« 手作り桃のコンポート(桃缶風) | トップページ | 手作り ”あんぱん” »

2011年9月14日 (水)

手作り。あんこのレシピ

P1020884_350x263
【手作り あんこの作り方】

(材料)
・小豆       250g
・砂糖       200g(甘さを抑えるときは150g~、しっかり甘みは250g~300g)
・塩        一つまみ

(作り方)
①小豆はさっと洗って鍋に入れ、水を小豆の5倍程度(5・1/2カップ)入れて強火で沸騰させる。10分ほど中火で煮立てて、ざるにあげてゆでこぼす。(あくがあるので、ちゃんと捨てましょう)
②圧力鍋に①の小豆を入れて、水を4カップ入れる。おもりが振れてから、約3~4分弱火で加熱し、そのまま圧力が落ちるまで蒸らす。
③砂糖、塩を加えて、かき混ぜながら用途によって煮詰める。

*普通の鍋の場合は、ゆでこぼしてから5倍程度の水で再び煮ていきます。途中、差し水を3回程度しながら、弱火でやわらかくなるまで煮ます。最後は蓋をして蒸らし、しばらくしてから砂糖を加えて煮ます。
普通の鍋だと30分くらいかかるでしょうか・・・。火加減に注意して、ゆっくり時間があるときに煮てくださいね。

◆◆◆

乾燥した小豆から、だいたい2倍程度のあんこができます。(砂糖の加えて重量除く)
たとえば、250gの小豆から、700g(あん500g+砂糖200)程度のあんこができるって感じです。

『豆』は、水に浸しておくイメージがありますが、小豆は例外。
すぐに煮ちゃってOKな豆なのです。
煮ていくときの豆の香りは最高~~!!
これがキッチンにいっぱいになると、家庭の調理の幸せを感じることうけあいです

今日は、後で「あんぱん」を作るためにあんこを煮ました。
スローライフ~。

でも、本当は、すごくこだわってあんこから作ったのではなくて、スーパーの「餡」売り場に行くと、本当は練餡を買おうと思っていたのに、こっちの小豆を買ってしまうのです・・・。
理由は、”コストパフォーマンス”

ソルビトールやらでんぷん、酸化防止剤の添加物が入っていない餡は、とにかく高い
でも、小豆よりも安い練り餡には、必ずお砂糖の変わりに甘味料が使われていて、それを見るといまいち買う気がうせちゃって、結局ほどほど手ごろなお値段で、しかも安全な「小豆」を煮よう!ってなっちゃうんだよね~。

まあ、時間がかかる分、満足感もたっぷりだから、いいかな・・・?

市販の餡にはない、ふんわりとした豆本来の良い香りが、すごく豊かな気持ちにさせてくれるのでした~。

またまた夕食後に、「あんぱん作り」です

|

« 手作り桃のコンポート(桃缶風) | トップページ | 手作り ”あんぱん” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手作り桃のコンポート(桃缶風) | トップページ | 手作り ”あんぱん” »