« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

うすいえんどうごはん(グリーンピースごはん)

Img_

【うすいえんどうご飯】(グリーンピース)

この時期に出まわる、生の国産グリーンピース。

毎年ご飯を作るのが楽しみです。

今回は夫のお土産で、低農薬栽培「うすいえんどう」です。

冷凍とは全く違う、ほっくりした味わい、香りが大好きです。もちろん、娘もちゃんと食べます^^。

グリーンピースが嫌いな子供が多いのは、「冷凍」の皮が固くて中ぐちゃぐちゃ・・・。の豆のせいだと私は思います

このご飯、最初に豆を加えて炊き込む方法と、後から混ぜる方法の2種類があります。最初に炊き込むと色は悪くなるけれど、豆の香りがごはんにうつります。そして後混ぜは色がきれい。豆の食感もやわらかくなりすぎません。

私はと言うと、中間派。

生のグリーンピースは、意外と”えぐみ”があるので、一度ゆでこぼします。そして、炊き上がる直前に加えて蒸らします。圧力タイプの炊飯器は、途中で加えることが難しいので、ルクルーゼなどの鍋炊きだと失敗なしです♪

◆◆◆

先日、娘のアレルギー通院で、「きび」の負荷試験を行ってきました。

「きび」にアレルギー?と普通”ピン”ときませんが、我が家はこれでアナフィキラシーに近い症状を起こした前科があります。

なので、一番ドキドキする解除でした。

結果は・・・。

オッケー!!

これで、保育園給食で出される全ての食品が食べられるようになりました!もう、「除去なし」「打ち合わせなし」です♪

嬉しい春となりました

| | コメント (3)

2009年2月26日 (木)

手作り『ミートソース』

Img__2

【手作りミートソース】

Img__3

昨日、その前とお魚と野菜中心メニューだったら、娘が「お肉最近食べてないよ~。寂しい~~。つまんない~」とすごく感情を込めてぶつぶつ言っていました。

お肉、お魚、お豆腐、と主菜は毎日順番だもの・・・。と言いたい私・・・。(もちろん言いましたけど!)

さて、今日は、お肉料理という感じではないけれど、牛ひき肉をたっぷり使った手作りミートソース。

娘はスパゲティ類はそれほど好きではありませんが、夫は大好き。

特に「ミートソース」大好きなので、たっぷり作りました。家で作ると、材料もシンプルで安心だし、何より自然な味で幸せな気分になります。

私は市販のソース、ドレッシング類は、にんにくが入っていることが多くて、実はあまりたくさん食べられません。味は好きなのですが、知らず知らず食べてしまうと、後半日気持ち悪くなってしまうのです。なので、自宅で作る場合は、にんにくは刻まずに大きな片のまま、オイルに香りをうつすだけ。後は取り除いて調理します。

何より、自分で”鍋いっぱい”つくると、この上なく楽しいですよ♪

【ミートソース・レシピ】

(材料)

・牛ひき肉 600g

・玉ねぎ 1・1/2個(約220g)

・にんじん 1/2本(約120g)

・セロリ 8cm(約60g)

・にんにく 1片

・オリーブ油 1/4カップ

・トマトピューレ 1/4カップ

・トマト水煮 2カップ

・赤ワイン 1カップ弱

・塩、こしょう 適宜

・ローリエ 1枚

(作り方)

①玉ねぎ、にんじん、セロリはみじん切りにする。オリーブ油を鍋に弱火で熱し、にんにくを入れて香りを移し、野菜、ひき肉を入れてよく炒める。

②①に赤ワインを入れて煮立ててアルコールを飛ばし、トマトピューレ、トマト水煮、ローリエを加えて煮立てる。

③蓋をして弱火で1時間以上煮こむか、圧力鍋で加熱する(我が家の場合は約3分)。

④程よいとろみがつくまで煮つめ、塩、こしょうで味を整える。

*パスタを塩でゆでるので、あまり塩分を強くしないほうがよいです。

*食べる時は、パルミジャーノをすりおろした粉チーズをたっぷり絡めて食べます!

| | コメント (0)

筑前煮弁当(夫+私)

Img_

【筑前煮弁当(大人用)】

朝ぎりぎりで、夫のお弁当は写真を撮る間もなく持っていってもらったので、写真は自分のお昼弁当です

本当はもう1品おかずも増やして、かわいく詰めるはずだったのですが・・・・。起きられませんでした^^;。妊娠してから更に朝も昼も夜も眠いのです・・・。(←ちょっと言い訳)

筑前煮は、夕食の片づけが終わった後に煮ておいたので、朝は味もしみてつめるだけ!

大急ぎでおにぎりをにぎって、卵焼きを焼いて、ほうれん草をゆでてお弁当箱にギューギューと詰めました。朝ごはんの用意をしながら合計で15分くらい?とにかく大慌てでした。

筑前煮は実家で以前作ったら、母が「おいしい!」と言った調味料配合です。かなり味がしっかりとつき、やや甘めですが、↓でご参考まで。(お母さん、これが分量です!)

こつは、中火~強火で短時間で炒り煮すること。てりてりになってお弁当にもぴったりです。

(筑前煮・レシピ)

・鶏肉(もも) 1枚~1枚半(私は皮と脂を丁寧に除き、一口大に切る)

・れんこん 200g⇒乱切りにして酢水(3%にさらす)

・ごぼう 80g ⇒乱切りにして水にさらす

・にんじん 60g(約1/2本) ⇒乱切り

・こんにゃく100g(1/3枚)⇒茶碗などの口を使ってちぎる

・干ししいたけ 4枚 ⇒1カップの水で戻してから石突を除く

・きぬさや、ぎんなんなどの青物 適宜

・サラダ油、ごま油 各大さじ1

・砂糖 60g(大さじ6強)

・醤油 40g(大さじ2・1/4)

・酒 40g (大さじ2・1/2)

・干ししいたけ戻し汁 1/2カップ強

(作り方)

①鍋に油を熱し、下ごしらえした野菜、鶏肉を入れて油がまわるまで炒める。

②調味料、しいたけの戻し汁を入れて強火で沸騰させ、5分ほど落し蓋をして中火で煮る。

③落し蓋を取り、炒り煮するように中火で水分を飛ばしながら煮る。にんじん、れんこんがやわらかくなり、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

*途中煮汁がなくなりそうな場合は、落し蓋をする、だし汁を足すなどして調節する。

*私は今回、れんこんの変わりにさといも3個~4個を入れました。里芋を入れる場合は、さっと下ゆでして、ぬめりを取ってから使ってください。

| | コメント (0)

2009年2月24日 (火)

贅沢ビーフシチュー

Img_

【贅沢ビーフシチュー】

ちょっと前になってしまいますが、週末に作りました。

普通のシチューに見えますが、材料を贅沢に使ったビーフシチューです

牛すね肉800g、赤ワインボトル1本、ブイヨン用に野菜をたくさん使って市販のデミグラスソースなどは一切使わずに作りました。

写真のものはまだ煮詰める途中なのでちょっとうすく見えますが、ここからもう少し煮つめ、とろみを付けました。

週末のお出かけ前に作っておいて、帰ってきて食べたので、完成したものはお腹がすいて写真を撮るまもなくなくなりました

いつもはデミグラスソースを使ってしまうのですが、ちょっと手間をかけ、赤ワインをいっぱい使っただけで、レストラン以上の味になり、家族で夢中で食べました

作ってすぐは赤ワイン、トマトの酸味が気になるので、作って1日くらい寝かしてからのほうがぐっとおいしくなります。

ビーフシチュー、フランスパン、サラダ、果物だけでも充分満足な夕食になりました^^。

材料費はちょっとかかるけれど、家族でちょっとしたレストランに行くよりはずっと安上がりです。

◆◆◆

さて、今日は短大の成績発表がありました。

久しぶりに学校へ

無事全教科クリアしていて、ちょっとほっとしました!

帰りには、クラスのお友達が我が家に遊びに来てくれて、娘は大はしゃぎ!楽しい一日になりました

| | コメント (4)

2009年2月20日 (金)

鮭の混ぜ寿司+アサリのすまし汁

Img_

【紅鮭と菜の花の混ぜ寿司】

Img__2

【アサリのすまし汁】

暖かくなったり、寒くなったりの繰り返しのこの頃ですが、食材はちょっと春らしいものが増えてきて嬉しいです

家の前の梅の木が満開。

赤、白、ピンク・・・ほんとうにきれいです。

今日はつわり復活?でちょっと体調が悪かったので、手軽に出来る、混ぜ寿司を作りました。

焼いた紅鮭をほぐし、ゆでて軽く醤油で下味をつけて菜の花、白ごまを寿司飯に混ぜただけですが、さっぱりしていておいしいです。寿司飯は、砂糖、塩を控えめにしてあっさりと仕上げました。

アサリは今日は「大粒」のおいしいアサリを思い切って買ったのに、娘は「大きすぎて気持ち悪い~~」とちょっとへこんでました。アサリは大好きなのに、大きいアサリはダメなのね。。。

いつもの小さめアサリがいいみたいです

我が家では、アサリの殻を洗うのは、娘の役目。

私より丁寧に洗ってくれます。

後は副菜、常備菜、デザートにフルーツを添えて本日のごはんでした。

★私の食物アレルギーブログは↓から

http://syokuare.blog73.fc2.com/

| | コメント (0)

2009年2月19日 (木)

妊娠中期のお昼『豆腐ハンバーグランチ』

Img_

【豆腐ハンバーグランチ】

ハンバーグ(1個):カロリー 約209キロカロリー、タンパク 14.5g、脂質 11.6g、塩分 0.9g

献立合計:カロリー 約563キロカロリー、野菜 190g、食物繊維 7.5g

~献立内容~

・ごはん 150g

・豆腐ハンバーグ(わりと小さめ1個)、付け合せスナップえんどう

・かぼちゃの煮物(3切)

・ほうれんそうの胡麻和え(約80g)

・パイナップル

◆◆◆

今日の私のお昼です

昨晩ゆでたほうれん草、スナップえんどう、かぼちゃの煮物は使いまわしで、豆腐ハンバーグだけつくりました。

豆腐ハンバーグは一番シンプルな材料で、手軽に簡単にできる配合で作りました。娘が卵と牛乳が食べられない時に作って以来、手軽でおいしいので気に入っている配合です。卵もパン粉も牛乳も使いませんが、ほんと”ふわふわ”でおいしいのです

ヘルシーポイントは、豆腐と玉ねぎをいっぱい使うこと。あと、焼いたときに出てくる脂はしっかりと紙ですって捨てることです。塩分も少なめに・・・と考えて、ソースでしっかりと味をつけ、中に加える塩の分量を控えめにしています。

今日はハンバーグを小さめにしたので、本当は「もう一個食べたい~」という気持ちはやまやまでしたが、ごはんをしっかり食べることでお腹いっぱいにしてがまん。

豆腐ハンバーグの作り方は↓をどうぞ!

【豆腐ハンバーグ・レシピ】(小6個分、普通サイズだと4個分)

・合挽き肉 380g

・木綿豆腐 150g(水切りしておく)

・玉ねぎ 大1個(約300g)

・A(塩 小さじ1/3、オールスパイス、こしょう 各少々、片栗粉 小さじ1・1/2)

・サラダ油 小さじ2

・ソースの材料(赤ワイン、水 各1/4カップ、トマトピューレ 大さじ1・1/2、ウスターソース 大さじ1、醤油 小さじ1、砂糖 適宜)

(作り方)

①玉ねぎはみじん切りにして、サラダ油小さじ1で、焦がさないように茶色になるまで中火~弱火でいためて、冷ましておく。

②ボウルにひき肉、Aを加えてよく練り混ぜる。粘り気が出て来たら、水切りした木綿豆腐を加えて更に良く練る。①を加えてよくまぜる。

③4~6等分の小判型にまとめ、サラダ油小さじ1を熱したフライパンで両面強火⇒弱火で蓋をして中まで火を通す。フライパンから取り出して、残った油をふきとる。

④ソースの材料を加えて煮立て、ハンバーグの上に食べる直前にかける。

★ソースのかわりに、大根おろしをのせて、ぽん酢をかけてもOK!

★手軽にソースを作るときは、トマトケチャップ+ウスターソースでもOKです。

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

アレルギーの娘記録帳ブログはじめました。

突然ですが、娘の食物アレルギー&アトピーのいままでの体験をまとめようと思い立ち、新しいブログをはじめました。

この「駆け出し料理研究家の『体と心にやさしい料理』はもちろんそのままです

ごちゃごちゃになるので、食物アレルギーの記録だけ、新しいブログに整理していこうと思っています。

まだはじめたばかりで、ほとんど記事もかけていませんが、興味のある方はよかったらのぞいてくださいね

たぶん、超スローペースでの更新となると思いますが・・・

【食物アレルギーブログ:URL】

http://syokuare.blog73.fc2.com/

| | コメント (0)

妊娠中期のお昼『スナップえんどうと明太子パスタ』

Img_

【スナップえんどうと明太子のクリームスパゲティ】

Img__2

【セロリと大根のマスタードサラダ】

今日の私のお昼です

合計:597キロカロリー、タンパク 22g、脂質 16.3g

野菜:約130g

昨日妊婦検診に行き、先生からは注意されなかったけれど、体重の伸びに自分でびっくり・・・。ちょっと食生活に気をつけよう!と更に決心して帰ってきました。

まず、自分の必要エネルギーの目安から、お昼と夜は1食600キロカロリー前後、朝は400キロカロリー程度+おやつで200キロカロリー程度(これは自分の性格を加味して、「ゆとり」を作りました^^;)

厳密な設定はもう少し違うのですが、あくまで自分の体質と生活パターンを加味した数字です。

また、野菜は1日で350gを目安にすると、お昼では大体100~150gは取りたいところです。

◆◆◆

このパスタ、実は麺を100g、明太子を30gも使っています。だから量はたっぷり。(普通は80gで作ってます。この場合は、サラダと合わせて約520キロカロリー)

カロリーダウンのポイントは、生クリームを使わずに、牛乳+パスタのゆで汁+白ワインでコクと香りを出しつつもあっさり仕上げていること。後はスナップえんどうをたっぷり加えて更にボリュームアップ。

豆にソースが絡んでおいしいんです!

明太子やたらこ、牛乳をパスタに使うときは、加熱しすぎるとおいしくないので、仕上げにさっと温めてからめる程度にするとおいしくなります。明太子は、お皿に盛った状態では「半熟」です!

また、セロリと大根のサラダは、マスタードを使ってマヨネーズの量を減らしてます。こちらはおいしいセロリを使うのがこつ。

妊娠中で気をつけなければいけないとはいえ、主婦の一人ごはんで、いろいろ作るのって大変ですよね・・・。しかも残り物を使って

お昼は出来る範囲でがんばりたいと思います。

| | コメント (0)

2009年2月17日 (火)

アレルギー講演会に参加してきました。

今日は、近くの健康福祉センター主催の『食物アレルギー』講演会に行ってきました。

講師は、国立相模原病院 小児科の今井孝成先生でした。

娘の食物アレルギーは5歳に成長した今となっては、残すところ雑穀のみ・・・。と、ほとんど普通の子供と変わらない食生活が送れるようになりました。

今日参加していたお母さん方の多くは、「まさに今大変・・・」という方が多くみうけられ、5年前の自分と娘を思い出しました。

5年前は、近所でこのような講演会もほとんどなく、まわりに同じような食物アレルギーを持つお母さんをさがしてもほとんどなし・・・。という状況でしたが、5年経ち、いろいろ変わったのだな~、と感じました。

今井先生のお話は、最新のアレルギー事情がわかりやすく、盛りだくさんの内容で、本当に聞きに行ってよかったな、と思える内容でした。

特に、「食物アレルギーのうそホント」では、私が5年間紆余曲折してたどりついた”信じられる情報”が、本当にそうだったんだ、、、と確認することができた点でも、とても勉強になりました。

幸い、今通院している食物アレルギーのお医者さんがよかったこともありますが、我が家は今ではアレルギーとうまくつきあっていくことができるようになりました。

でも、今まさに苦しんでいるお母さんをみると、自分にできることは何だろう。。と改めて考えるのでした。

娘のアレルギーがきっかけで、栄養士の資格を取ろうと思ったのですものね

| | コメント (1)

2009年2月13日 (金)

白いんげん豆の野菜スープ、~妊娠中期~

Img_

【白いんげん豆と野菜のスープ】

↑は圧力鍋を活用したスープです。

白いんげん豆は、普通の鍋で煮る場合は、水に数時間浸したり、ゆでこぼしたり、弱火でコトコト・・・。と、やわらかく煮るまでに時間がかかります。

でも、圧力鍋で煮ると、水に浸さずに、加熱4分+蒸らしで水煮状態にできるので、豆の調理にはとっても便利。

今日は野菜も圧力加熱でくたくたになるまで煮て、具沢山スープにしました。

材料は、オリーブオイル、玉ねぎ、にんじん、芽キャベツ、ベーコン、白いんげん豆、ブロッコリー。味付けは、コンソメなどは使わずに、塩・こしょうだけです。野菜の旨みと、味出しのベーコンだけなので、とってもやさしい味わいです。

◆◆◆

さて、このスープは私のお昼用に作りました。

(もちろん、夜にも使いまわしますが・・

妊娠5ヶ月目に入り、そろそろ体重増加が気になるところとなってきました。

娘の時の母子手帳を見たら、同じ時期の体重増加はほぼ0.5㎏未満~!!それでも最後は+8㎏で出産。

ちょっとあせります・・・。

BMIが普通の妊婦の場合、体重増加は7~10㎏程度が目標なので、やっぱり体重増加には気をつけなくっちゃ・・・ですよね。

中期に入り、つわりも治まってきたので、「食べたい時に、食べたいものを食べる」(←つわりの時は、これでOK)のも、改めなければ・・・。と反省。

ですので、今日の豆スープは、食物繊維たっぷり、野菜たっぷり、薄味に気をつけた妊婦スープ?!のつもりです。

Img__2

デザートには、タンカン(沖縄の柑橘)をはちみつレモンでマリネしたものを付けました

| | コメント (2)

2009年2月12日 (木)

バレンタインの『スパイスチョコレートケーキ』

Img_

インド料理にはまったおかげで、我が家は今、スパイスが豊富です。

そこで・・・・。

お菓子にも使わない手はないですよね!

適当な配合でスパイス風味のチョコレートケーキを作ってみたのですが、なかなか『大人な味』でおいしかったです。

使ったスパイスは、カルダモン、シナモンパウダー、ジンジャーパウダー、ナツメグ。中にはオーガニックアプリコットを入れました。

次回はもうちょっと改良して、よりしっとりと仕上げてみたいと思います!

↓は自分用の材料メモです

カルダモン 1粒、シナモン 小さじ1/2、ジンジャーパウダー 小さじ2/3、ナツメグ 少々

ドライアプリコット 4粒~5粒

薄力粉 100g、卵 2個、バター 100g、グラニュー糖 75g、クーベルチュールビター 75g

180度 ⇒170度 27分

| | コメント (0)

ササミときのこのソテー弁当(夫弁当)

Img

【ササミとしいたけのソテー弁当・夫弁当】

・ササミとしいたけのソテー(オリーブオイル+醤油味)

・安納芋(さつまいも)の胡麻揚げ

・ちくわのいんげん入り

・ブロッコリー、ミニトマト

今日の夫のお弁当です。野菜、芋、きのこを取り入れて少しでもヘルシーに・・・・。と作りました。

いんげんとブロッコリーの下湯で、さつま芋をマッシュにして丸めるところまでは前日準備で、朝の調理時間15分でした。

朝は、お芋を揚げて、鶏肉としいたけを切ってソテー。ちくわにいんげんを入れて切って・・・、後はつめるだけだから簡単ですネ

◆◆◆

朝のお弁当作りを阻むのは、『娘の朝泣き』です。

「ママと一緒に起きたい~!!でも、自分が目が覚めるまで抱っこしていて欲しい~~~!!」と・・・。

これに付き合っていると、平気で30分たちます

ほんと、これさえなくっちゃ楽なのに・・・・。

| | コメント (0)

2009年2月11日 (水)

娘と手作り『バレンタインブラウニー』

Img_

【娘と手作り 『チョコレートブラウニー』】

バレンタインに、パパに手作りのチョコをプレゼントしたい~。と、いう娘の要望にこたえて、失敗の少ないブラウニーを一緒に作りました。

見た目はシンプルですが、クーベルチュールチョコレート、ピーカンナッツ、くるみを贅沢に使ってみました。

下準備や計量は私が行いましたが、卵を割ったり、粉を混ぜたりは娘が担当。どうしても飾り付けをしたいというので、急遽チョコペンで絵を書くことにしました

微妙な絵加減は5歳児のご愛嬌!

バレンタインにクールなパパも、娘の手作りは嬉しかったみたいです

結局バレンタインまで待てずに本日試食。

おいしかったです!

| | コメント (0)

2009年2月10日 (火)

インド風『エビカレー』

Img__2

【インド風 エビカレー&サフランライス】

しつこいようですが・・・。インド風『えびのカレー』をつくりました。

娘に、「ママ、インド料理にはまっているからって、毎日はやめて~~~!!」と、ブーイング

しばらくは、インドカレーもお休みになりそうです・・・。

(夫は、「毎日でもいいよ~」と言っているのですが・・・)

私としては、味はおいしいのに~、と思うのですが、娘にはエビにまぶしたターメリックと、ごはんのサフランの香りがいまひとつ苦手だったみたいです。

今日は思い切って、本物のサフランを使ったサフランライスを作りました。

よくレストランででてくる、ターメリックをつかったターメリックライスとは違い、本物のサフランを使うと香りがぜんぜん違います!

おうちで作るならではの贅沢だな~、と思いました。

ちなみに・・・。今日のカレーの材料費は、4人分で以下の通りでした。

・えび ・・・・400円(今日は安かった!)

・玉ねぎ・・・2個で60円

・いんげん ・・・・6本で100円くらい

・トマトピューレ・・・120円

後は最初に購入したスパイス代。やっぱり、レストランで食べるより、断然安いですよね?

エビは、本当は殻をむいて使うのですが、殻から出る旨みがもったいなくて、殻ごと背側に切込みを入れて食べやすくし、そのまま使いました。

| | コメント (1)

娘とお料理『ハンバーグ』

Img_

【子供と一緒の手作りハンバーグ】

パパも娘も大好きなハンバーグを、娘と一緒に作りました。

娘が担当したのは、玉ねぎを炒めるところ、卵を割る、ひき肉をこねる、かたちを作るところです。

最近すっかり「お手伝い」が板についてきた娘は、結構お役立ちです

フライを作るときは衣を担当してくれるし、お米も上手にといでくれます。

ま、気が向いたときですが・・・

娘と一緒にお料理するのが楽しみになってきました。

今年はパパのバレンタインをママと手作りするのを楽しみにしている娘です。「パパにはナイショ!!」と言っているけど、パパにはもちろんバレバレです・・・。

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

インド風『チキンカレー&スパイスライス】

Img__2

【インド風カレー・チキンカレー&スパイスライス】

先日に引き続き、インド風カレーです

ライスはカルダモン、こしょう、シナモン、ベイリーフで風味付けしたスパイスライスです。

鶏もも肉、玉ねぎ、トマトピューレがたっぷり入り、味はマイルドなのに、『インド!』なお味!

Img__3

今日は文句なしにおいしかったです

(単に私好みの味付け・・・?)

もう、市販のルーで作ったカレーが食べられなくなりそうです。

まだまだ辛いものが食べられない娘(5歳)がいる我が家では、スパイスを調合するカレーは、仕上げで辛さをどうとでも調節できるのがよいところです。

娘はまったく辛味スパイスを入れず、私はやや辛、夫はもっと辛いくらい?と3段階に気軽にできます。

市販のカレー粉って、実は結構辛くて、娘は「辛い辛い」と言って、大騒ぎしてあまり使えません・・・。

今日は「ママ~、○、○」と言って、大喜びで食べていました

次は、娘の大好きな「ナン」(と、言ってもオーブンでですが。。。)に挑戦してみたいと思います

| | コメント (0)

豚肉のこしょう焼き弁当(夫弁当)

Img_

【豚肉のこしょう焼き弁当・夫弁当】

・豚肉のこしょう焼きどんぶり(青じそ付き)

・ショートパスタ(トマトソース+にんじん)

・水菜入り卵焼き

・ブロッコリー&プチトマト

◆◆◆

今日の夫のお弁当です

5ヶ月には入り、つわりもだいぶ良くなってきたので、先日からお弁当作りを再開しました。

さっぱりと、塩味とこしょうをきかせた豚の焼肉丼風にして、ボリュームをだしました。

ショートパスタは昨晩のグラタンに使った残りをリメイク。後は、ブロッコリーをゆでるところから、卵を焼くところまで当日の朝です^^。

昨晩の下ごしらえナシで、作って詰め終るまでだいたい20分。

遅く起きてしまった時以外は、できるだけ加工品や冷凍食品を使わずにお弁当を作りたいと思っています。せっかくの手作りお弁当ですから・・・。加工品をつめるだけだと、コンビニで買うのと同じになっちゃいますものね

◆◆◆

さて、昨年年末に、「全国栄養士実力試験」なるものを受けました。

つわりでぐたぐたの時だったのですが、結果は思いがけずA判定!Aは、「栄養士として充分の知識がある」という判定ということなので、ちょっとほっとしました

まずは、自分の妊娠中の栄養管理と、夫のメタボ予防、生まれてくる赤ちゃんの離乳食に生かしたいな~と思います。

| | コメント (0)

2009年2月 7日 (土)

短大生活、授業終了!

昨日、2月6日で短大の授業関係が完全に終了しました。

後は、成績発表と卒業式を待つのみです

あっという間のようで、長かった2年間、本当にたくさんのことを学びました。栄養学、調理学、人間の体の解剖生理、社会福祉、公衆衛生から栄養指導方法まで・・・。

かつて20代の時の4年間の大学生活は、勉強よりも友達、新しいことに触れることが中心だった気がしますが、今回はじっくり勉強して、充実の2年間だったな~、と感じました。

短大では、20歳の友達ができたことも嬉しいことの一つです。若いパワーをいっぱいもらって、気持ちが若返りました。

テストに大量の課題とレポート、仕事、家事子育てに追われて大変なことも多かったのですが、今はとにかくほっとひといき。

つかの間の休息です

| | コメント (0)

2009年2月 5日 (木)

インド風『ダルカレー(豆のカレー)&チャパティ』

Img_

【インド風 ダルカレー&チャパティ】

”つわり”以来すっかり「インドカレー」にはまってしまい、自分で本格インドカレーに挑戦することにしました。

まずは手始めに、緑レンズ豆を使った「ダルカレー」です。

Img__2

基本のスパイスを8種類くらい買い、まずは本を参考に忠実に再現!・・・・。

と、思ったのですが、うまくいったのかどうなのかはいまひとつわかりません

このカレーは、お肉やお魚が一切入っていないのと、だしも入っていないので、とってもあっさりした味わい。インド料理屋さんで食べるのよりもマイルドで、あっさりした味わいでした。

インドの家庭料理の配合、ということでしたので、これが「本場の味付けなのかも~」と思いながらいただきました。

お味の判定は、インドに長期旅行した時から、「インドカレー」好きな夫の帰りを待つこととします

「チャパティ」は初挑戦の割にはうまく出来ました!

全流粉と水、少量のサラダ油+仕上げに塗る無塩バター(ギーの代用)だけで作る味はなんとも素朴。(塩も入りません)

「カレー」からイメージする、「油っぽい」「濃い味」とは無塩のヘルシーな味で、胃もたれもせず、とても不思議なのでした。

サラダ代わりに、「大根のカチュンバル」という酢漬けサラダのようなものも作りました。

まだまだ初心者の「インドカレー」ですが、次回は定番「チキンカレー」を作ってみたいと思います

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »