« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

1年は早い。

去年のちょうど今頃、大量の離乳食レシピの撮影と、娘の卒園&小学校入学でワタワタしてました。

そして今年。

明日はお弁当の撮影+αがあり、相変わらずバタバタしてます。

でも、上の娘はもうじき2年生!

しっかりしました。

りっぱな、我が家自慢の小学生です

おちびもすっかり大きくなり^^;。

「だいじょーぶ?」「ごめんねー」「いやない」「こっこ~(抱っこ)」「あんぱんまん、つけてー」などなど・・・。数え切れないほどの言葉を覚えて、意思疎通ができるようになりました。

保育園でも明日からはウサギ組さん(1歳児クラス)に進級です

子供の成長ってすごい。

私はちっともかわっていないのに、娘達は一歩先を歩いていきます。

うーん、ママもがんばらねば、、、。と、思うのでした。

明日から4月、なんかちょっと嬉しいです。

続きを読む "1年は早い。"

| | コメント (0)

2011年3月24日 (木)

今更ですが、ホワイトデーの娘チョコ。

Img_

【娘と作った ホワイトデークランチチョコトリュフ】

地震があって、すっかりアップしていませんでしたが、

娘(7歳)が一生懸命作ったホワイトデーの友チョコのお返しです。

クラスのお友達からバレンタインには手作りチョコをもらったので、

「どうしてもチョコをお返しで作りたい!」と地震のあとにもかかわらず・・・。作りました。

世の中も、親も、大人はみんなそれどころじゃない気持ちでしたが、娘の気持ちを台無しにするわけにもいかず、、、。

「かんたんに”クッキー”とか、どう?」

ってすすめてみたけれど、どうしてもチョコがいい!とのこと。。。

家にストックしてある製菓用食材&板チョコ、コーンフレークを使って作りました

チョコつくりは、温度計を出しての作業でちょっぴり面倒なのですが、今回は一応ちゃんとテンパリングもしました。

中身は黒いろのコーンフレーク入りトリュフ。

更に中にはオレンジピールが入ってます。

そして外側をホワイトチョココーティング。

これは、娘がチョコペンでデコレーションしたいから・・・。

チョコをテンパリングする作業は私が行いましたが、それ以外はけっこう娘ががんばった!来年はお互いもっと上手になるといいね~

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

お弁当(夫用)

Img_

【鶏の照り焼き丼弁当】

・ごはん

・鶏の照り焼き(錦糸卵、焼きネギ)

・パプリカとキャベツのマヨ和え

・ミニトマト

Img__2

【ピーマンの肉詰め弁当】

・おにぎり

・ピーマンの肉詰め

・ミニトマト&レタス

↑夫用のお弁当2日分です。

地震、原子力発電所の爆発、停電・・・・。

日本中が不安で一杯ですね。

何よりも、被災地の方々のことを思うと、とても浮かれた気分にはなれず、なんとなく気持ちが沈んだままです。

食材もスーパーに売っているものが限られるなか、今までどれほど物が豊富で無駄にしていたかを思い知らされてます。

本当に必要なものを無駄なく使うことの大切さに改めて気づきます。

特に食材の無駄に鈍感になっている自分に、ちょっと反省するのでした・・・。

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

夫弁当。鮭弁当

Img_35

【鮭弁当】

ごはん、紅鮭、ほうれん草とコーンのバターソテー、ウィンナー、ミニトマト、チーズ

地味な弁当ですが、今日の夫弁当です。

被災地の方のことを思うと贅沢はいえませんが、近隣からどんどん日用品や食材が消えています。。。

昨日、スーパーにぽつんと残っていた「紅鮭」でお弁当に。

しかも、今日は朝方の地震で一度おきたためか、寝坊してしまって作る時間がなくなってしまいました。

前日下ごしらえは何もしていないので、結局15分で出来るもの、ということでこんな感じに。

明日はもうちょっと一工夫したいと思うのでした。

| | コメント (0)

2011年3月14日 (月)

お弁当。

Img_

【夫の今日のお弁当】

大きな地震がおき、なんとも言葉に出来ない気持ちで一杯です。

ニュースで被災地の方の様子を知るたび、どれほどの辛さかと思うと、とてもこんなブログなんて書いていられない気持ちになってしまいます。。。

ですが、仕事も日常生活もあります。

私もがんばらねば。

地震の日は、都心に勤めているので帰宅難民になってしまった夫。

今日もちゃんとお店に食べ物があるのか心配だったので、お弁当を持っていってもらいました。

元気がでるように、肉や卵中心。

食材もどんどんスーパーから消えている中、いろいろ不安はつきませんが、心静かにできることを一つずつ行っていきたいと思うのでした。

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

Img__1

【今日のお昼 ランチプレート】

↑今日のお昼です^^。

実は、小学生の娘のクラスが昨日から今週一杯学級閉鎖になってしまいました・・・。

で、家にいます。

元気なのに遊びに出られない娘は、もう欲求不満

お昼は、昨日は久しぶりに二人っきりで外食をしたので、今日は二人でおうちごはん。

内容は、ごはん、南蛮漬け、肉巻き、ポテトサラダ、パイナップル。

ポテサラは娘の大好物の一つです。

「お昼どうする~?」って聞いたら、

すかさず「ポテサラ」と「ハンバーグ」!!

ハンバーグはちょっと間に合わないので、とりあえずポテサラ作りました。

私が子供の頃は、「学級閉鎖、ラッキー!」だったけど、娘は「はやく学級閉鎖終わって欲しい・・・」とぶーぶー文句を言っています。

それだけ”がっこう(お友達?!)」が好きになってくれて、よかったなー、って思うのでした。

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

小学館『ベビーブック』4月号にてアレルギーレシピ掲載中です。

Img_

【小学館 ベビーブック 4月号】

3月1日発売の『ベビーブック』付録冊子「cafe BB」にて子供向けアレルギー対応レシピを掲載中です。

今回は4ページにわたってオリジナルレシピをご紹介しています。

↓小学館『ベビーブック」公式サイトはこちら~。

小学館『ベビーブック』4月号 親子ページ「DAKKO」

Img__2

↑こんな感じです^^。

Img__3

↑おやつのページをちらっと。

どれも、「え?!アレルギー対応なの?」というくらい、普通の方でもおいしく食べてもらえるレシピだと思いますので、興味のある方はどうぞ書店で探してくださいネ。

雑誌なので、1ヶ月間しか買えないので・・・

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

テレビに出ました~。

え~っと、今朝テレビにでました

テレビ朝日、「やじうまテレビ」の”おひな祭り”料理を出すお店を紹介するコーナーです。

自分をテレビで見るのはなんとも・・・。ですが、ひとまず無事終わってほっと一息~。

さて、この放送の収録(ロケ)の時の様子をちょっとだけご紹介します!

Img_

↑こちらは京王プラザホテルのロビーにて。

『つるし雛』ってご存知でしょうか?

古布(ふるい着物などをほどいた絹)の端切れを使って、手作りのお人形をつるします。

京王プラザホテルでは、館内いたるところに展示されていて、おひな祭りモード全開です!

Img__2

↑こちらは京王プラザホテルのイタリアンレストラン、「フォルトゥーナ」の若きパティシエ(ドルチェ専門!)の水野さんです。

この「フォルトゥーナ」のロケのあたりは、まだまだ時間の余裕があったので、待ち時間にパチリ

一緒にうつっているのは、水野さん作、「チョコレート」の置物で~す!

実物は本当に”ちょことは思えない”感じでみているだけで楽しい♪

デザートも、お料理も、スタッフの方の雰囲気も○なレストランです

子供と一緒でも、安心して行けるのがホテルの魅力ですよね!

ちなみに・・・。こちらの京王プラザホテルは、授乳室が充実していたりと、小さな子供をつれたお母さんにすごく優しいのです。

◆◆◆

その後、「みちば和食たての」さん、「豆腐料理 八かく庵」さんへ。

「みちば和食たての」の舘野料理長は、本当にお人柄も柔和で、もちろんお料理は最高で、本当に素敵な方です。

「八かく庵」さんも、料理長さんは言葉数は少ないのですが、プロの技を数々披露してくれます。レストランの夜景とお豆腐~。デートなんかに超!おすすめです。

でも、くれぐれも「最初に出てくるおぼろどうふ」おいしくって、おかわり自由だからって、食べ過ぎちゃうと後のお料理が食べられなくなっちゃうのでお気をつけください(笑)

本当は写真もとりたかったのですが、時間が押していて駆け足。

◆◆◆

さて、明日はひな祭り本番。

でも、我が家の娘達、上は給食で、下も保育園でちらし寿司&桜餅、食べてくるんですよねー

ひな祭りケーキでも用意してお祝いしようか、どうしようか、しかも明日は夕方~上娘の合気道のお稽古なので迷うところです。

おひな祭りって、こころが華やぎますね

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

『こころのサポート』冬号 にレシピ掲載中です。

Img_

【こころのサポート 冬号】

Img__2

Img__3

うつ病の患者さん向け、医療関係者向け雑誌、『こころのサポート』にて、ちょっと一息コラムとして、レシピを掲載中です。

病院などでみかけたら、よかったら見てくださいネ。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »