« 食物アレルギーの講義準備 | トップページ | 娘が自転車に乗れるようになりました! »

2011年11月 7日 (月)

松本大学 アレルギー講義&実習報告

P1030424_350x259

【松本大学 講義 2011年11月4日】

松本大学の管理栄養士コースの学生さん、3年生80名を対象に、アレルギーの授業を1コマ行いました。
食物アレルギーの理論や、食事、その他の知識面は、大学のご専門の先生方が丁寧に授業を行っているので、私の役目は、「アレルギーの子の家族としての立場から」のお話。

具体的な除去食生活、困っていること、心理面での負担。
管理栄養士に望むこと、などなど。
また、教科書には表立って出てこない、民間療法やその他いろいろアレルギーをとります情報や環境についてもお話しました。

私は正直しゃべるのはあまり上手でなく、とっても緊張しました!
それに、後半は声がややかれちゃった。。。
学生さんは、私の予想とは裏腹に、とても静かに聴いてくれて、おかげで最後まで予定の内容を話すことができました
と、言っても、やっぱり後になって、「あ、あのこと話す予定だった!」とか、いろいろもれはポロポロとありましたけど


P1030435_350x263
【アレルギー対応食 調理実習】


P1030443_262x350
【完成品を試食~】

実習では、アレルギー対応の、ハンバーグ、シチュー、チキンナゲット、ケーキ風蒸しパンの4品を作りました。限られた時間なので、チキンナゲットは師範台でまとめて作って、学生さんは試食のみ。

正直、今までアレルギーがなく育ち、「アレルギー対応食」を食べたことがない学生さんたちが、この料理を食べてどんな感想を持つか、最後まで完食できるおいしさか・・・私自身どきどきしてました。

私の目指すところは、「普通の人も一緒に食べておいしいアレルギー食」。ですから。

一部、ケーキをやや失敗して「カチカチ」になってしまった班もあったようですが、おおむね上手にでき、そして、「ふつうにおいしい!」「普通の調理実習でハンバーグとか作っている気分だった」と学生さんの感想。

よかった~。
嬉しいです。

アレルギー食=おいしくない
アレルギー食=かわいそう

をなくすため、ちょっとでもお役に立てたかな・・・?

とにもかくにも、お声をかけてくださった先生、準備を進めてくださった先生方のおかげで、未来の管理栄養士さんたちに、小さな種をまくことができました

みなさま、本当にありがとうございました。
一日先生、無事終了~。

|

« 食物アレルギーの講義準備 | トップページ | 娘が自転車に乗れるようになりました! »

コメント

松本大学健康栄養学科3年の堤です。先日は、遠くからわざわざお越しいただいてありがとうございました。講演会、調理実習ともに食物アレルギーについて、多くのことが学べました。特に実習では、アレルギーの献立作成の工夫と発想に驚きました。また、見た目以外にも味もとても美味しかったです。このような経験を今後の献立作成などに活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

投稿: 堤 麻里奈 | 2011年11月 9日 (水) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食物アレルギーの講義準備 | トップページ | 娘が自転車に乗れるようになりました! »