« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

お父さんのりんご

P1030827_350x262
【りんご 上田の父作】

実家の父が作ったりんごです。
退職後、母方のおじいちゃんの畑を引き継いで作り始めたりんごも、今年で何年目かしら・・・?

とにかく、お父さんのりんご、すっごくおいしかった!
しゃくしゃくしていて、香りもよく、蜜もたっぷり入って、申し分なし。


今年は全般的に、りんごの収量も味もいまひとつのところが多いみたいですが、なんだかうちの畑は良くできたみたい。不思議~。
おいしい野菜や果物を全国食べまわる仕事をしている夫も、「高級りんご」に劣らない味と食感、と評してました。
(お父さん、良かったね!)

うちのおチビさんが、「これでもか」ってくらい喜んで食べてます


P1030828_350x248

りんごはやっぱり年内が一番おいしくて、年明けには蜜もぬけてやや”ぼけて”(方言らしいですが・・・。他の言い方をしりません)きてしまいます。
おいしい今にたっぷりといただきます

このりんご、長野県上田菅平インター近くの「直売所」で、たぶん「堀内」の名前で売っていると思います^^。お近くの方、よかったら見てくださいね。
(でも、りんごはあたりはずれがあるから、美味しくなくても苦情はうけませ~ん。)


| | コメント (2)

2011年11月27日 (日)

仕事のこと。

金曜日は無事に撮影が終了。
娘の風邪、アシスタントさんも風邪でお休み、、と不安要素もあったのですが、連載しているところの撮影だったので、カメラマンさん、編集の方もおなじみで、リラックスした雰囲気の中、いつものペースで終えることができました。

お弁当の撮影なので、こまごまとしたおかず、飾りなどなど、食材もいっぱいで意外と大変?

でも、一日撮り終わったあとの、「ほっ」とした喜びは格別です。

さてさて、来週は2日連続の撮影。
今回はスタイリングまで自分で行うので、食器もレンタル、いろいろ準備でちょっと忙しい~。
この撮影が終わったら、ちょっと一段落(するはず・・・)なので、年賀状とか、クリスマスとか、年末の準備にとりかかろうと思います!

◆◆◆

それはそうと、うちの娘(2歳)は、薬を飲むのが大嫌い。
普通に嫌いっていうレベルではなく、大人二人がかりで、もう決死の覚悟で押さえて、飲ませて、ぐちゃぐちゃになりながら終了・・・。という感じ
一口がんばって飲ませて「おいしいもの」でもダメ。
アイスやジュースに練りこむのもダメ。
水で溶かすと、吐き出すからダメ。

で、最近すごいワザをあみだしました!

粉薬に、一滴ずつ水を混ぜて、指で練り練り。
白玉団子くらいの固さに、練ってまとまったものを更に丸めて団子状に。
これを、娘の鼻をつまみ、口を開けさせ、指で上あごに貼り付け、水を飲ませる!
決して吐き出さず、意外と負担が少ない飲ませ方。
普通の子なら、普通にねりねりしたあと、お口に入れて、お水、ジュースとか飲ませてあげればOKかも。

家のように、「絶対薬飲まないぞ!!」のおうちは、ぜひお試しあれ。

お姉ちゃんのほうは、小さい頃から、お薬普通に飲んでくれたんだけどな~
姉妹でもずいぶん違いますね。

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

娘と仕事と夫と・・。

明後日は撮影です。
そして、来週も撮影です。

で、このタイミングで、またか~~!!の、娘お熱。
うちの娘(小2)、今月風邪でダウンするの3回目なんですけど・・・。
しかも、今回は本気で本気の風邪。
ただいまのお熱、38.8度。。。
うわごとを言ってパニックになっているし、不安でいっぱいです。

ちびさんもうつっている可能性は50%。
こっちがうつっていると、もう仕事はアウト。
どうか、妹にうつっていないことを祈るのみです。

そして、頼みの夫も、今夜さっくりと出張に出てしまいました~~
もう、自分たちで何とかするしかない・・・。

とりあえず明日は買出しだけど、もうどうなるかヒヤヒヤしながら綱渡り。

しかも、今回はもう一つ頼みの綱のアシスタントをお願いしている方も風邪でダウン。

さあ、私は乗り切れるかしら。
ここからが勝負。
なんの?
もちろん、神頼みです

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

便秘対策あれこれ

そういえば、先日、『便秘で困った~!どんなもの食べるといいとかある・・・?」の相談を受けました。

便秘=食物繊維、水分

って思いがちだけど、実は油分も大事。
後は、やっぱり乳酸菌などの「菌」系でしょうか。

私も若かりし頃、経験があるのだけれど、ダイエットをしていたり、カロリーを気をつけて自炊していると、「油」をほとんど使わず調理していることってけっこうあるのです。
食べ物自体に含まれている「油」や「脂」もあるけれど、それ以外はほとんどとらずにいたり、更にダイエット中、小食などで量も食べずにいると、便秘まっしぐらです。

ここに加えて、繊維いっぱいの野菜ばっかり食べると逆効果。
余計おなかが苦しい結果に・・・

そう考えると、やっぱりバランスよく食べることって大切です。

あと、奥の手ですが・・・。
うちの娘(小2)は、いつもお腹すっきり健康タイプ。
なぜなら、本人が言うには「ミヤリサン飲んでいるから」だそうです。
この、「ミヤリサン」実は薬ですが、ようは乳酸菌みたいな「ミヤリ菌?」というものの粒。
私の出身の長野の製薬会社のもので、子供の頃から”かりかりのお薬”と親しんできたものでした。
おいしくて、子供でも水なしで飲みやすいのが特徴。
どうやら、実家に帰ったときに、お腹が痛いとき私の母からもらって、気に入ったみたい。

だれも頼んでいないのに、一人律儀に毎日飲む上の娘です。

最近は、おちびまで一緒にカリカリやっています
こちらはラムネ気分?
でも、うんちが固くて困っていたチビさんですが、そのおかげで急激によいトイレになってきました^^。

まあ、ヤクルト飲むのと同じだから、いいかしら~、と本人にまかせています。
どうしても困った方、やっぱり乳酸菌系は良いですよ。

(あ、別にミヤリサンの会社とは何の関係もなく、頼まれてもいませんので、ご安心を~)

| | コメント (1)

2011年11月21日 (月)

乳、卵不使用のドーナツ&ウィンナーロール

P1030777_350x256

【乳・卵不使用ドーナツ】

(材料 約12個分)
・強力粉   280g
・砂糖     35g
・塩       4g(小さじ2/3)
・植物油    大さじ1(12g)
・豆乳40cc+水150cc
・ドライイースト   小さじ1弱
・揚げ油       適宜
*チョコ、シュガーなどトッピング適宜
(チョコレートは乳製品不使用のものを使用しています)

★作り方
①パン作りの要領で、生地を練り、一次発酵させる。(発酵:約30~40分)
②分割、ベンチタイム→ドーナツ型に成型→2次発酵(発酵 40度で約40分)
③揚げる
④冷めてからトッピング

P1030769_350x263

【乳・卵不使用ウィンナーロール】

*乳製品OKな場合は、中にスライスチーズを少し入れると更においしい!

↑両方とも、パン生地を使ってます。
豆乳を加えると、なんとなくもっちりして、お水だけで作るよりも更においしくできます。

ドーナツは、いろいろ試したのですが、イースト発酵させたものが作るのは大変だけどおいしい気がしています。
アレルギーがなくても、まったく関係なくおいしい!
ホームベーカリーで作ると簡単なので、試してみてくださいね^^。

| | コメント (1)

2011年11月19日 (土)

アレルギー料理講習会を行いました。

昨日は青梅市の保育園栄養士さんたちの料理講習会に講師としてよんでいただき、「アレルギー料理」の講習を行ってきました。

メニューは、定番ですが、いろいろ悩んだ結果、
・シチュー(乳、卵、小麦不使用)
・ウィンナードッグ(乳、卵、不使用)
・チキンナゲット(乳、卵、小麦不使用)
・いちごショートケーキ(乳、卵不使用)
の4品です。

今回は、各保育園で働いている、栄養士さん、調理師さんたち対象だったので、みなさん手際がすばらしくよくて、感激でした。
片付けなんて、あっという間。
本当に気が付いたら終わっていた、って感じでした。

園のアレルギー対応食の何か参考になるところが一つでもあったら嬉しいな、と思います。

さて、アレルギーの料理講習会などをいくつか行って思ったことなのですが、やっぱりお菓子系はコツがあるので、だれもがうまくいくように、レシピをわかりやすく書いたり、また実演することが大切だな、と思いました。

前回行った、学生さん対象の時では、1回目のクラスであまりにも失敗が多かったので、2回目のクラスでは、ケーキを作る人だけ集めて、私が付いて細かくチェックしながら作りました。そうしたら、やっぱりうまくいった確率がぐんとアップ。
直接一緒に作ることができる料理教室をまた開催していきたいと改めて思いました。


そして、昨日の園の栄養士さん調理師さんの講習会で伺った中では、やっぱり「卵、乳、小麦」の3つが食べられないお子さんも実際にいるそうです。
3つ除去のおいしいレシピも、いっぱい考えたいな~、と思いました。

まだまだ私自身の課題がいっぱい
がんばります。

青梅市の保育園の先生方、本当にありがとうございました~!

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

『AERA ウィズ ベビー』12月号にインタビュー掲載中です。

P1030703_263x350


P1030705_350x263

【アエラ ウィズ ベビー  12月号】

11月15日発売の「アエラ ウィズベビー 12月号」の”免疫パワーをあげる”特集で、私もインタビューを受けて掲載していただいております

3/4ページ分の短い中ですが、食物アレルギーの娘の子育て、そして今思うこと、同じ経験を今しているお母さんたちへのメッセージなどがのっています。
インタビューの時のお話のたくさん、たくさんの中から、紙面でのせていただけることには限りがありますが、少しでもどなたかの参考になると良いな~、といつも思っています。

もしよかったら見てくださいね。

| | コメント (0)

小学生遠足弁当

P1030699_350x268
【小2 女子 遠足 オムライス弁当】
今日は娘の小学校の遠足です。

昨日まで風邪で学校をお休みしていたので、今日は無理かな~?と思っていたのですが、どうやら「遠足は行く」と決めていたみたいで、そこまでに治したみたい
立派!

で、早朝、娘に、「ねえ、今日遠足行けそう~?」「ママ、それによってお弁当作るけど・・・」と聞いたら、「行く」と言って、娘はすぐに二度寝。

今回は、行くか行かないかわからない遠足のお弁当だったので、いまいち準備もしていなくて、かなり手抜きです。
ごめんね。

黄色い中身は、オムライス。
ハート型に成型し、上に卵、その上にハートのチーズとハム。
ケチャップは卵の内側に絞ってます。

あとは、から揚げ、ウィンナー、温野菜、さつまいもの甘煮、など。
余ったおかずは私のお昼に詰めました
もちろん、家で早弁。(もう食べました)
P1030701_350x256

手作りのから揚げは、やっぱりおいしい~!


| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

娘たちと、仕事と。

下のおチビさん。
2歳。
普段はあまり病気もせず、よく食べ、元気だけど、昨日からひどい咳とお熱。
今日はもちろん保育園お休みです

そして、姉妹はうつる・・・。って、ことで、小2のお姉ちゃんも風邪で学校お休み。

朝から二人とも、ま~ったりとごろごろしてます。

あ~、仕事の予定がくるいました!
どこで時間を埋め合わせよう・・・と娘たちのごっご遊びに返事をしながら、考える私。

以前は、仕事の予定が遅れることにあせっていらいらすることも多かったのですが、今は、「とりあえず、撮影当日じゃなくて良かった・・」と割り切ることに。
なんとかなるもんです

最近ふと、私の20代後半~今までは、娘たち中心。全て自分のことは娘たちにある意味ささげてきたのだけれど、そろそろ、「自分」+「娘」に戻ろう、と気が付きました。
仕事ももちろん。
音楽を聴いたり、演劇鑑賞、コンサートや美術館、スポーツ。
やりたいこと、今までやりたかったけどなんとなくできなかったこと、いろいろはじめたいな~、と思いました。

何よりも、上の娘が急に「ママ離れ」をしてきて、しっかりしてきたことが、そんな気にさせてくれたのかな~、って思いました。
今日も、「ママ、仕事あるでしょ?」と、下のおちびの相手をしてくれている。
頼もしいおねえちゃんです

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

食育って難しい。

我が家の上の娘(7歳)は、3歳くらいから「野菜ぎらい」
小さい頃から、お菓子なんかはあまり好まず、料理も薄味好み。
ジュースなどもあまり飲まず、一番好きなのはお茶と水。
ヨーグルトはきらい。牛乳は好き。
肉全般ラブ。

下の娘(2歳)はなぜか野菜好き。
好物は、おくら、いんげん、にんじんなどのゆで野菜スティック
そして、枝豆には異常な熱意をしめします。
牛乳、ヤクルト、ヨーグルト大好き。
ジュースをたまにもらえると大興奮。
お菓子は見てしまったら最後というくらい大好き・・・。
お肉系はあまり食べず。

二人のいいところをとってくっつけたら親はとっても楽なのでしょうけれど、、、

この二人の娘たちに、日々バランスの取れた食事を残さず食べさせるなんて、すごく大変なのです

上の娘の野菜嫌いは、しつこくしつこく作って、食べさせたり、なだめすかしたりの数年間で、今はだいぶ食べるようになってきました。
娘も、頭では理解していても、やっぱり「好きは好き、食べたくないのは食べたくない」のです。

下の娘にいたっては、そもそもそれ以前。
食事中に、「ママ、だっこー。おひじゃでたべさせて」とテーブルにのるのはやめましょう・・・。
お姉ちゃんをお皿でたたこうとするのはやめましょう・・・。
食事の前に、「飴が食べたい」とギャン泣きするのはやめましょう・・・。
って、きりないですね

と、こんな果てしない食卓ですが、あきらめずに親がいろいろ続けていると、いつかちょっとずつ子供たちにも「食べる」気持ちが伝わってくる気がします。
うちのおねーちゃんはだいぶ良いところまできました(たぶん)。


| | コメント (0)

2011年11月 8日 (火)

日々のできごと。

今日は娘の小学校PTA役員の会議があるというので学校に。
でも、行ってみたら、来期の本部役員の選挙だけで、投票してすぐにおわっちゃいました^^。

ふと、思ったのですが、子供がいると、自分の人間関係のほかにも、「子供を通じた知り合い」なんかができて、すごいな~、って思います。

私は保育園ママだったので、幼稚園ママさんたちの話からすると、もしかしたら濃密な付き合いをしていないのかもしれないけれど、それでも保育園時代を一緒にすごしたママ友達は、働きながらの子育ての同士でした。

小学校も、PTAの役員をやったら、知り合いができました。
娘が小学校に入ったら、集団登校のご近所の知り合いもできました。

PTAも、「いつかやらなきゃいけないなら、今のうちにやってしまおうか・・・」くらいの消極的な理由でなんとなく役員。でも、やってみると、他のクラスの役員のお母さんたちとも知り合いになれて嬉しかったな~って思います。
もう一年、ってなると無理だけどね

いろいろやらずに過ごしてしまうより、なんでもやってみたほうがいいこともいっぱい。

仕事も、新しいことを自分から開拓するのはちょっと勇気がいるのですが、自分からアクションをおこすと、いろいろあっても助けてくれる人が現れて、一歩先の自分になれる気がしています。
今年もあとわずか。
ですが、私は「自分の課題」がいっこ残ってます。

もうちょっとがんばります

| | コメント (0)

2011年11月 7日 (月)

娘が自転車に乗れるようになりました!

すごいことが。
うちの2年生の娘が、補助輪なしで自転車にのれるようになりました~~!!

普通の家庭では普通のことなんでしょうけれど、うちの娘にとっては画期的なできごと。
年長のときに自転車を買って、練習したけど、親子共に「まったく乗れる気がしない」で、挫折。
去年は娘もすっかりあきらめていて、「もう、自転車のれなくてもいいー」と言っていたのです。

思えばことごとく「運動」にひっかかっているわが娘。
1歳の初めの頃は、保育園でも一人だけ歩けず、まだよちよちふらふら。
アレルギーもひどくて肌が弱いから、ベランダに出たら足の裏が赤くなってしまったと保育園の先生から連絡が。

その後も、縄跳び、跳び箱、三輪車・・・。
ひとより2年おくれて、や~~っとできるようになって、ちょっとずつちょっとずつ育ってきました。

今回ばかりは無理かな~?
そもそもやる気もないみたいだし・・・。
と、思っていた分、自分から「練習する!」と、言い出して、根性で練習して、あっという間にできるようになりました!

すごい、すごい。

何よりも、娘がすごく自信になったみたい。
「今までの悩みが、いっきに解決したみたい!」って興奮してました。

私が、「自分に自信を持ちなさい」って何度もいうより、自分ががんばってできた結果は、何よりも自信になることがよくわかりました。

あー、夫と二人、娘の成長に心から乾杯です

| | コメント (0)

松本大学 アレルギー講義&実習報告

P1030424_350x259

【松本大学 講義 2011年11月4日】

松本大学の管理栄養士コースの学生さん、3年生80名を対象に、アレルギーの授業を1コマ行いました。
食物アレルギーの理論や、食事、その他の知識面は、大学のご専門の先生方が丁寧に授業を行っているので、私の役目は、「アレルギーの子の家族としての立場から」のお話。

具体的な除去食生活、困っていること、心理面での負担。
管理栄養士に望むこと、などなど。
また、教科書には表立って出てこない、民間療法やその他いろいろアレルギーをとります情報や環境についてもお話しました。

私は正直しゃべるのはあまり上手でなく、とっても緊張しました!
それに、後半は声がややかれちゃった。。。
学生さんは、私の予想とは裏腹に、とても静かに聴いてくれて、おかげで最後まで予定の内容を話すことができました
と、言っても、やっぱり後になって、「あ、あのこと話す予定だった!」とか、いろいろもれはポロポロとありましたけど


P1030435_350x263
【アレルギー対応食 調理実習】


P1030443_262x350
【完成品を試食~】

実習では、アレルギー対応の、ハンバーグ、シチュー、チキンナゲット、ケーキ風蒸しパンの4品を作りました。限られた時間なので、チキンナゲットは師範台でまとめて作って、学生さんは試食のみ。

正直、今までアレルギーがなく育ち、「アレルギー対応食」を食べたことがない学生さんたちが、この料理を食べてどんな感想を持つか、最後まで完食できるおいしさか・・・私自身どきどきしてました。

私の目指すところは、「普通の人も一緒に食べておいしいアレルギー食」。ですから。

一部、ケーキをやや失敗して「カチカチ」になってしまった班もあったようですが、おおむね上手にでき、そして、「ふつうにおいしい!」「普通の調理実習でハンバーグとか作っている気分だった」と学生さんの感想。

よかった~。
嬉しいです。

アレルギー食=おいしくない
アレルギー食=かわいそう

をなくすため、ちょっとでもお役に立てたかな・・・?

とにもかくにも、お声をかけてくださった先生、準備を進めてくださった先生方のおかげで、未来の管理栄養士さんたちに、小さな種をまくことができました

みなさま、本当にありがとうございました。
一日先生、無事終了~。

| | コメント (1)

2011年11月 1日 (火)

食物アレルギーの講義準備

今週金曜日、松本大学・管理栄養士養成コースの学生さんたちに、「食物アレルギー」の講義と実習を行うことになりました。
松本大学の先生がお声をかけてくださったのです。

専門知識は大学の先生方が専門で教えているので、私の役目は、主に「食物アレルギーを持つ子のいる家族の生活」などソフト面からのお話。
そして、私の専門分野?!である、お料理の実習を行います
おやつ、お料理、そしてアレルギー専門食材の試食などなど。


講義1コマ(90分)と、実習は二クラスに分けて各90分。
盛りだくさんです。

東京から松本まで片道3時間以上!
その後、朝から夕方まで講義と実習~。

チビさんたちがいる私には、本当はとても大変なのですが、でも、未来の栄養士さん、管理栄養士さんに何か少しでも感じてもらえたら、きっとそこからつながるアレルギーを持つ子達の未来の役に立つかもしれない。
今回はそんな思いで行ってきます

学生さんたちは、「アレルギー対応」というお料理に出会うのもきっと初めてに近いはずです。
ですから、「普通の食事やおやつ」を普通に食べている方たちにとって、今回の実習のお料理が、「おいしい!」と思ってもらえるかは、実はとてもどきどきで、しかも試される場でもあります。

学生さんたちから、事前に質問もいっぱいもらいました。
いろいろな意味で私も楽しみです

とりあえず、若いパワーをいただいてきましょう~。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »