« 経験が人を作る? | トップページ | 紅玉アップルケーキ »

2011年10月27日 (木)

タルトタタンレシピ

Img_0068_350x263

【タルトタタン 】


先日、NHKのプロフェッショナルで料理研究家の栗原はるみさんが出演なさっていました。
そこで、「タルトタタン」の試作を繰り返されている様子が。
栗原さんは、「他のレシピは見ない」と自分流で作られていて、本当においしそうで、しかもそのお料理へのこだわりも素敵だな~。と改めて尊敬したのでした。

そこで、私も私流「タルトタタン」
自己流です。
実家の父が作っている紅玉。毎年アップルパイは作っていて、まさに「タルトタタン」のような作り方で作っています。
キャラメルのように焼いたりんごをパイで包むのが例年ですが、今年はタルトタタンスタイル!
自分で言うのもなんですが、手前味噌ですが、めちゃくちゃおいしそうな焼き色でできましたよ~。りんごの扱いは、りんご農家のおじいちゃん&定年後農家の父のりんごに囲まれてそだったので自信ありです。

妹の彼がアップルパイが好きなようなので、妹のためにレシピ↓
どうやら実家で自己流で作ったアップルパイはうまくいかなかったみたいなので、これでも試してみて~。
見た目、めちゃ盛り上がります。
でも、味は普通のキャラメルのように焼いたアップルパイのほうが上かな・・・?

今日は、夫が出張で、おちび(2歳)しか食べてくれる人がいないのが悲しすぎです

【タルトタタン レシピ】

Img_0066_350x250
↑お皿にひっくり返す前は、こんな感じ。
すっごくラフに作ってます。
普段愛用している、オーブンでも使える小鍋です。取っ手が取れるのがお気に入り


(材料  15センチ1個分)
・紅玉     中3個
・グラニュー糖   100g
・バター       20g
・レモン汁      大さじ1
・冷凍パイシート   1枚

(作り方)
①紅玉は4つわりにして、皮をむき、芯をとる。鍋にきっちりと敷き詰め、上からレモン汁とグラニュー糖をかける。バターも上からちぎって載せる。
②中火でぐつぐつ。焦げない程度うに大胆に。かきまぜません。途中でアルミ箔の落し蓋をして、ぐつぐつ煮ます。水分がなくなってきたら弱火にして気をつけながら、周りが少し焦げ目がついてくるまで加熱します。粗熱をとる。
③冷凍パイシート1枚を、鍋の形に合わせて麺棒でのばす。オーブンに入れる直前に②の上にぴったりとかぶせ、ふたをする。
④210度に予熱したオーブンで約30分焼く。粗熱が取れたらひっくりかえす。


|

« 経験が人を作る? | トップページ | 紅玉アップルケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経験が人を作る? | トップページ | 紅玉アップルケーキ »