« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

栄養士免許。

ついに手元に『栄養士免許証』が届きました!

3月25日付けで晴れて栄養士です

短大で2年間勉強していて思ったのですが、栄養学の知識は日々どんどん変わっています。

数年前の常識が、今では覆されているなんてことも普通にあります。

例えば、

離乳食や調乳に関しても、去年と比べると「指針」が部分的に大きく改正されたりといった感じです。

これからも日々勉強です~。

◆◆◆

そして、4月からはついに娘も年長さん。

保育園生活もあと1年となりました!来年の今頃は小学生~?!と思うと、月日が経つのは早いですネ

短大で同級生だったお友達も、4月から就職。

みんな新たな門出だな~、と今年の春は感慨もひとしおです。

私は?というと、また新しいことをひとつはじめたいと思います^^。

夫曰く、「あきっぽいからね~」と言うのですが、二年計画でがんばりたいと思います。

内容は・・・。

まだナイショです

| | コメント (0)

2009年3月29日 (日)

煮魚ごはん

Img__2

【カレイの煮付け献立】

・ごはん

・カレイの煮付け

・生のりのお味噌汁(鰹だし)

・ほうれん草としらすのダシ醤油和え

・冷やっこ

・パイナップル(デザート)

◆◆◆

地味ですが、娘の大好きなもの献立です

(ちょっと赤色が欲しかったですネ・・・)

娘は煮魚が大好き。そして、だしをしっかりとったお味噌汁、生のり、これも大好きです。

お魚を煮ている香りに、「やった~♪」とうきうきしていました。

冷やっこは、昔から大好きだった「三之助豆腐」の絹ごし豆腐なので、薬味などをのせずにお豆腐の味を味わいました。甘みがあって、やわらかいのが特徴です。

煮魚は面倒な印象がありますが、実はとっても手軽で簡単に出来ます

煮汁をテフロン加工のフライパンに入れて沸騰さえ、魚を入れて落し蓋をして煮ます。

こつは中火で煮立てて、常に煮汁の泡が魚全体にまわるようにすることだけ。途中スプーンで煮汁を魚にかけながら、だいたい8分くらいで火が通り、味もしみます^^。

落し蓋はアルミホイル、オーブンシートなどでOK。

フライパン+アルミホイルならどこの家庭にもありますよね

カレイ、キンメダイなどの煮魚にぴったりな煮汁の分量は↓。ご参考まで。

【煮魚・分量】

・カレイ  3~4切れ

・しょうがスライス  2~3枚+針しょうが適宜

・煮汁(水 40cc、醤油 大さじ4・1/2、酒 大さじ2、砂糖 大さじ2弱)

①煮汁にしょうがスライスを入れて沸騰させる。カレイを並べて落し蓋をし、中火で7分~8分煮る。途中スプーンで煮汁をかける。

②煮汁が1/3程度になり、火が通れば出来上がり。器に盛って、針しょうがを天盛りにする。

*作りたてより、しばらくして味が馴染んでからのほうがおいしいです。

| | コメント (0)

2009年3月27日 (金)

ささやかな贅沢。塩むすび。

Img_

【塩おむすび】

今日は、超ささやかな贅沢をしました

先日夫の仕事関係で、特別栽培の魚沼産こしひかりをいただきました。

このお米をお昼用に自分のために炊いて、炊きたて熱々を、ふーふー言いながらにぎりました

お塩はパキスタンの岩塩。

すご~くシンプルなのですが、炊き立てで温かいご飯、やわらかめににぎった塩むすびはなんとも幸せです

本当は、糖尿を予防するための食事としては、糖質(ごはん)のみで食べるより、タンパク質、酢、油などと一緒に摂取したほうが、糖の吸収を遅くしてくれるのですが、これは別!

ごはん、おいしい~!

糖質いっぱいおいしい~!

と、夢中で食べてしまいました。

小さめににぎって、1個約80g、×2個。

お腹いっぱいです。

炊きたてご飯には幸せ感があるのはなぜでしょう?

明日は、六本木に、「日本のスター米農家」の方が講演にいらして、食育イベントがあるそうです。実際の栽培、土、お米・・・と体験できて、子供でも楽しめるそうなので、我が家は一家で参加。

楽しみです♪

◆◆◆

今週は、雑誌連載の撮影が2つあったのですが、無事終わってほっと一息。こちらの企画の撮影も、早いもので今回が最終回!

私の(ちょっと)大きなお腹も、無事持ちこたえてくれました

4月からは短大もないので、マイペースに仕事かな~、と楽しみです。

とりあえず、娘と一緒にパンでも作ろうかな~、と思います

| | コメント (0)

2009年3月24日 (火)

妊婦の体重管理。

私は現在妊娠6ヶ月。

いわゆる「安定期」で、妊娠期間を通じて、最も安心で体調が良い時です。

でも、この「安定期」であることと、二人目の慣れから、ついつい動きすぎたり、無理しすぎたり、食べ過ぎたり・・・。意外と気をつけなければいけない中期です。

先日の妊婦検診で、「体重が増えすぎ」であることから、食事を気をつけるように言い渡されました。そして、もともと遺伝的にも妊娠中は糖尿が出やすい体質のようで、ここら辺も要注意の指示。

検査の結果、妊娠糖尿病(妊娠中に初めて糖尿が出ること)ではないことがわかり、ほっと一息したものの、やっぱり食事を気をつける必要があることを改めて感じて反省。

せっかく栄養学の勉強をしたのだから、と、ゆる~い感じではありますが、糖尿病の食事管理を行うことにしました。

『糖尿病』と診断された場合、もっと厳密に行う必要がありますが、まずは予防なので、「ゆるめ」ですのでご了承くださいネ。

◆◆◆

まず、糖尿病の食事管理にかかせないのが、『糖尿病食事療法のための食品交換表』という冊子です。だいたい900円くらいで、どこでも手に入ります。

これは、1単位=80kcalを基本に、一日の食べる配分を考えるための表です。

表1~表6まで食品分類が分かれていて、それぞれの分類内で振り分けられた単位数の食品を食べます。

例えば、

表1:穀類、いも、まめ

表2:くだもの

表3:魚介、肉、卵、大豆、チーズ(タンパク源)

表4:牛乳、ヨーグルト

表5:油脂、油脂食品

表6:野菜、海草、きのこ、こんにゃく

っていう具合です。

私の場合、1800キロカロリー程度を目安にしようと思っているので、80キロカロリー×23単位=1840キロカロリーでざっくりと計算してます。

この糖尿病の交換表。糖尿病ではなくても、ダイエットしたい時にも、バランスよく、カロリーコントロールするのに役立つと思います。

今は、「食品バランスガイド」(ピラミッド型)の何をどのくらい食べたらよいかの目安表も出ていますが、どの食品が何にあてはまり、どのくらいのエネルギーとなるかは、普通の人にはちょっと難しいです。(正直、栄養士の勉強をした学生でさえ、ちょっと難しい!)

糖尿病の交換表は、1単位の目安量が写真で出ているので、使い慣れると簡単。ごはん1単位は50g、1食3単位食べるとして150g、これは茶碗1杯に相当します。

こうして自分の食べたものを点数計算していくと、ざっくりと一日の指示単位(カロリー)になりつつ、バランスよくいろいろな食品をとれるというわけです^^。

糖尿病の食事の場合、これにプラスして、砂糖や油脂も計算しますが、それはちょっと面倒で知識も必要なので、とりあえず予防であれば考えず「甘いものはひかえめ」「薄味」くらいでOK。

私の場合、こうして食事を気をつけ始めてから、体重増加はほぼおさまり、お医者さんから言われた範囲内におさまっています。

妊婦さんの体重管理、言われたけれど・・・。なんとなく気をつけてはいるもののどうしていいかわからない、という方多いですよね。

自分に合った方法で、無理なくストレスをためずにがんばりましょう!赤ちゃん、そして将来の自分のためですから

◆◆◆

追加

とにかく「難しいことは苦手・・・」という方、まずは、以下を気にするだけでも違いますよ♪

①ごはんは1食1膳~1膳半(パンは1枚~1枚半)

②肉、魚などのメインは、1回に鮭の切り身(小)一切れくらいの大きさが目安

③野菜はいっぱい食べる(カロリーが上がるので味を付けすぎない)

④間食は基本的に×。(でも、お楽しみにヨーグルトやフルーツをちょっと^^)

妊婦なので、しっかり栄養をとることと、バランスは大切なので、無理な食事制限は厳禁です

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

短大の卒業式。

Img_

【卒業式 答辞を読んでいるところ】

昨日、無事短大の卒業式を迎えることができました

2年間、本当に大変でつらいこともありましたが、まずは栄養士を無事取得できたことにほっと一息です。

そして・・・・、

なんと、主席卒業~!ということで、学長賞をいただくことができました。

さらに、『答辞』も読むことに・・・

妊娠中でもあり、お腹もそうとう大きく、しかも20歳の子の同級生に混じって・・・。というだけで、ステージに上るのも気後れしてしまうのに、さすがに答辞は荷が思い・・・。と一度は辞退しようかと思ったのですが、お世話になった先生方が押してくださったとのことで、ありがたくお受けして、卒業生代表として読ませていただくことにしました。

30歳越して、人生初の経験でした。

妊娠6ヶ月でも、着物もなんとか無事着ることができて更に一安心。

これも、夫、娘、実家の父母(テスト中などいつも娘の面倒をみてもらいました)のおかげだと、本当に家族に感謝でした。

そして、お仕事関係の皆様も、いつも私の短大の授業予定に合わせてくださったりと本当にお世話になりました。

周りの人に支えられて、卒業できたのだと、改めて思いました

これからも、皆様、どうぞよろしくお願いします!

”栄養士”の知識も、いっぱいいっぱい生かしていけるといいな~、と思います。

| | コメント (3)

2009年3月16日 (月)

新聞掲載されました。

Img_

【信濃毎日新聞 2009年3月16日 家庭欄】

今朝の信濃毎日新聞の家庭欄に、私のアレルギーレシピが掲載されました。

今回は、定番で作りやすいものを・・・。ということで、基本の簡単なレシピ2点を取り上げていただきました。

地方紙なので、地域限定ではありますが、早速感想などをメールで送ってくださるかたもいて、とても嬉しかったです

今は妊娠中ですが、落ち着いたら食物アレルギーのお料理教室もぜひ開いていきたいと思います。

そのと時はまた、こちらのブログでご案内しますので、どうぞよろしくお願いします!

★アレルギー関連別ブログ『阪下千恵の しあわせアレルギー生活』は↓から。

http://syokuare.blog73.fc2.com/

こちらもよろしくお願いします^^。

| | コメント (1)

2009年3月15日 (日)

ひじきの混ぜご飯でお昼。

Img_

【ひじきの混ぜご飯】

Img__2

【具沢山卵焼き】

今日のお昼はひじき煮を炊きたてごはんに混ぜ込んで、「ひじきの混ぜご飯」にしました。

煮物で食べるひじき煮よりも、甘みを減らして、あっさりと味付けます。娘の大好きな枝豆を入れて、彩りアップ。

簡単なわりに、食がすすむので、お昼にもぴったり^^。

【ひじき煮 混ぜご飯用】

・ひじき 6g

・油揚げ 1/2枚

・にんじん 4cm

・枝豆(冷凍) 適宜

・A(醤油、みりん 各大さじ1、だし汁1カップ)

・サラダ油  小さじ2/3

(作り方)

①ひじきは水で戻し、水気を切る。にんじんは千切りに、油揚げは油抜きして千切りにする。

②鍋に油を熱し、①を炒めてからAを入れて、中火で汁がほとんどなくなるまで煮詰める。最後に枝豆を入れてざっと混ぜる。

③あたたかいご飯に混ぜる。

★仕上げに白ごま、青じそなどを添えるとさらにおいしいです。

★アレルギー関連別ブログ『阪下千恵の しあわせアレルギー生活』は↓から。

http://syokuare.blog73.fc2.com/

こちらもよろしくお願いします^^。

続きを読む "ひじきの混ぜご飯でお昼。"

| | コメント (0)

2009年3月13日 (金)

ホワイトデーギフト

Img_

【ホワイトデーギフト】

・ごぼうクッキー

・にんじんクッキー

・キャラウェイスコーン

・ハーブティー

夫のバレンタインのお返しに、焼き菓子詰め合わせを作りました。

確実に義理チョコだから、妻がお返し作ってもいいよね

ホワイトデーギフトコーナーを見回しても、どれもありきたりで、近くのお店では自分が欲しいと思えるお菓子が見当たりませんでした・・・。

せっかくもらったのに、いかにも「義理返し」というのもね~。と、いうことで、野菜やスパイスを使ったお菓子を作ることに。

ささやかですが、喜んでもらえるといいな、と思います

(追)このごぼうクッキー、野菜が苦手な娘も、「おいし~」と言ってました^^。

★アレルギー関連別ブログ『阪下千恵の しあわせアレルギー生活』は↓から。

http://syokuare.blog73.fc2.com/

こちらもよろしくお願いします^^。

| | コメント (0)

2009年3月12日 (木)

子育て。

昨晩から、娘が高熱を出しました。

”インフルエンザ・・・?!”と、一瞬ヒヤッとしたのですが、一晩で37度代まで落ち着いたので、どうやら普通の風邪のようでした。

ただ、ここのところ保育園の卒園式の劇の練習、お友達関係、ママのお腹の赤ちゃん、とストレスが重なっていたみたいなので、それが一気に噴出したのかな~、と心が痛みます

二人目が出来て、親はもちろん嬉しくて、娘も喜んでいたのですが、心の奥では不安で不安でしょうがなかったみたい。ここ2週間、気が狂ったように夜泣きをしていて、ようやく昨日原因が判明。

「お腹の赤ちゃんが嫌」とは、子供ながらに言えなかったんですって・・・。

「悲しくて不安だった気持ちわかったからね」と、言ってあげたら、ようやくちょっと落ち着いて寝るようになりました。

あ~、子供の気持ちって、わかっているつもりでも難しい。

どうして、もっと早く気がついてあげなかったのかな、とちょっと自己嫌悪になるのでした。

母親って、どんな仕事よりも難しいな~、と改めて思いました。

娘に日々育ててもらっている感じです^^;。

★アレルギー関連別ブログ『阪下千恵の しあわせアレルギー生活』は↓から。

http://syokuare.blog73.fc2.com/

こちらもよろしくお願いします^^。

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

新聞取材。

今日は、長野県内を中心に配られている、「信濃毎日新聞」の取材を受けました^^。

家庭欄の「アレルギーの子供のお料理」特集の中で、私のお料理もご紹介していただけることになりました。

地方紙なので、地域が限られてしまいますが、もし、信濃毎日新聞をおとりの方がいたら、ぜひ見てくださいネ。

3月16日(月)家庭欄の予定です。

出身地でのお仕事は初めてなので、ちょっと嬉しいです^^。

★アレルギー関連別ブログ『阪下千恵の しあわせアレルギー生活』は↓から。

http://syokuare.blog73.fc2.com/

こちらもよろしくお願いします^^。

| | コメント (1)

2009年3月10日 (火)

オーブンデー、スコーン&クッキーなど

Img__2

【フルーツクッキー】

Img__3

【全粒粉スコーン】

焼き菓子をいっぱい作りました。

デコレーションするケーキはイベントの時しか作りませんが、焼き菓子は手軽に作れるのでしょっちゅう作ります。

粉、バター、ドライフルーツなどは家に常備。

思い立った時に作れます^^。

スコーンは、外で買うと結構甘いものが多いのですが、私は甘くないタイプが好きなので、家で作るのは、あまり甘くない「粉」味です。

自分で焼いて、焼きあがったときに、真ん中が”ぱかっ”と割れるのを見ると幸せになります♪

我が家のオーブン、私が中学生の時、実家にあったものをもらったので、既に15年以上?!いっぱい働いてくれているな~、とちょっと感動です。

★アレルギー関連別ブログ『阪下千恵の しあわせアレルギー生活』は↓から。

http://syokuare.blog73.fc2.com/

こちらもよろしくお願いします^^。

| | コメント (0)

懐かしのナポリタンスパゲティ

Img_

【ナポリタンスパゲティ】

今日の私のお昼です

仕事の試作でお魚ソーセージを使ったのですが、夫は、「お魚ソーセージの料理はヤダ~」とめずらしく言うので、私のお昼に作りました。

ケチャップ、玉ねぎ、ピーマン、お魚ソーセージ・・・。超懐かし系の味でした^^。これはこれでおいしい。

私の子供の頃は、「スパゲティ=ナポリタン」。

母の作るナポリタンが大好物でした。

姉と一緒に、近所のお友達のお家に行く時に、母がお土産にこのナポリタンスパゲティを作って持たせてくれたことがありました。

どうやらいっぱい作りすぎたようで、パスタの麺が数本ずつくっついてしまった塊がいっぱい。お友達+私たち姉妹は、なんだかそれが楽しくて食べた記憶が懐かしく思い出されます。

食に記憶ありですね~。

| | コメント (0)

2009年3月 8日 (日)

休日のお昼。手作りピザ

Img_

【手作りピザ】

今日のお昼は娘と一緒にピザを作りました。

娘もパパもピザが大好き。

家にあった材料で作ったので、あり合わせですが、手作りの楽しさもあり、みんなでおいしく楽しく食べました

ピザソースは、家にあった「ドライトマト」「トマトピューレ」「トマトケチャップ」で適当に作りました。具は、玉ねぎスライス、パプリカ、ベーコンです。

ピザ生地をのばしたり、トッピングのチーズや野菜、ベーコンを散らすのは娘の役目です。

大好きなピザだと、娘も野菜が載っていてもちゃんと残さず食べました^^。

2枚目は、バジルとオレガノもたっぷり載せて、大人味のピザになりました。

【ピザ生地レシピ・2枚分】

強力粉 280g

塩 小さじ1、砂糖 小さじ1、オリーブオイル 大さじ1、ドライイースト 小さじ2/3 水180cc

生地は手で練っても大丈夫ですが、今回はホームベーカリーの生地コースで練りました。

一次発酵後半分に切り、うすくのばします。

ピザ生地だけでオーブン(200度)で5分ほど焼き、トマトソース、チーズ、トッピングを載せてから、250度~300度のできるだけ高温で、カリッとするまで焼きます。

ピザ屋さんの味、とはいかなくても、家庭で作るピザは、楽しい、おいしい、安上がり!ですよ^^。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

実家に帰省中。おひな祭り。

今日はおひな祭り。

ですが、娘と二人、プチ春休みで実家に帰省中です。

本当なら、ちらし寿司、蛤の潮汁・・・と私が作る予定でしたが、今日は母が、”海苔巻き”と”おいなりさん”でおひな祭りをしてくれました

母の料理にはかないません。

カメラのバッテリーが切れて、写真を載せられないのが残念ですが、太巻きの彩りも巻き方もばっちりきれい。お味もおいしかったです。

母の料理の何がすごいって、寿司飯も、油揚げを煮るのも全て目分量!でもおいしい。

道具もほとんど出しません。”巻き簾”は今日はしまいこんで見つからなかった~、と素手巻きをしていたのに、バッチリきれい!

すごい!!

さすが年季が違うな~、と改めて尊敬しました

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »