・・。

主婦が具合悪い時。

夫も仕事が忙しい時、みんなどうやって乗り切っているのでしょう・・・?

気になります・・・。

(あ、我が家はレベルに応じて、その時その時です~!)

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在53位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (2)

2006年10月24日 (火)

「ラフランス」と「ル・レクチェ」

Img_2769 東京は一日雨です。

今日は長野の実家から、ダンボール箱いっぱいの

”洋梨”

が届きました。

写真ではわかりにくいのですが、細長いほうが「ル・レクチェ」。

ごつっとま~るいほうが「ラフランス」です。

どちらもまだまだ固いので、食べるのはちょっと先になります。

洋梨は、なぜか冷蔵庫(低温)で熟成させてから食べるのです。

黄色くなって、果肉がとろり、とすると、それはそれは芳醇な香りです♪

1箱たっぷりあるので、今年は赤ワインを使ったコンポートなどいろいろ試してみる予定(^-^)。

洋梨はここ数年来の父の自信作です。

もうしばらくすると、今度はいよいよ『リンゴ』の季節。

実りの秋は幸せいっぱいです。

Img_2761 ------------------

さて、写真は私の本日のお昼。

単なる炒め物、

『レタスと牛肉のオイスターソース炒め』。

オイスターソースを使った炒め物は簡単で失敗が無いので、頻繁に登場します。

コツは、

牛肉にあらかじめ片栗粉を混ぜた下味をつけておくこと。

これで炒めても固くならず、味もしっかりしみこんでいます^^。

また、レタスはちぎってから水洗いすると、ビタミンが流れてしまうので注意注意。せっかくのビタミン、余すところ無くいただきたいです!

お昼が終わると、「今晩のごはんは何にしよう・・・。」と、一日中「食事メニュー」のことを考えている気が・・・^^;。

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで現在55位!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (0)

2006年10月23日 (月)

ロールキャベツ入りシチュー。

Img_2746 本日の私のランチ。

『ロールキャベツ入りシチュー』

です。

ホワイトソースで煮込んだとろとろシチュー^^。

雨の日にはぴったり♪

こういった牛乳たっぷりのメニューの時、乳製品(にも)アレルギーのある娘のお皿はどうするの・・・?

と、聞かれたりしますが、できるだけ『似たものメニュー』を用意します。

しかも、大人のお皿より、娘の料理のほうに、”ちょっとだけ娘にとって豪華品”を入れて、気持ちも満足をねらいます。

たとえば・・。

今日は、同じ『クリームシチュー』。

豆乳を使うこともありますが、今回はSB食品さんで販売している、5大アレルゲン除去の「クリームシチューの素」を活用させてもらいました^^。

Img_2752

普段はできる限り一から手作りで、添加物が入らないように気を使いますが、こういう場合、多少の添加物には目をつぶっちゃいます。

(添加物によっては、ぶつぶつがでるもので・・・)

(と言っても、SB食品さんのこのシリーズ、原料にも配慮していてほとんど添加物も使っていませんが。。。)

見た目といい、香りといい、ほとんどわからないくらい『クリームシチュー』。

今はいい時代になったな~、とメーカーさんにも感謝です。

ちなみに、いろいろなアレルギー食品メーカーでもホワイトルー(ぺプティ)が出ていますが、使いやすさではSB食品さんのものが一番です!

大人の分はロールキャベツですが、娘の分は『ウィンナー入り』。

ウィンナーが入っていることで、周りの野菜も食べてくれるので(^-^;。

さあ、午後から一仕事です~。

お腹がいっぱいになると眠くなるのはなぜでしょうか・・・?

★ブログランキングに参加してます。↓皆様のおかげで60位台になりました!一日一回応援クリックしてくださると嬉しいです(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (2)

2006年10月22日 (日)

ふんわり、レアチーズケーキ

Img_2724 先日の『抹茶ムース』にひき続き、スプーンですくって食べるやわらかいデザートです。

(抹茶ムースはこちら。http://riezon.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_3cbd.html

夏にいっぱい作っておいた、手作りの国産ブルーベリージャム&ソースを使った

『ブルーベリーレアチーズケーキ』

です。

Img_1896_1

クリームチーズ、生クリーム、ヨーグルトが中途半端に作っていたので、家庭使いのデザート用としてさささっとつくりました。

(ブルーベリージャムはこちらから:http://riezon.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_1d5f.html#comments

しっかりと煮沸してあるので、ほぼ1年間は保存でき、来年の収穫期まで楽しめるのが嬉しい♪

できるだけラフに食べる感じで・・・と、大きなガラスの器に作って、スプーンで大胆にすくって盛り付けて食べます。

仕上げはお好みでシュガーパウダーをサラサラ。

ケーキのようにカットするのと比べると、見た目はいまひとつですが、おうちで食べる分には充分。そして、ふんわり感がおいしい(^0^)。

ガラスの器に作ったところは、なぜか写真が消えてしまいましたが(涙)、一人分ずつグラスなどに作ってもOKです。

ふんわりとやわらかい食感は、ティラミスに近いかな・・・?Img_2654

先日読んだ『読むだけダイエット』という本で、やせるためのステップの一つに、

”おやつは一日一回好きなものを”

”必ずお皿にきれいに盛り付けて食べる”

(コンビニで買ったものでも何でも)

とあったので、なんとなくダイエットの私としては、とりあえずお皿に盛り付けて・・・。

と自分なりのお茶タイムを楽しんでおります^^。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

昨晩は大学時代の先輩の結婚式の二次会にお邪魔し、楽しいひと時を過ごしてきました♪

でも、朝はちょっと飲みすぎて胃腸が思い感じ・・・。

朝ごはんはさっぱりと、『おかゆ』『鰯の丸干し』で地味~にたべました。

こういう時のお粥っておいしい!”日本人~”と自分が思うひと時でした。

(梅干は実家製、2年物です!)

Img_2729 Img_2735

★ブログランキングに参加してます。↓励みになりますので応援クリックお願いします(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

★後から追加記事★

【ふんわり蜂蜜レアチーズケーキ・レシピ】

材料

・クリームチーズ   150g

・生クリーム     100cc

・はちみつ      50cc

・プレーンヨーグルト 100cc

・ゼラチン       4g

・はちみつ       大さじ1~2

・レモン汁       小さじ2

・ブルーベリーソース  適量

・ケーキスポンジ    適量(市販品でもOK)

作り方

①ケーキ型にスポンジを敷き詰め、ブルーベリーソースをぬっておく。ゼラチンは大さじ2の水でふやかし、電子レンジで10~20秒加熱して溶かしておく。クリームチーズは電子レンジで約30秒加熱し、柔らかくしておく。

②ボウルにクリームチーズを入れて良く練り、蜂蜜50cc、ヨーグルトの順に加えて良く混ぜる。8分立てに角が立つまであわ立てた生クリーム、レモン汁を加えて更にあわ立て機で良く混ぜ、①のゼラチンを加えて混ぜる。

③スポンジを敷いた型に②を流し入れ、2時間以上冷やし固める。お好みで上に冷凍(もちろん生でもOK!)ブルーベリーをちらして出来上がり。

*ゼラチンの量はお好みのやわらかさで加減してください。この分量だと、ケーキ型に入れて切り分けるにはやわらかすぎますので、その場合はゼラチンを増やしてくださいね。

*今回はブルーベリーソースの水分が多い特徴を生かして、スポンジ生地にシロップをしみこませる代わりに、直接ソースをぬることでしっとりとしたスポンジ台にしてみました。お好みで、スポンジなしで、上からブルーベリーソースをかけてもOKです。

| | コメント (1)

2006年10月21日 (土)

アジの南蛮漬け。フライパンで。

Img_2696 土曜日お昼のランチ。

冷蔵庫にあるものを総動員して、ようやくおかずが一品^^;。

冷凍してあった、アジの三枚おろしを使って、

『アジの南蛮漬け』にしました。

今回はちょっと洋風?南蛮漬けで、アジはオリーブオイルでソテー。

(お昼から揚げるのはちょっと面倒だったので、フライパンで簡単に!)

そして、ビネガー、ベランダハーブ、メープルシロップ、塩のみで南蛮酢を作りました。

残り物で作った割にはおいしい~(*^-^*)。

娘とパパは午後からおでかけ。

そして、私は大好きな先輩(女性です・・。念のため)の二次会に夕方からおでかけ。

せめて昼ごはんは家族で・・・。と、寄せ集めの一品です。

メープルシロップで作ると、ほのかな香りが残ります♪

【アジのメープル南蛮漬け・レシピ】

①三枚おろしにしたアジに、塩、こしょうをし、小麦粉を薄くまぶす。熱したフライパンにオリーブオイルを敷いて両面かりっとソテー。(もちろん揚げてもOK)。お好みの野菜もオリーブオイルでソテー。(火が通りにくいようなら蓋をして蒸し焼きにすると良い)

②小鍋に水(150cc)、白ワインビネガー(50cc)、塩、メープルシロップ10g~15gを入れて沸騰させておく。

②三枚おろしにしたアジに、塩、こしょうをし、小麦粉を薄くまぶす。熱したフライパンにオリーブオイルを敷いて両面かりっとソテー。(もちろん揚げてもOK)。お好みの野菜もオリーブオイルでソテー。(火が通りにくいようなら蓋をして蒸し焼きにすると良い)

③お好みのハーブと①をバットに移し、熱いうちに②を注ぎ込んで出来上がり。

*野菜は玉ねぎ、長ネギ、にんじん、いんげん、さつまいも、かぼちゃ、などなどお好みでどうぞ。

★ブログランキングに参加してます。↓励みになりますので応援クリックお願いします(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (1)

2006年10月20日 (金)

残りごはん活用2品。さらさらごはん。

Img_2676 今夜も夫はお外でごはん。

ちょっと寂しいですが、本日はちょっと助かった~^^。と手抜き手抜きです。

理由は、明日、学生時代の先輩の結婚式二次会に参加予定なので、あわてて着ていく着物のチェック!

ここ数年は、できるだけパーティーなど許される範囲で着物を着ていくことにしているのです♪

と、言っても私は「着物に慣れている」訳では決してありません・・・。

大人になってから、しかも結婚してから、なんとなーく手持ちの着物数枚を着るようになっただけの初心者です。

(もちろん、着物を着て普段過ごすような雅な環境に育ったわけではありません。が・・・。母は趣味で”古布”のお店を田舎で営んでます^^。)

着付けはちゃんと習ったわけではありませんが、一応お太鼓結びなら一人で無理やり着れる感じ。

なので、前夜は”練習?”というか”確認”が必要なのです~。

↑ここまで、本日の『手抜き』の言い訳でした(^-^;。

Img_2689 上の写真は、残っていたごはんを使って

『えび入り中華粥』。

そして、下の写真は、ごはんに昆布だしをかけて、三つ葉を散らし、その上に『胡麻だし』なるものを載せただけの

『お茶漬け?』です。

この『胡麻だし』。

本日お仕事の関係の人からいただきました^^。

瓶に入っていて、胡麻とサバ節粉末を練った天然の”だしペースト”のような食べ物です。(写真の味噌みたいなものです)

私は生まれて初めて食べたのですが、

これがおいしい~~~~!!んです。

どこかの地方の特産なのでしょうか・・・?

これだけでお茶漬け、うどん・・・・ずいぶん楽しめそうな味でした^^。

画面でお伝えできないのが残念デス・・・。

たぶん、俗に言う「おやじ好みの味」といったところです。

そんなこんなで、後は野菜炒め、野菜のスチームで超簡単ごはん。

料理が大好きだって、こんな(ひどい)メニューの日だってあるものです。(私だけ・・・?)

レシピ、というほどのものは無いので、記載は特別しませんが、中華粥はちょっと疲れた時にオススメです。

コツは、「干し貝柱」と「ごま油」「干ししいたけ」を使うこと。これで、びっくりするくらい旨みが出て、なぜかどんな作り方をしても”中華味”となります(*^-^*)。

さあ、これから明日の着物着付けグッツチェックです♪

お嫁さんの幸せオーラを分けてもらってきま~す♪

★ブログランキングに参加してます。↓応援クリックよろしくお願いします(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (0)

豚ヒレ肉のケチャップソテー。娘のごはんお手伝い。

Img_2641 最近、夕食の用意をしていると娘(2歳)が、

”がったん!ごっとん!”

と椅子を自分で引きずってキッチンにやってきます。

嫌~な(いえ、嬉しい・・)予感。

そう、自主的にお手伝いに来てくれます。

「タマちゃんもやる~~!!」

タマちゃん、は仮名です^^。夫が、娘がいたずらをすると『名前をタマ(猫の名前をイメージ)にするぞ~』と言って以来、なぜかいたずらした時の呼び名に定着したのです)

先日はついに包丁デビュー。

きゅうりの輪切り(幅2cm・・・)、お豆腐(形は台形、ひし形に近し)を切ってくれました。

お気に入りは、おにぎりを作って、のりを巻くこと。

でも、娘の目的は『お腹がすいている時に、その場でお味見と称して食べちゃえること』です^^;。

なので、娘料理の写真はありません。

タマちゃんのお腹の中です。

こんな夕食準備風景なので、更にスピード料理になってきました。

写真はあっという間にできる、ポークソテー。

ケチャップ味はめったに登場しませんが、たまには子供向けに^^。

簡単なので、お弁当むきです♪

【ケチャップ味のポークソテー・レシピ】

①豚ヒレ肉(4人分・約300g)は食べやすい大きさに切り、たたいてうすく延ばし、塩、こしょう、小麦粉をまぶす。

②フライパンに油を熱し、①をソテーし、蓋をして中まで火を通す。赤ワイン大さじ2を加えて一旦アルコール分を飛ばし、ケチャップ大さじ3、ソース大さじ1・5で味を整える。

*味のかげんはお好みでどうぞ。

★ブログランキングに参加してます。↓応援クリックよろしくお願いします(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

おかげさまで、70位代に入ってました~!

| | コメント (0)

2006年10月18日 (水)

簡単。ちょこっとおもてなしの二品。

Img_2652 本日は娘の幼稚園の説明会でした。

秋口になって急に”幼稚園どうしよう~”とあわてて初参加です。

とても良い雰囲気の園で、入園できるかは別として、

『ここにき~めた』

と勝手に思って帰ってきました^^。

ついでに、私の短期大学(栄養学科)の受験見学なんかもしてきちゃいました^^。

(入れるかは全く別ですが・・・)

なんとなく充実した一日。

Img_2684 -----------------

料理の写真は週初めに作ったものです^^。

★『レンコン入りすり身のいくら添え』↑

★『カマンベールフォンデュ』←

です。

どちらもちょっとしたおもてなしの小さな一品に使えそうな感じです。

このカマンベールフォンデュ、レンジで2分程度加熱するだけなので、あっという間にできちゃいます。

七五三など家族が集まったごはんに、野菜スティックのディップ代わりにしてみようかな、と思ってます。

熱々のちーずがとろ~り野菜に絡まって、最高~♪

★ブログランキングに参加してます。↓応援クリックよろしくお願いします(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (9)

和スイーツ。抹茶ムース寒天。

Img_2663 昨日から、ココログさんのメンテナンスで記事の更新ができなくなっていましたが、ようやく使えるようなので、早速アップ^^。

(ココログさん、いつも楽しませていただいてありがとうございます~)

写真は

『和風抹茶ムース』です。

これ、実はゼラチンではなく、寒天を使って作ったんですよ~♪

自分ではめずらしく自画自賛のできばえでした。

なぜかというと、

ゼラチン:ふわふわとろとろに仕上がりやすい。&冷やすと固まる。

寒天:わりとしゃりっとした食感。&常温で固まる&煮溶かす必要あり。

なので、普段は便利な寒天の『常温で固まる』特製があだとなり、なかなかホイップしたクリームと合わせたりが難しかったんです。

で、今日はそこらへんを克服し、寒天を使ってふんわ~りした食感、しかもおいしくできたので嬉しい(*^-^*)/~。というわけです。

”無理して寒天で作らずに、ゼラチンで作れば・・・?”

と、言われそうですが、まあ、そこは訳ありなのですョ。

レシピを作る時、『使って良い食材の制限』があることがままあるのです。

Img_2656_1 今回は、←写真のように大きなガラスの器に作り、スプーンですくって大胆に?盛り付ける方法にしました。

もちろんちゃんとケーキ型やプリン型、グラス型に作ってもOKです。

飾りには、黒豆、栗の甘露煮を添えて、抹茶を上からサラサラ・・・。

抹茶ムースの下には、カステラをコアントロー風味のシロップで浸したものが敷き詰めてあり、味のアクセントとなります。

試作がうまくいくと、本当に嬉しいです♪

【寒天でふんわりムースのコツ】

①寒天の量をぎりぎり少なく。

②生クリームをホイップして、ゆるゆるの温度のところで寒天液といっきに泡だて器で混ぜ合わせる。(手早さがポイント)

↑これを使って、いろいろな寒天デザートを作れそうで、今から楽しみです。

お菓子を作ると、ちょっと良い一日の気分なのはなぜでしょう・・・(^-^)。

(娘をお迎えに行かなければ・・・。で、レシピ書く時間がなくなってしまいました・・・。レシピはまた後で更新しておきます。すみません)

★ブログランキングに参加してます。↓応援クリックよろしくお願いします★

http://blog.with2.net/link.php?229588

いつもありがとうございます♪

| | コメント (1)

2006年10月17日 (火)

白身魚入り湯豆腐&いくらのおろし和え

Img_2618 そろそろ鍋物やあったかいスープが恋しくなってきました。

早速土鍋を取り出して、『湯豆腐』です^^。

ちょっと欲張って、白身魚と春菊も入れ、ポン酢でさっぱり!

さて、最近お買い物をしていて感じること。

『なんか、お魚高い~!』

です。

秋刀魚などは今は結構安いのですが、それ以外はかなりお高い。

先日新聞にも、世界の魚需要が高まり、日本が買い負けすることも多く、『魚の値段が上がってきている』と書かれていましたが、実感です。

生の鮭、タラ、新鮮なアジ・・・と、どれをとっても家族分買うと結構なお値段。お肉をメインにした時と比べても、やっぱりちょっと高めです。

我が家の場合は、アレルギーの娘にも配慮して、安くっても同じ魚ばかり食べさせるのはタブー・・・。特に青魚は要注意なのです。

でも、健康のためにも、できればお魚はできるだけ多めに取り入れたいので、いろいろ工夫調理。主婦の腕のみせどころですヨネ!

Img_2631 ←むしろ『いくら』のほうがお手ごろ価格?!

えのきと大根おろしで増量した

『いくらとえのきのおろし和え』

です。

柚子の香りが特徴です♪

★ブログランキングに参加してます。↓応援クリックよろしくお願いします★

http://blog.with2.net/link.php?229588

| | コメント (1)

2006年10月16日 (月)

レシピ原稿の書き方。さつま芋とかぼちゃのメープル炒め。

Img_2611

仕事で、レシピ原稿を書くことがあります。

(写真は、私の書いた元原稿の例です。お恥ずかしいですが・・・。)

そして、以前会社勤めをしていた時は、いろいろなお料理の先生やアマチュアの方が書いたレシピを拝見する機会に恵まれました。

今の時代、パソコンでしょう~!

と、思いますよね?

でも、手書きの方なんかもけっこういるんですよ(^-^)。

(プロの先生も含めて)

そして、パソコンで送ってくださる方の中でも、書き方は千差万別。もう、メモに近い感じ?のものもあれば、丁寧にワードで作って、メールで添付してきてくれる方。

例えば、「材料」と「作り方」を分けて書いてあるか否か、また、調理の表現をどうするかなどなど。

そして、私がこういった原稿をいただき、カタログ制作をする中で思ったことは、

『書き方、より料理の内容が大切だな』です。

当たり前。。。ですね^^。

ただ、自分でレシピを書く場合は、できるだけ編集する人も”見やすい”ことを心がけております。多くの場合、レシピを作って、それを編集、校正してくれる専門の方がいます。

でも、その専門の方だって、わかりずらい原稿を読み解くのは大変なはず・・・。私自身、手書きで書かれて、ファックスでつぶれてしまった文字の解読には苦労したことがありましたので(^-^;。

どういう原稿が理想形かはわかりませんが、やはり雑誌や本で書かれている形がみやすいのは当然。そこに可能な範囲で近づけて書きたいと思うのでした。(これは今後も自分の課題デス)

料理の内容もしっかりしていて、しかも原稿自体読みやすいレシピを作れるようになるために、日々精進です(*^-^*)。

Img_2637 -------------------------

←は、さつま芋とかぼちゃがちょっとずつ余ってしまったので、きんぴら風に炒めました。

メープルシロップで風味を付けてありますが、いちおう”おかず”です^^。揚げていない分、大学芋よりヘルシーでしょうか・・・・?

【さつま芋とかぼちゃのメープル風味・レシピ】★簡単

①さつま芋(小1本)、かぼちゃ(1/8個)は適当な大きさに切る。できるだけ同じ大きさにそろえると火の通りが均一になります。

②フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を熱し、中火で①を炒め、全体に油がまわったら弱火にして蓋をし、かぼちゃに竹串が通るくらいまで約10分程度加熱する。(加熱しすぎると崩れてしまうので少々固めでストップ)

③②にメープルシロップ大さじ1、醤油大さじ1・5~2を加えて弱火でからめて出来上がり。お好みで胡麻、クルミなどを添えても。

*醤油、メープルシロップはお好みで。我が家は薄味で、メープルシロップ(小さじ2、醤油大さじ1・5で仕上げました^^)

★ブログランキングに参加してます。↓応援クリックよろしくお願いします★

http://blog.with2.net/link.php?229588

◆◆◆

比較.comで簡単スクール選び!資格と講座の資料を無料で一括請求

| | コメント (2)

おから団子の治部煮風。乳、卵不使用!

Img_2577 おからをたっぷり使った肉団子入りのほかほか根菜汁です(^-^)。

おからを、肉団子としてまとまる”ぎりぎりの量”まで入れているので、かなりやわらかいのですが、逆に子供にはとても食べやすい一品です。(お年寄りにも優しいかな?)

肉団子の中には、刻んだ長ネギ、ささがきごぼうもひそませて、野菜嫌いの子供にもおすすめ。

我が家の娘もこれにはだまされて?ぱくぱく食べました♪

もちろん、乳製品、卵不使用です^^。

おからのしっとり感が、卵を入れなくても肉団子をふんわりさせてくれます。

つなぎの卵って、1/2個とかだと、残ると面倒。でも、これだと作るのもらくらくですョ。

【おから団子の治部煮風・レシピ】

①おから100g、豚挽き肉200g、長ネギのみじん切り10cm分、ささがきごぼう10cm分(アクをぬき、水気を良く取る)、片栗粉大さじ1、塩、生姜、醤油少々を加えてよくこね、3~4cmの小判型に丸める。フライパンに油を熱し、両面を焼く。(*崩れやすいので、やさし~くひっくり返してくださいね)

②鍋に油を熱しお好みの根菜を炒める。(ごぼう、にんじん、大根、レンコン、長ネギ、さつまいもなど)。だし汁を野菜がひたひたになるくらいまで注ぎ、根菜がやわらかくなるまで煮る。

③ ②に①の肉団子を加えて、軽く煮て、醤油大さじ4、みりん大さじ2、砂糖大さじ1で味を整え、仕上げに水溶き片栗粉大さじ1~1・5でとろみをつけて出来上がり。(*味はだし汁の量によって違うので、お好みで調節してください)。柚子の皮、生姜のすりおろしを添えて出来上がり。

*風邪を引いたときは、あつあつに柚子と生姜をたっぷり添えてどうぞ!

★ブログランキングに参加してます。↓応援クリックよろしくお願いします(*^-^*)★

http://blog.with2.net/link.php?229588

| | コメント (0)

2006年10月14日 (土)

30歳のお誕生日。栗付き水羊羹。

Img_2600 10月15日。

本日で、ついに三十路に入りました。

写真のお花は今朝、夫の勤めている会社からプレゼントとして届きました(^-^)。

”ご家族の日頃のご協力に感謝します”みたいな意味合い。

それにしても、

うーん、30代!

もう、大人ですね・・・。

20代は、怒涛のようにいろいろなことがあり、その度に家族や周りの人たちに助けられてここまできた気がします。(人生びっくりするくらいいろいろなことがありますヨネ)

30代になった私の目標は、今度は少しでも自分がいろいろな人のお役に立つことです(*^-^*)。

と言っても、「私らしく生活していく」中で、できること・・・ですが。

30になって、ようやく自分の進むべき道もはっきり見えてきて、「よし、もう一がんばり!」などと思ってます。

母親としても成長し、妻として、一人の大人としても成長できる年にしたいなあと思います。

女の人の30歳って、「あ~あ」みたいなマイナスイメージがありますが、実感としては人生まだまだこれからって感じ^^。思ったより良い感じでした。

Img_2582 お誕生日とは関係ありませんが、なぜか

『栗と粒あんの水ようかん』を作りました。

水ようかんの時期もそろそろ終わりですが、普通のようかんの詰まった感じより、実はあっさり水ようかんの方が好きなので、年間通して作ってます^^。

こちらは、栗の甘露煮を横半分に切ったものを上に載せました。

家庭用なので、ガラスのパウンドケーキ型に入れてざっくりと切っていただきます。

Img_2597

食事の用意をしながら作っておくと、デザートを食べる頃にはちゃーんとできてます。寒天って便利!

作り方はこちら↓です。

【栗と粒あんの水ようかん・レシピ】

①栗の甘露煮5粒は横1/2に切って水気を切っておく。

②鍋に粒あん(砂糖も入ったもの)300g、水250cc、粉寒天2gを加えて、餡をとかすように良く混ぜる。中火にかけて混ぜながら、沸騰してから3分程度煮て寒天を溶かす。

③器に②を静かに注ぎいれ、7割固まったところで①の栗の甘露煮を静かに表面に載せる。冷蔵庫で冷やしてお好みの大きさに切り分けて出来上がり。

*中に栗を入れてもおいしい。

*お好みでこしあんでもOK。

『ブログランキング』に参加してます。よろしかったらクリックお願いします(*^-^*)。↓

http://blog.with2.net/link.php?229588

◆◆◆

比較.comで簡単スクール選び!資格と講座の資料を無料で一括請求

| | コメント (6)

常備菜『ひじきの炒り煮』。

Img_2567 一晩寝込んで、ようやく風邪から復活です。

具合が悪い間は料理どころではないのですが、回復してくるとそろそろと台所に立ち始める・・・。不思議です。

私が寝込んでいると、「夫が買ってきてくれたもの」メインとなってしまうのがつらいからかもしれませんが(^-^;。

(娘を連れ出してくれたり、買い物してきてくれたり・・・。もちろん夫には感謝ですけど!)

やはり外食、お惣菜などなど販売用に作られた味は長く続くと飽きてきてしまうし、野菜の不足も気になるからでしょうか?

買い物に行く元気はないので、おうちに常備してある乾物で一品。

『長ひじきの炒り煮』です。

ひじきは娘もちゃーんと食べるので、作る頻度の高い小さな一品です。

その時その時ある具を入れて、簡単なのが魅力です^^。

【ひじきの炒り煮・レシピ】

①乾燥長ひじき20gはたっぷりの水に15分程度つけて水戻ししておく。にんじん3cmは千切り、干ししいたけも水戻しした後、細かく切っておく。油揚げ1/2枚は油抜きし、3mm×2cm程度に切っておく。

②鍋に油大さじ1/2を熱し①のにんじん、ひじき、しいたけ、油揚げを加えて炒める。だし汁(しいたけの戻し汁使用)100cc、みりん、砂糖各大さじ1、醤油大さじ1・5を加えて軽く煮詰めながら炒り煮にする。

*大豆の水煮、いんげんなどを加えてもおいしい。

*醤油、砂糖の加減はお好みで。

『ブログランキング』に参加してます。よろしかったらクリックお願いします(*^-^*)。↓

http://blog.with2.net/link.php?229588

| | コメント (0)

2006年10月12日 (木)

トマトカレー。風邪ひき中・・・。

Img_2564 季節に先がけて風邪をひきました・・・。

娘の通っている保育園ではやっているそうで、喉、鼻がひどくて、ひどくだるいです(; ;)。

うっかり耳鼻科に行ったら、2時間待ちでした・・・。

さすがに今日は、自分は果物やら水っぽいものばかり欲しいところですが、娘にはとりあえず、ごはん食べさせなくっちゃ・・・。

ということで、野菜とお肉を効率的に食べられるもの、簡単にカレーです^^。

Img_2545 ★本日は←写真の『印度の味』というカレールーを使用。成城石井で650円くらいでした。普段はスーパーのルーORカレー粉で家で作りますが、今日はちょっと贅沢?!ベジタリアンカレーということで、乳、卵成分一切なし。というのが我が家には嬉しいところでした^^。

お味は・・・?普通です。

それにしても

最近カレーの頻度が多いような・・・・。

まあ、気にしないことに・・・・。

今日は仕事は早々に片付けて、早く寝ます。

おやすみなさい~。

| | コメント (0)

2006年10月11日 (水)

常備菜『おからの炒り煮』。

Img_2557 今日は所用があって、恵比寿にあるお料理教室さんにちょこっとお邪魔してきました。

明るくって清潔なキッチン。雰囲気の良いひろびろとしたスペース。

こんな素敵な・・・とまではいかなくっても、

「いつかこういうお料理教室で”お料理の先生ができるといいな~」

と思って胸をあたためて帰ってきました(*^-^*)。

アシスタントは成長した小学6年生の娘・・・・な~んてなったら素敵・・・。

(↑これは妄想。既に2歳にして娘はこういう(?)雰囲気ではありません)

さて、帰りが夕方になってしまったので、こんな時は『常備菜』が大活躍です。

Img_2550

写真は野菜をた~~っぷり入れた『おからの炒り煮』。

その時その時のあるもので作りますが、今回は「にんじん」「ごぼう」「長ネギ」「干ししいたけ」「油揚げ」。すり胡麻を入れるのも好きでしたが、こちらは胡麻アレルギーの娘がいるため省略。

おからの炒り具合で水分を調節できますが、我が家はしっとりタイプのおからです^^。

スーパーのお惣菜売り場にも必ず売っているのが、「おから」「ひじき」「切り干し大根の煮物」。

やっぱり定番の”もう一品”なんですね~。

買ってしまえば簡単ですが、小パックで220円くらい。おうちで作ればいっぱいできて200円~300円くらい。

しかも、手作り風のお惣菜でも、スーパーなどで売っているお惣菜には、ちゃーんと添加物が入っていることが多いんですヨネ。

できるだけ手作りで作りたいな~、と思う料理の一つです♪

| | コメント (1)

知り合いのHPご紹介。

料理の話題とはちょとずれますが、知り合いの方がHPを開設いたしました。

http://mana-yamaya.com/

MANA(マナ)

スローライフや、子供がいても働きたいママの応援、小さくても素敵なこだわりお店のショッピングモール、その他イベントの開催などのサイトです^^。

セキュリティの面から、当面はくちこみで広げて会員制とするということですが、このブログを見ていただいた方ももちろん会員登録OKです(*^-^*)。

趣味でバック、アクセサリーなどいろいろ作っている方、農産物をおすそ分け的に小さく売りたい方も、低価格でショッピングモールが開けるそうなので、どうぞご興味のある方は上記ホームページアドレスの管理人さんまでメールしてみてください。

私の実家のお店(べんがらや/古布販売)もこちらに参加させていただく予定です。

自分でHP作って、ショッピングできる用にまで・・・。というと、母や私の技術では100年かかっても無理なもので(^-^;。(ページは先方で作ってくれ、販売はそれぞれのお店や個人で運営する方法だそうです)

近いうちに、このサイトの『インタビュー』コーナーで私も紹介していただく予定です(^-^)。

また、掲載されましたらこちらで紹介させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

ちょっと、お知らせでした~。

| | コメント (0)

2006年10月10日 (火)

栗ごはん。

Img_2535 今日は『栗ごはん』です^^。

前回は、

米:もち米=2:1

の割合で作りましたが、今回は

米100%です。

うるち米だけで作ると、さっぱりした食味です。

我が家は大人2人と子供1人ですが、3合炊いてしまって、まずは普通に食べて、翌朝はおにぎりにして食べたりしております。

寒くなりだすと、『おこわ類』もたま~に作るのですが、私はもっぱら電子レンジ使用。もち米を蒸すのはどうしても手間がかかってしまうような気がして、普段の夕ごはんにはちょっと腰が重いのですが、電子レンジを使うとこれが気軽にできちゃうのです。

電子レンジでおこわを作る時のこつは、

◆といですぐに使う(吸水不要)

◆入れる具の大きさをそろえる

といったところでしょうか。

前回の栗ごはんの時にもち米を買ったので、また『おこわ』を作ろうと思ってます^^。電子レンジで作るおこわのレシピはまたその時に書こうと思います。

【栗ごはん・レシピ】

①栗は約3分間ゆでてから皮をむき、水にさらし、大きければ適当な大きさに切る。

②普通に研いだ米(3合)の上に①を並べて、みりん大さじ2、塩小さじ1・5を加えて炊飯器で炊く。

*今回はみりんを加えました。前回はお酒+塩で作りましたが、みりんのほうがほのかに甘みがある感じです。

Img_2543 Img_2540 今晩は、『栗ごはん』『肉団子と野菜の煮物』『しめ鯖』『かぼちゃの味噌汁』でごはんでした。

| | コメント (1)

ササミの竜田揚げ。+丸魚クッキング。

Img_2511 我が家は、たいてい『肉』OR『魚』のメイン+野菜。といったメニューが多いのですが、めずらしく、

『肉』+『魚』+野菜の献立でした。

運動会のお弁当に入れた”から揚げ”の最後の一個を

『パパに食べられちゃった~~(大泣)』

の娘のために、再び?『鶏ササミの竜田揚げ』です。

ササミで作ると、とてもやわらかく、子供でも食べやすいのです。

そして、シソを巻いてさっぱり。柚子の絞り汁もかけちゃいます。

揚げ物なのに、軽い口あたりが美味しい一品です。

もう一品は、当初予定していた、『アジの塩焼き』。

Img_2509

こちらは大きなお刺身用アジがとっても安く売っていたので、贅沢に塩焼きに^^。

見た目はともかく、自分でさばくので(下処理)安く手に入るみたいです。

最初は、『内臓・・・自分でかきだすの・・・どうしよう・・・」だった私も、エラも”ぐっと”平気で取り出せるようになりました^^。

これだけでも大きな進歩?!

お刺身用の魚を焼き魚にすると、夫は

「うまい、うまい」と言って、夢中で食べます。

後は野菜がいろいろあれば、もう充分満足。

今週は、少しお魚とお野菜びいきでヘルシーダイエットメニューにしなければ・・・と思ってます^^。

揚げ物はこれでしばらくお預け~。

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

オレンジ風味のクリームチーズ『ベーグルサンド』

Img_2520 大人になって初めて食べたパンのひとつ。

『ベーグル』を使ったサンドイッチです♪

中身はクリームチーズとレーズン、ナッツ類。

そして、味の決め手は”オレンジの皮のすりおろし”と”はちみつ”です。

本当にいい香りで、チーズケーキがパンになったようなおいしさです(^0^)。

今回はベーグルもプレーンタイプではなく、くるみ入り。

香ばしさ抜群。

一つ丸ごと一人で食べるのは、ちょっとボリュームがありすぎるので、カットして何人かで分けて食べたほうがいい感じです^^。

Img_2524

どなたかお泊りに来た日の朝ごはんにもおすすめです。普通のパンのラインナップに加えて、甘めの一品。

中のクリームチーズ種をフランスパンに載せてカナッペ風にすれば、クリスマスのオードブルにも使えるかな~?なんて考えてます。

| | コメント (1)

2006年10月 8日 (日)

運動会のお弁当♪

Img_2484 土曜日は娘の運動会でした。

前夜まで豪雨だったので、当日どうなるか心配でしたが、見事な晴れ。

朝からお弁当を作って、娘の活躍を楽しんできました(*^-^*)。

お弁当は、当日の朝の負担にならない程度のシンプルな内容です。

普段作りなれていて、娘の食べなれていて大好きなものばかりです。

もちろん、卵、乳製品一切不使用のアレルギーっ子OKのお弁当^^。

でも、大人も普通に違和感なく食べられる、普通のお弁当です。違うことといえば、卵焼きが入っていないことくらいでしょうか。

写真で大人2人分+子供(2歳)1人分です。

ちょっと多目・・・?

【我が家の運動会お弁当メニュー】

・2色おにぎり(昆布、紅鮭)

・おいなりさん

・サンドイッチ(ジャム&ハムきゅうり/バター不使用)

・鶏のから揚げ(醤油+酒+生姜で下味。片栗粉をまぶす)

・ウィンナー(乳たんぱく不使用/信州ハム)

・白花豆の煮物

・ミニトマト、ブロッコリー、さつま芋(蒸したもの)

・枝豆(冷凍使用)

・巨峰&梨

とっても簡単なものばかりで、ひねりがありません(^-^;。

でも、運動会は観戦が主役?なので、とにかく自分にも娘の体にも負担がなく、楽しんで食べられるものにしております。

外で食べるごはんはおいしい!

今度は普通の行楽弁当を作ってお出かけしようかな~、と思います♪

| | コメント (3)

2006年10月 6日 (金)

ブリの柚子風味蒸し物。さっぱり味!

Img_2481 国産の大きくって立派な”柚子”が売っているのを見て、ついつい衝動買いです^^。

柑橘の中でも一種独特な柚子の香りが大好きです。

今日は、ブリと合わせて蒸し物にしました。

下には長ネギをたっぷり敷いて、蒸しあがると”ふわ~~”っといい香りの湯気が立ち上ります♪

ブリは定番の照り焼きも大好きなのですが、実は蒸してさっぱりも結構好きです。

ブリのような脂がたっぷりの魚でも、柚子などの風味で臭みがなく、おいしくいただけます。

何よりも手軽なのが魅力。

下ごしらえから、出来上がりまで20分!しかも、蒸している間に他のお料理ももう一品できちゃうんですね(*^-^*)。

作り方はこちら↓

【ブリの柚子風味蒸し】

Img_2472

①ブリの切り身に塩をふり、しばらくしてから水気を押さえ、食べやすい大きさに斜めに切る(約1/3カット程度)。長ネギは斜めにスライス、柚子は半月型に約2ミリ程度の厚さに切っておく。

②皿に、長ネギを敷き詰め、その上に①のブリを並べて間に柚子をはさんでいく。酒大さじ2をふりかけ、蒸気の上がった蒸し器で約10~15分蒸す。お好みでポン酢などをかけていただく。

*昆布を下に敷いてもおいしいです。

本日の夕食調理時間、30分でした~♪

さあ、後は明日の運動会の準備のみ。

Img_2476 ←こ~んなかわいいお弁当グッツを買ってきました♪

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

明日は運動会。お弁当~。

Img_2467 娘の保育園の運動会まで、ついに残すところ1日!

この雨、雨、雨、雨、雨・・・・・。

延期になると、『お弁当』がちょっと大変です・・・。

買い込んだ食材を延期にする訳にいかないので、食べてしまわなきゃならなくなるし、また数日後に同じ食材買うのもなんとなく二番煎じな気がするし、困ったお天気です・・・。

去年は食物アレルギーがひどくって、食べれるものが少なかった娘。

お弁当もなんとかかわいく見た目をがんばって苦労しましたが、今年はそれを思えばらくらくです(*^-^*)。

超こだわりお弁当♪

を作りたいところですが、朝8時までに

娘の用意

自分の用意

朝ごはんの用意&片付け

お弁当

とやることを考えると、時間的にどう考えても厳しい!

それで結局、超定番の簡単なものにしようかと思ってます(^-^;。

娘は、「コロッケね~♪」と勝手に希望を言っていますが、

今日も忙しくなりそうな予定なので、「唐揚げでいい??」と無理やり希望を変更させてしまうダメママな私です。

嬉しいような、ちょっと不安なような、

ついに来年からお弁当生活がスタートしそうな我が家。

今は幼稚園のお弁当も「キャラ弁」などといって、みんなかわいいものを持ってくるみたいだし・・・。かなり不安です。世の中のママたちってすごい!私もがんばります。。。

でも、まずは、開催がどうなるかわからない明日の運動会のお弁当の食材の買出しにいってきます~。

Img_2468_1

| | コメント (0)

鰹節。だし汁のおいしさ。

Img_2463 以前もブログに書きましたが、仕事柄なにかと食べ物をいただくことが多い我が家です(^-^)。

これは、鰹節。

築地で朝削りたての新鮮さが命の削り節やら、今はちょっと珍しくなった「1本」そのままの鰹節。

全て枯節(かれぶし)です^^。

(「枯節の説明はこちらをご参照ください。ウィキペディアさんサイトより。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B0%B9%E7%AF%80

昆布と鰹でとるおだしは、しみじみおいしいな~、と思います。

顆粒だしの便利さと比べたらちょっと面倒ですが、味は別物・・・。

なぜなら娘(2歳)は、ちゃんととっただし汁で澄まし汁にすると、食べっぷりが明らかに違うのです。。。

以前、姉がアフリカのセネガルに住んでいた時、

『ねえ~、ダシがとれそうなもの、何か思いつかない~?」と電話がかかってきました。

日本では当たり前のように手に入る「鰹節と昆布」なんてアフリカにあるわけはないし、洋風に『骨』からとるのも一苦労・・・。

結局、ベーコンでも入れてみたら・・・?となってしまいました(^-^;。その後は、日本に来た時に「買出し」して、持っていったんだと思います。(もちろん顆粒?!)

そして、その後は・・・海外の食事にすぐに馴染んでしまう姉は、ほぼ現地の料理と同じ味で過ごしたのだと思います・・・。

↑って考えてみると、日本の鰹節と昆布のダシって、とるのも手軽かも~?と思うのは私だけでしょうか・・・?

今日は夫が外で食事なので、鰹節をい~~っぱい使ってだしをとった「うどん」を娘に作ってあげようかな~、と思ってます♪

娘はおうどんが大好物・・・。

さあ、問題は・・・・

我が家に『鰹節削り』がないことです!!

うーん、この『鰹節』どうしよう~~~?!

これを機会に買おうかな・・・。

| | コメント (3)

2006年10月 4日 (水)

炊き込みパエリア。進路の悩み。

Img_2450 本日のメイン。

本格的な『パエリア』ではありませんが、ある意味日本人向けのパエリアです^^。

さて、まったく話は飛んでしまうのですが・・・。

最近悩んでいることがひとつあります。

それは、『進路』?!です。

あと数日で30歳!というおおだいを目前に、今更ながらちょこっと「大学」にいきたくなってしまいました。

既に普通の文系4年生大学を卒業して8年。

仕事をしたり、結婚をしたり、子育てをしたり・・・。

ず~っと料理が好きで、料理の仕事をしてきましたが、その中で、いつも「あるといいな」と思っていた資格が『栄養士』です。特に娘が食物アレルギーだとわかり、そういった子供達の料理レシピも考えたい・・・と思うようになると尚更です。

でも、時間もお金もかかります。

短大でも2年間で250万円。我が家にとっては大きいお金です(; ;)。

普通に考えれば、「そろそろ娘の教育スタート」。なのに、今更ママが学校行ってしまって、散財?!していいのか、という問題が・・・。

卒業後、費やした時間と費用の分だけ働いてお金を稼げるのか・・・?!というと微妙な感じもあります。

それに、在学中に二人目の子供ができたらどうしよう・・・などなど悩みはつきないわけです。

でも、勉強して、ちゃんと資格をとりたい・・・。

うーん。悩みます。

でも、ず~~っとそう思いながらこの歳まで来てしまったので、思い切ってチャレンジ。と思ったり、やっぱり今はやめよう・・・と思ったり。

独身の頃と違って、家族も大事。家族の考えもあるので、本当にこういうのって難しいですね。

そして、実はそればかりでなく、某食品企業から、メニュー開発の仕事への面接を受けないか・・・。というお話をいただいたりもしました。

(でも、これは不採用の可能性が高いのと、フルタイム勤務になってしまうので、娘がいる私にはちょっときついかな。と思ったりもしてます。娘との時間が減ってしまいますものね・・・。)

結論は出るのでしょうか・・・?

今日はなんだか”頭の中のもやもや”そのままの記録になってしまいました(^-^;。どうぞ、お許しを!

あ~、こうして考えてみると、私ってまだ大人になっていないのかも・・・。とちょっと自己嫌悪・・・・。

天に運を任せるのみ、でしょうか。

| | コメント (0)

2006年10月 3日 (火)

蟹クリームスパゲッティ。蟹味噌入り!

Img_2443 雨が降ったりやんだり。

東京は毎日雨たっぷりです。

今日はようやく雨もあがり、昨晩の娘のおねしょのお洗濯で朝からフル回転。

急に涼しくなってきて、そろそろ濃厚なパスタもおいしく感じられるようになってきました♪

蟹、うに・・・。それ自体はもちろんおいしいのですが、パスタにたっぷりつかった濃厚なお味が好きです(^-^)。

”おうちランチ”には最高です。

『蟹&かに味噌スパゲッティ』

ソースを作っておいて、一人分ずつパスタと絡めればいいので、一人で食べる時も気軽にできます。

難を言えば、カロリーが気になる・・・。

というところでしょうか・・・。

生クリームにバターにかに味噌たっぷり!

でも、おいしい~~~。

-----------------------------------------------------

今晩は、お姑さんが我が家に来てくれる予定です(^-^)。

本日は予定があって、どうしても娘のお迎えに行くことができないので、代わりに娘を迎えにいってくれるのです。(我が家と夫実家は同じ東京といっても2時間の距離です!)

ありがたいです。

さあ、今晩のごはんは何にしよう~。と悩みます。

でも、ヘルシーな料理が好きなお義母様。お魚+野菜のシンプルなものであれば、文句はなし(夫談)だそうで、これまたありがたいです^^。

| | コメント (1)

2006年10月 2日 (月)

はちみつ生姜風味の鶏の照り焼き。

Img_2437 実は『はちみつ』が大好きです。

ヨーグルトやパンはもちろん、バーモントドリンク、調味料としても大活躍。

我が家は砂糖と同じくらいの頻度で蜂蜜を使うので、で~ん、と大きい蜂蜜の瓶が調味料置き場に並んでおります。

特にお気に入りの蜂蜜は、みかんの花の『みかん蜂蜜』。

でも、お料理用には普通のシンプルで味にくせの無い『野の花蜂蜜』(百花蜜)を使ってます。

今日の『鶏の照り焼き』も、もちろん蜂蜜使用(^-^)。

蜂蜜だと、照りが良く出る気がするのは気のせいでしょうか?

そして、これまたお気に入りの組み合わせ。

”生姜+蜂蜜”

でなんともごはんに合う組み合わせになりました~。

冷めてもおいしいので、お弁当にもオススメですョ。

【鶏の照り焼き・レシピ】

①鶏もも肉は水気を良く押さえ、フォークなどで皮に穴をところどころ空ける。塩、こしょうし、片栗粉をまぶす。

②フライパンに油を熱し、最初は強火で皮から焼き、蓋をして弱火で中まで火を通す。余分な油が出てきたら、キッチンペーパーでふき取る。

③②に、醤油、みりん、酒、はちみつ、生姜のすりおろしを加えて、照りが出るまで煮詰めて、鶏肉に絡めて出来上がり。

*長ネギを焼いたもの、野菜などを添える。

| | コメント (0)

2006年10月 1日 (日)

大人2人+子供1人分で160円!秋刀魚の蒲焼き。

Img_2420 昨晩に引き続き、魚料理です^^。

秋刀魚がついに、1尾80円。

塩焼きはずいぶん食べたので、ここら辺でちょっと味をかえて・・・・。と、『サンマの蒲焼き』を作りました。

お刺身用の新鮮な秋刀魚を、三枚におろして半分に切り、後はフライパンで焼くだけ!

シソと大根おろしを添えて、さっぱりといただきました。

丁寧に骨を抜いたかいあってか、2歳の娘にも好評。

ばくばく食べちゃいました^^。

魚をおろすところからの料理は、ちょっぴり大変ではありますが、新鮮な魚を安く食べられる!と思えば、やはりひと頑張りです。

しばらくは秋刀魚の頻度が高そうな、我が家・・・。

【秋刀魚の蒲焼き・レシピ】

①秋刀魚を三枚におろして、丁寧に骨を取り、半分に切る。

②塩をふってしばらく置き、キッチンペーパーで余分な水気を拭いてから小麦粉をまぶす。

③フライパンに油を敷いて、②をこんがり焼き、酒、みりん、醤油を加えて味を絡める。仕上げに粉山椒を振って出来上がり。お好みで、紫蘇を巻いてもおいしいです。

Img_2425 そして、←は先日栗ごはんに使った栗が中途半端に残っていたので、サラダにしました。

『芋栗サラダ』、といったところでしょうか・・・?

同じホクホク系なので、意外とあいます。

今回は塩味系でジャガイモで作りましたが、さつま芋で作ってもなかなかです(^-^)。

後は、麦入りごはん、具沢山味噌汁、デザートリンゴ・・・で簡単な食事でした。

それにしても・・・・・。

お魚料理の後は、どうしても手の生臭みが抜けません。

よく、レモンなんかでふくと良い、と言いますが、レモンが無い時はどうしたら良いのでしょう(; ;)。

皆様、どうしているのかな・・・?

どなたか良い方法があったら教えてくださいませ。

| | コメント (2)

お魚丸ごとクッキング!

Img_2411 今日は夫の36歳のお誕生日です^^。

誕生日ケーキは、義父が買ってきてくれたので、私は夫の大好きお刺身を作りました!

運よく、知り合いの釣り好きのYおじ様が相模湾で釣りたての、『メバチマグロの小さいもの』(名前がよくわかりません・・・)を1尾丸ごと持ってきてくださいました。

そこで、Yおじ様の指導を受けつつ、私が魚をおろして、お刺身にしました。

みんな、お腹がすいた~!という急ぎの状態で作ったので、盛り付けもあしらいもいい加減です(^-^;。Img_2387

ちなみに、「イカソーメン」「鯛」などは、さくで買ってきたものです。

皮などがちょっと残ってしまったり、ちょびっと身を多めに残してしまったり・・・といったことはありましたが、おおむね成功!

アラの部分は、明日、義父が楽しみに『アラ煮』を作るそうです^^。

釣りシーズンはこれから、頻繁にお魚がいただけそう。

嬉しいです♪

あ、

言い訳・・・ではありませんが、包丁がちょびっと古めいておりますが、これは自前ではなく、夫の実家に眠っていたものでございます。

  とってきたばかりよImg_2389り、翌日くらいのほうがおいしいとのことでしたが、当日でも充分おいしくいただけました(^0^)。

Img_2403さばき方・メモ(自分の覚書です)】

①肛門から顎にかけて包丁を入れ、内臓~エラを引っ張り出す。

②骨に包丁を入れ、血合いを出す。

③三枚におろす。

④骨をそぎとり、さくに分ける。

⑤皮をひいて、切り分ける。

次回はもっと上達すべく、がんばります!

| | コメント (2)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »