« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

りんごたっぷりドライフルーツケーキ

P1040104_350x267


P1040097_350x252
【ドライフルーツとりんごのケーキ】
実家への帰省土産。
実家からもらったりんごを使って、ドライフルーツたっぷりでケーキを焼きました。

冷蔵庫の卵、残り1個!
1個で工夫して作ってみましたが、いがいとこれがおいしかった^^。

忙しいときも、イベントも、おやつにも、とにかく1年間たくさんの家菓子を作りました。
主に、クッキー、焼き菓子、ゼリー、水羊羹、クレープ、マフィンなど簡単なものが中心ですが、その時の家にある材料や、その時の気分で配合をかえて、いろいろ作りました。

娘は家で焼くクッキーが大好き。

実家の両親も、ドライフルーツが入ったケーキはわりと好きみたいなので、今回はこちらに。
りんごの形がわかるように、小さくスクエアに切って、一切れずつラッピングしました。

おいしくできたので、材料をメモ。
良かったら作ってみてくださいね。

これが、今年最後のお菓子作りになりました。

【りんご入り、ドライフルーツケーキ】
・バター     50g
・砂糖(三温糖)  50g
・卵          1個
・薄力粉       50g
・BP         小さじ1/2
・Aアーモンドパウダー   10g
・Aりんごのソテー      75g
・Aオレンジピール(刻む)  10g
・Aドレンチェリー (刻む)    4粒
・Aレーズン          60g
・Aラム酒           小さじ1弱
・A シナモン、ナツメグなど少々

*型にぬるバターと薄力粉   少々
*バターは室温に戻しておく
*卵も室温に戻しておく
*薄力粉とBPはあわせてふるう
*Aは混ぜ合わせておく

(作り方)
①バターを泡だて器でよく混ぜる。
②砂糖を3回に分けて加えながらよく混ぜる。ふんわりしてきたら、卵を加えて混ぜる。
③Aのドライフルーツを加えて混ぜる。
④薄力粉を加えて切るように混ぜ、つやが出るまで手早く混ぜる。
④バターと薄力粉をまぶした型に流しいれて、170度に予熱したオーブンで約40分焼く。型から出して、ぬれ布巾をかぶせて冷ます。

| | コメント (0)

ウェルカムボードクッキー

P1040094_350x240


【ウェルカムボードクッキー】

お正月は実家に帰省。
今回は、初めて妹の彼氏も大晦日に夕食を一緒に食べに来るということで、お土産?を作りました。
甘いお菓子が大好きみたいなので、何かお菓子をと思って、冗談で「大きなクッキーでようこそボードは?」と言ったら、妹が本気で「いいね~♪」と。

とりあえず、家にある材料でだったので、デコレーションがやや地味なのと、うさちゃんの顔がかわいくないのは許してね

割れずらいクッキーで作って、あとはアイシングで接着&デコレーション。

食べるときは、ばりっと大胆に割ってください!
これ、作った私は結構楽しい~。と気に入ったのだけど、男性諸氏はひいちゃうのかしら・・?

娘の誕生日とかに、またやろうかなぁ~、って思うのでした。

ラッピングは、下に厚紙をアルミ箔で巻いた紙に、ワックスペーパーをしいて、セロファンで包みました。りぼんは本当にクッキーにあけた穴に通しているんですよ^^。
P1040107_350x263

P1040078_350x263


| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

2011年クリスマス

P1040041_350x253


【2011年クリスマス】
・スモークサーモンとベビーリーフのサラダ
・ポテトサラダ(リース型)
・ローストチキン&ブロッコリー(手作りグレイビーソース)
・フランスパン&バター
・デコレーションケーキ
(いちごは嫌いな娘のために、結局はずして後のせになりました・・・)

デーブルは、2歳児がいる我が家では、後片付けが楽なように、クリスマス模様の紙ナプキンと紙皿を利用。せっかくほろ酔い気分になっても、片づけがめちゃくちゃ大変だと、台無しなので。
大人のグラスだけは、このときばかりはリーデルのグラスを使います

クリスマスは、家族でお家で楽しみました。
キリスト教ではないけれど、一年間のお楽しみイベントとして、年末の家族お疲れ会として、楽しみな行事の一つです。

特に、今年は娘たちも7歳、2歳と、だんだんわかってきてノリノリ。
そうなると、イベントに乗り気でなかった夫も盛り上がってきて、なかなかいい感じ^^。

サンタさんとは別に、子供たちにはささやかにママとパパからプレゼント。
一年間がんばった子供たちへのご褒美です。

そして、ちょっとでもクリスマス気分を盛り上げるために、ブーツお菓子を窓辺にぶら下げました。これ、3日前からつるして、娘たちにアピール。
P1030961_257x350

本当は2個あったのだけど、上の子は市販のお菓子にクールで、「あ~、気づいてたよ」くらいだったので、友達と遊びに行くとき、小さな子のいるおうちに持たせちゃいました。

でも、2歳のおちびは、すごく気になる!
欲しくてしょうがない!
24日に取ってあげたら、すごく嬉しそうでした
食べるのは、ケーキもあるからほどほどに・・・ですけどね。


P1030965_258x350
クリスマスクッキーは、娘がサンタさんへのプレゼントに作りました。


P1030972_350x263

お料理は、どんなに豪華なものでも、手作りでないと喜ばない長女のために、ケーキもチキンもお家で。
クッキーも、お菓子も、手作りは大喜びするけど、市販のものをまったく喜ばない長女・・・。ある意味不思議なくらい。まあ、ママとしては嬉しいのだけど。。。

P1040029_350x258
ポテトサラダはリース型に。
ちょっと地味だけど、食材&好き嫌いの都合で^^;。

P1040055_350x263

バラの花50本!
そして、今年のクリスマスは、なんと夫からの結婚記念日&クリスマスプレゼントで、バラの花50本をもらいました。
ずっしり重い花束~。
こんなにたくさんのバラをもらったのは、生まれて初めてで、すごくすごく嬉しかったです。

みなさんも、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。

| | コメント (0)

2011年12月24日 (土)

2011年クリスマス ローストチキン

P1040043_350x259
【ローストチキン】

今年のクリスマスは、「なんか、興奮するメニューがいいね~」と夫と話して、鶏一羽!
娘は、生の鶏をみて、ちょっとひいてたけど、命をいただいているのですから、これもいい勉強。
鶏もも肉のクリスマスチキンだって、同じなのですから。
ちなみに、鶏1羽、けっこう大きめお肉屋さんで1400円。
とりひき肉、200g購入で300円くらい。
生のハーブ2種、300円。
セロリ、玉ねぎ、にんじんなどで300円くらい?
ざっくりと、材料費2000~2500円くらいかな?
鶏のもも肉1本が600円だったから、いろいろ考えると4人家族の我が家では、実はこっちのほうがお徳かも^^。

何よりも、期待に胸を膨らませているのは夫です
やっぱ、丸ごと肉!はわくわくするんだって~。

鶏のおなかの中には、玉ねぎ、にんじん、セロリ、パン粉、とりひき肉、アーモンドを刻んだもの、ハーブを詰めてます。

オーブンで焼くこと1時間半・・・。
熱々、ジューシーなチキンが出来上がりました!

すっごくいい香り。

皮はパリパリ、お肉はほろっとやわらかくてジューシー~。
本当においしかったです。

何より、娘と夫は、出来立てチキンに大喜び!

ステキなクリスマスのメイン料理になりました
大成功~♪
★★★

【ローストチキン レシピ】
(材料)
・鶏           1羽(内臓を抜いたもの/お肉屋さんでやってくれます)
・粗塩          小さじ2
・ブラックペッパー   少々
・ローズマリー(生)   4枝
・タイム          4~6枝
・オリーブオイル     大さじ3

・にんじん   1/2本
・セロリ     1本
・玉ねぎ     1個
・りんご     1/2個

◆詰め物
・とりひき肉     100g
・にんじん     1/4本
・玉ねぎ      1/2個
・セロリ(くき)   10cm
・パン粉      食パン8枚切り1/2枚
・アーモンド    3粒
・オリーブ油    小さじ1/2
・塩         小さじ1/6
・こしょう、ナツメグ 少々

★作り方
①詰め物を作る:野菜はみじん切りにして、オリーブ油で炒め冷ます。ひき肉と塩、こしょう、ナツメグを練り合わせ、炒めた野菜とパン粉もくわえて練る。
②鶏肉は水で内側と外側を洗い、キッチンペーパーでよくふき取る。白ワイン大さじ2をふり、塩、小さじ1・1/2をまんべんなくすりこむ。
③鶏のお腹に、ローズマリー、タイムの葉を貼り付け、中に①の詰め物を詰め、中身が出ないよう、閉じ合わせるように足をしばる。
④上からブラックペッパーをまぶしてラップをしてしばらくおく。(朝下ごしらえして夕方焼くとちょうど良いです)
⑤鉄板にオリーブ油(分量外)をぬり、④のチキン、切ったにんじんと玉ねぎ、りんご、セロリを並べ、チキンの上からオリーブ油大さじ2程度をかける。上から塩小さじ1/2をふる。
⑥200度に予熱したオーブンで30分、160度に落として60分~80分程度焼く。途中下に落ちた脂か、オリーブ油大さじ1をぬる。
⑦ソースを作る:中まで火が通っていたら皿に盛り付け、残りの野菜は小鍋に入れる。(脂は入れない)。白ワイン、水、コンソメ、塩、醤油、砂糖で味を整え煮立てる。野菜をこして、水ときコーンスターチでとろみをつけてソースにする。
*醤油はお好みで。なくてもOK。

*りんごはなければなくてもOK。

焼いている間に余分な脂が落ちて、皮は薄くてパリッと、中はしっとりジューシーになります。
上手に切り分けるのはとっても難しい^^;。
豪快に食べましょう~。
P1040036_350x257
【焼く前】


P1040038_350x263
【焼いた後】

| | コメント (0)

クリスマスケーキ&クリスマスクッキー

P1040019_350x262


【2011年クリスマスケーキ】
P1040007_350x263

【2011年クリスマスクッキー】

みなさま、クリスマスの準備中でしょうか?
我が家も今晩、ファミリークリスマス会の予定です

お姉ちゃん(2ねんせい)がプログラムを作成してくれました。

もちろん、ママはお料理の係り。

今晩は、ローストチキン(丸鶏)、子供たちの大好きなポテサラ、フランスパン+チーズオードブル、ケーキの予定。
家族だけなので、あまり献立の品数は増やさずに、自分の負担を減らしてます
なにしろ、プレゼントの準備、盛り上がるちょっとイベントなど。。。結構大変なもので~。

さて、さっきクリスマスケーキが完成しました。

娘と協議の結果、今年はブッシュドノエルではなく丸いケーキ。
でも、娘には「ほんとはブッシュドノエルのほうがすき~」、って後から言われちゃった。
私の子供の頃は、「ブッシュドノエル」なんて、お菓子の本で見るあこがれのケーキだったけど、今は普通だもんね~。時代は変わったなあ、、と思います。

うちの長女はいちごが大嫌い。においもかぐのが嫌なほど苦手みたいです。
そして、次女(2歳)はいちご大好き。
スーパーで買ったいちごを、自分で持って帰ってこないと気がすまないほど・・・。

デコレーションケーキには、どうしてもいちごを入れたい私ですが、娘があまりにもいちごを嫌がるので断念。
これも協議の上、中には黄桃(チープ・・・)、飾りにいちごもエリアでの住み分けで落ち着きました。


スポンジは、ふわふわに焼きあがりました~!
今年は、18センチ丸型。
オーブンは水蒸気加熱で160度の低めで30分。
しっとり感を目指します。
P1040012_350x263

生クリームもタカナシの乳脂肪47%、クリームにはバニラビーンズを使って、ちょっと豪華に^^。

ちなみに、計算してみたら、家での手作りケーキ、クリームとか、材料とかけっこう豪華に使っても、18センチの丸型で、合計2000円くらい?以上に高い、この時期のデコレーションケーキに比べれば、お安いものです。
・スポンジは、卵3個+砂糖+粉で数百円
・生クリーム、300円×2パックで600円
・いちご、半パックで400円
・その他デコレーション  300円
・バニラビーンズ  200円くらい(4cm使用)

何より、我が家の娘は、「手作り」にこだわりがあって、どんなステキな市販のケーキやお菓子にも、とってもクール。特に、デコレーションケーキとクッキーだけは、家で作らないとダメみたい。


◆◆◆
クリスマスクッキーは、娘のリクエストで作りました。

どうしても、サンタさんにクッキーをプレゼントしたいんだとか。
サンタさんへの手紙と一緒に置いておくんだそうです
まだまだ、7割サンタさんを信じている2年生。

クッキーは、バターたっぷり、サクっとほろっと系の型抜きクッキーに、ちょっとだけ全粒粉を加えてざっくり感を出しました。
アイシングは・・・・。
子供にはやや難しいみたい。
それに、チビさんが、「あ~~ちゃんにもやらせて!!」と寄ってきて、腕を引っ張られてきれいにできませんでした・・・。でも、楽しそうなクッキーになったでしょ?

奥に見えるのは、余った生地で作った、「レーズン&アップルクッキー」。
りんごを焼き煮してあったものと、レーズン、アーモンドパウダーをあいだにはさんで焼いてます。

これ、おいしかった!

たくさんあった、普通のりんご「ふじ」で作ったのですが、充分おいしい。
今度レシピのせますね。
りんごが余ったときに、りんごの価値がぐっとアップします!

さてさて~、これからチキン。
ポテサラの準備。

クリスマスは、いろいろ抜きにして楽しいですね

★★★
【デコレーションケーキレシピ】
18センチ、丸型1個分

★材料
・卵(M)  3個
・砂糖    90g
・薄力粉   100g
・バター    20g

★準備:型に紙をしいておく。オーブンは160度に温めておく。
★作り方

①材料の計量をすませ、薄力粉はよくふるっておく。バターは耐熱容器に入れて、卵が泡立て終わったタイミングで電子レンジ、ラップなしで約20~30秒加熱して溶かしバター(60度くらい)にする。
*バターが冷たいと、生地に混ざりにくく、泡立てたあわがつぶれてしまいます。

②ボウルに卵を入れて、ハンドミキサーで泡立てる。途中2~3回に分けて砂糖を加えて、白くもったりとしてくるまでしっかりと、一気に泡立てる。泡だて器を持ち上げて、生地にのの字を書いて、すぐに線が消えなくなるくらいまで泡立てる。
③薄力粉を加えて、卵のあわをつぶさないよう、切るようにゴムベラで混ぜる。粉が見えなくなるまで混ぜる。
④あたたかい溶かしバターを加えて、生地のあわをつぶさないよう、均一になるまで混ぜる。
⑤型に、20cm~30センチ上から生地を流し込み、型のそっこを手でパンパンとたたいて空気を抜く。
⑥予熱したオーブンに入れて焼く。途中オーブンのふたを開けないようにし、表面が乾いてきたら、焼き具合は竹串を刺してみてチェックする。
オーブンによって焼き具合がことなるので、時間は調節する。
⑦焼きあがったら、型をひっくり返して、紙ごと取出し、紙をそっとはずす。しっかりしぼったぬれ布巾をかけて、1時間ほど完全に冷ます。

★デコレーション
①スポンジを半分に切り、シロップを刷毛で切り口にぬる。(シロップは水50cc、グラニュー糖大さじ1~2、洋酒小さじ1/2くらいを混ぜて、レンジで溶かす)
②生クリーム400cc、砂糖30g、バニラビーンズ(なければエッセンス1~2滴)をガラスのボウルに入れて、氷水にあてながら、手であわ立てる。

スポンジの間に、クリーム、フルーツなどをはさみ、デコレーションする。


| | コメント (1)

2011年12月22日 (木)

今日は結婚記念日

私事ですが、今日は私と夫の9回目の結婚記念日。
ついに10年目に突入~。
早いもんですね。

記念日とか、誕生日とか、クリスマスとか、イベントごとにほぼ興味がない夫も、9年もたつと(=9年もプレッシャーをかけられると?)私の気持ちを察してか、今回初めて自分から、「今日は結婚記念日だね」と言ってくれました!

すごい!嬉しいです

そもそも、赤毛のアンを愛読書に育った空想癖のある私と、現実主義の夫。

最初のクリスマスに、どんなケーキを作ろうか聞いた私に、
「丸いケーキを作っても、二人じゃ食べられないから、薄く焼いて、半分に切って重ねるとちょうどいいんじゃない?」と言ってのけた夫。
(私:ケーキは丸くなくちゃ・・・だめ~~~~!!)

常にサプライズプレゼントを心から希望する私。
プレゼントは、欲しいものを買ったほうがいいから、一緒にお店に選びに言ったほうが言いという夫。

今回は、(半分)サプライズプレゼントが届くそうです。
クリスマスプレゼントと一緒に、ってことだから、「今日は届かないけど、忘れてないからねー」と言われました


何を言いたいかというと~。


一回くらい、ステキな、俗世っぽいプレゼントくれてもいいじゃん、って思っている女子。
あきらめてはいけません!
願っていればいつかは・・?

そして、男子の皆様。
安くてもいいんです。
サプライズプレゼントとか、お花とか、たまには夢を見させてあげてくださいねー。

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

髪を切る!

さっき、髪の毛をわりとばっさり切ってきました。
なんとなく印象の薄い、ありきたりな自分の顔にうんざりして

で、おなじみの美容師さんに、「わかわかしく、かわいい感じに見えて~、インパクトのある髪型でお願いします」。と、恥ずかしげもなくお願いしました

肩上ライン。
春先は背中の真ん中までのロングだったので、かなり短くなりました!
さてさて、結果はどうでしょう?
自分では気に入ったけど、きっと長い髪が好きな娘には不評かもね

鏡に映る自分の姿を毎日見るのだから、自分のやる気にも見た目が肝心。
12月初めまで忙しくて、ついついほっとして気が抜けている今だからこそ、年末~来年とテンションあげていきましょう。と、気分転換してみました。

おうちのお掃除と一緒に、今年の嫌なこと、大変だったことも一緒に気持ちをお掃除しようと思うのでした
あ、大掃除は、我が家は3月!と勝手に決めたので、年末はなし。
何もこんな忙しいときに、そして寒いときにやらなくてもいいんだものね~。と、一人いい訳決定。

| | コメント (0)

しぼり出しクッキー(乳、卵不使用)

P1030933_350x262


【搾り出しクッキー 乳・卵不使用】
これは油を多めに使うので、わりとやわらかめのさくっとした食感のクッキーです。
普通のバターのクッキーに比べると、ほんの少し油のにおいが気になりますが、子供はよろこんで食べます。

★材料
・薄力粉   100g
・砂糖     30g
・ショートニング  70g
・はちみつ  15g(大さじ1弱)
・レモン汁   小さじ1/2+水小さじ1/2

★温度 170度、約12分

★作り方
①ショートニングをボウルに入れて、泡だて器で空気を入れるようにしっかりと混ぜます。
②砂糖を2回に分けて加え、しっかりと泡立てきで混ぜます。
③はちみつ、レモン汁+水を加えて混ぜ、ここでゴムベラに変えます。
④ふるった薄力粉を加えて、切るように混ぜ、全体がしっとりと混ざったらひとまとめにしてしぼり袋へ。
⑤オーブンシートに搾り出し、好みで飾りのドレンチェリーを飾ります。
⑥予熱したオーブンで焼き、3分程度冷ましてから金網にとってしっかりと冷まします。

★ポイント
粉はめんどうでもふるいましょう。

バターがOKな方は、バターで作るとよりおいしいですよ

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

ビーフシチュー、詳細レシピ

P1030927_350x263


ビーフシチュー(やや本格)のレシピです。
ちょっと多目ですが、3.5人の我が家はこの分量で作ります^^。
市販のルーやデミグラスソースを使わず作れば、乳製品、卵、小麦も使わずにすむので、アレルギーのある方にも大丈夫。
子供もビーフシチューは結構好きですよ~。

●材料 4~6人分

・牛 すね肉 700~800g
・塩、ブラックペッパー   約各小さじ1/2
・オリーブ油   大さじ3
・Aにんじん    大1本
・A玉ねぎ     2~3個
・Aセロリ      1本(くきの部分、葉の部分はほんの少し)
・ローリエ     2~3枚
・赤ワイン     3カップ(600cc)
・トマトピューレ  300g

★具の野菜用
・にんじん   1~1・1/2本
・玉ねぎ    2・1/2個
・じゃがいも   中4~6個(1人1個分)

・塩       小さじ1/2~1
・こしょう    少々
・砂糖      小さじ2~3
・好みで醤油   小さじ1

・コーンスターチ   小さじ2~3
・水           小さじ2~3


P1030904_200x150

(作り方)
①牛肉は、5cm角程度に切り、塩・こしょうをまぶす。
②Aのにんじんは皮をむいて1cm程度の輪切り、玉ねぎは4等分の串切り、セロリは4cm長さ程度に切る。
③圧力鍋にオリーブ油を熱し、①の牛肉を強火で両面焦げ目がつくまで炒める。肉をいじり過ぎると、鍋から離れず崩れてしまうので、焦げ目がつくまであまり肉をさわらずに焼く。

④②の野菜を加えて、全体に油がまわるまで、中火で5分程度炒め、赤ワイン、ローリエを加え、5分程度沸騰させる。

P1030912_200x150
⑤トマトピューレを加え、圧力鍋で、中~強火で圧力をかけ、おもりがゆれだしてから、5~8分程度、弱火で加熱する。そのままおもりがおちるまで置いておく。

P1030914_200x150

⑥おもりが落ち、圧力が抜けたらふたを開け、肉だけそっと別容器に取り出す。野菜と煮汁は、ざるでこして、野菜を押し付けて液を搾り出すように汁をしぼる。残った野菜は味がぬけているので除く。

P1030917_200x150

P1030918_200x150

⑦⑥の汁と、取り出した牛肉、具用の野菜を入れて弱火で煮ていく。にんじんは大きめのシャトー切りに、じゃがいもは皮をむいて丸ごと。玉ねぎは4等分の串切りにする。ここでは圧力をかけず、弱火で30分程度、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。

P1030921_200x149

⑧塩、こしょう、(醤油)、砂糖で味を整え、水で溶いたコーンスターチを少しずつ加えながら適度にとろみをつける。
⑨作ってすぐはおいしくないので、できれば1晩おく。
⑩食べる直前に、ゆでたブロッコリーを加え、あれば盛り付けたシチューに生クリームを少しまわしかける。

【ワンポイント】
・牛肉と赤ワインをたっぷり入れないと、味がでません。ちょっと物足りないときは、市販のデミグラスソース缶を足してもよいです。
・あれば、生ハーブのタイムを一枝入れるとより本格的な味に。
・赤ワインをたっぷり入れるので、しっかりと沸騰させ、アルコールを飛ばします。
・2回目の具を煮る時は、圧力をかけずに煮ます。圧力で加熱すると、味が抜けやすいので注意。
・牛肉はすね肉で。長時間加熱するとほろほろと崩れるのはすね肉ならでは。
・赤ワインは750ml500円~1000円程度の安いものでOK。

★献立ワンポイントアドバイス

・フランスパン(+バター)
・グリーンサラダ(レタス、ベビーリーフ、コーン、トマト、きゅうり、クレソンなどシンプルなものでOK)+ドレッシング
・マチェドニア風フルーツポンチ(いちご、オレンジ、キウイなど)

もっと豪華にしたいときは、小エビのマリネや、カナッペ風オードブル、スモークサーモンのマリネなどをそえたり、サラダにゆで卵を刻んだミモザ風にしても。

恋人同士のクリスマスだったら、ここにケーキがあれば、すごく立派な食事になりますよ^^。
(初心者は、お料理をがんばったら、ケーキは無理せず買いましょう!かわりにミニデザートをそえると良いですよ)

| | コメント (1)

2011年12月16日 (金)

アレルギーの子がいるおうちのクリスマス。

今日、長野FM放送の、「信州エコチル応援団」という番組(13時55分~14時)にちょこっと出演予定です。
子育て応援の情報コーナーで、今回は、「アレルギーの子のクリスマス」をテーマです。
私は、アレルギーの子のお母さんたち、そして育児中のお母さんたちへのメッセージを、ほんの短い時間ではありますが、お話させていただきました。

なんと、番組ナビゲーターの高寺なおみさんは、高校の同窓生でした!
高校時代は9クラスある中の、3組と9組だったので、お互い面識なし。
大人になってから、こんな形で出会えるなんて、ステキな偶然~、と嬉しかったです

さて、そこで、今回は、アレルギーの娘がいる我が家のクリスマスをちょっと紹介します。
食物アレルギーがある長女も、今はナッツ(くるみ)、そば、果物以外はほとんどOKとなりましたが、かつては、乳、卵、米、(いっときは小麦も・・・)、野菜類も、青魚も、なんだか何が大丈夫なのかよくわからない、、。という時期を経て、今に至ります。

ですが、症状がひどかった、2~3歳、そして、お友達との差が気になる4歳ごろ。
そんな頃のクリスマスを思い出してみました。

まず、保育園(園)のクリスマスは、ケーキはもちろんダメです。
この日は、自宅でなんとかケーキもどきを作って持っていきました。
1年目は、桃のムース風をクリーム代わりに、スポンジは卵と乳製品抜きの小麦の生地で作りましたが、味も見た目もいまいち。。。
娘もいまいちだったみたいで、残したらしいのですが、そもそもあまり気にするお年頃ではなくスルー。

作る私は、当時まだアレルギーケーキ作りも初心者だったのと、そういったレシピも世の中にあまりなく、持参ケーキは結構大変・・・。
しかも、会社勤めだったので、朝5時おきでケーキ作り!

このころは、生クリームの代替、「豆乳ホイップ」という商品もありませんでした。
(あったのかもしれませんが、知りませんでした)

2年目は、卵、乳製品を使わずに焼いた自家製食パンをケーキ生地に見立てていちごショート風に。
こちらは、作るのも簡単。
フルーツサンドイッチのような味で、まあまあ。
クリームに、豆乳ホイップが使えたのが大きかったです。


自宅でのクリスマスでも、食パンを星型の大小でいっぱい抜いて、クリスマスツリー風に重ねてデコレーション。
ケーキ風で家族で食べました。

メインは、お肉は大丈夫だったので、家で作ったローストチキン、ミートローフ風(卵、乳不使用)、ステーキ、ビーフシチューなど。
自宅で作れば、卵や乳製品を使わなくっても、おいしく、豪華に、ボリュームたっぷりにできます

サラダも、マヨネーズ風の「マヨドレ」(卵、乳不使用)を使えば、子供の大好きなポテサラもOK。
これをクリスマスツリー風に盛り付けたり、リース風に盛り付けたりすればテーブルが華やかに。

クリスマス前(22日)までに、アレルギー対応(乳、卵不使用/一部小麦も不使用)クリスマスメニュー(初級)をご紹介できるようがんばりたいと思います。

実は、今、乳製品、卵を使わないケーキのレシピを試作中です。
残念ながらまだご紹介できないのですが、来年度中には!
ご期待ください^^。

★アレルギー対応料理は、こちらのHPに現在少しずつ整理中です。
随時追加していきます。
http://healthy-kitchen.info/?cat=12
★こちらはアレルギー生活を書いたブログ。更新が滞っていますが、、、少しずつ書きます^^;。
http://syokuare.blog73.fc2.com/blog-category-6.html

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

紅茶とオレンジサブレ

P1030901_350x262

【紅茶&オレンジピールのサブレ】

P1030902_350x275
【包むとこんな感じ】

昨日の夜、クッキーを作りました。
こちらはバターも卵も使った普通のタイプ。
ほろほろ崩れちゃうくらいのサブレです。
紅茶と、オレンジピールを入れて、仕上げにはレモンアイシング。

写真のはとさんクッキーは、冷蔵庫に余っていたビスケット生地を焼いたもの^^。
ついでにアイシング。

ちょっとほろほろ崩れやすいかな~、と思うものの、これはこれでおいしいので、レシピのせておきます。

【オレンジ&紅茶クッキー レシピ】
材料

・薄力粉   130g
・アーモンドパウダー  20g
・バター     100g
・卵黄      1個
・グラニュー糖  50g
・オレンジピール20g(刻む)
・紅茶のティーバック  1袋(中から葉を出す)

★オーブン:170度11~15分

作り方
①室温(20度くらい)に戻したバターを泡だて器でよく混ぜ、砂糖を加えながら良く混ぜます。
②卵黄も入れてよく混ぜます。
③オレンジピール、紅茶の葉、アーモンドパウダーを加え混ぜ、ふるった薄力粉を加えて切るように混ぜて一まとめに。ラップに包んで冷蔵庫で30~2時間休ませます。
④3~5mm厚にのばして、好みの型で抜いて、予熱したオーブンで焼きます。
⑤鉄板ごと取出し、2分程度冷ましてクッキーが崩れにくくなったら、金網にとって冷まします。

完全に冷めると、サクサク!
好みでアイシングをどうぞ。

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

クリスマスの献立。

もうすぐクリスマス。
クリスチャンでない我が家も、もちろんクリスマスは盛り上がります^^。

特に子供たちは、もう12月に入る前から、楽しみでー楽しみで~。
一年で一番の楽しみの日=サンタさんのプレゼント!だそうです。

さて、そんな楽しみなクリスマス。
ファミリーは憂いなくわいわい騒ぐだけだけど、恋人同士のころはいろいろ楽しみ有り、どきどきありですよね。

私の8歳下の妹は、今年初めて彼氏ができたので、きっと↑こんな感じ(笑)。

そして、クリスマスの日の献立相談の電話が。
メインはビーフシチューを作りたいそうなので、作り方を伝授。
細かく分量と作り方を教えて~。ということなので、我が家も近日ビーフシチューを作ります。

さて、長女が食物アレルギーだったので、我が家はシチューといえば、「ブラウンシチュー」が多く、いまだに「シチュー=ビーフシチュー」の娘。

夫も、娘も大好物。

「やばい~。おいしー」と、言いながら食べてます
(何がやばいのやら・・・)

そして、我が家のクリスマス本番は、「チキン」にするか、「ステーキ」にするか悩み中~。
結局、牛肉が好きで、骨付き肉が好きな肉派の夫娘なのです・・・。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

被災した方へのクリスマスプレゼント報告。

P1030894_255x350


【クリスマスプレゼント】
東日本大震災で、東京に避難している子供たちのためのクリスマス会が江東区で開かれます。
子供たちに送るプレゼントが不足している、、、ということで、知り合いから声がかかり、こちらのブログでもご協力をお願いしました^^。

何人かの方が、あたたかいプレゼントを送ってくださり、私のほうでこんな感じ↑に包みました。
(中身がわかったほうが良いとのご要望がきて、簡単なラッピングですみません)
昨日、会場にお届けしてきました^^。
いくつかアソートして包み、合計47個できました!


色々な方から集まっているそうで、私が行った時にもたくさんのプレゼントが届いていました。
おかげさまで、無事プレゼントが足りそうとのことでした。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。

東京に避難している子供たちが、少しでも楽しく、あたたかい気持ちのクリスマスを送れるとよいな~、と思います。
多くの子供にとって、クリスマスは特別ですものね♪

| | コメント (3)

2011年12月10日 (土)

アレルギー用のビスケットを試作中。

P1030869_350x240
【乳・卵不使用クッキー】

P1030868_350x263
【乳・卵不使用クッキー】

乳製品や卵を使わないクッキー、そして、乳製品、卵、小麦不使用クッキーを試作中。
分量を変えながら試作→試食の繰り返し。

ひとくちにアレルギーと言っても、人それぞれで、
◆卵は大丈夫だけど乳製品はダメ、
◆乳、卵、小麦ダメ
◆乳はOKだけど卵だけダメ・・・

などいろいろです。
だから、本当はそれぞれのパターンに応じたレシピができるといいのだろうけど、一番多い、乳製品、卵、小麦粉をそれぞれ組み合わせても何通り?
かなりですよね~

全てのレシピにそれぞれのパターンに対応するのは無理だけど、応用できるレシピであると良いな、と思っています。

アレルギー用のお菓子は、ほんとうに難しくて、なかなか「これだ!」というものができません。
でも、ようやくちょっとずつおいしくなってきたので、レシピ完成までしばしお時間を。


ちなみに、味の判定は、「辛口、食品プロの夫」、「食物アレルギーっ子長女(7歳)/今ではほとんどOK」、「おやつ大好き2歳児次女」、「お隣の子」、「保育園の先生」などにお願いしてます^^。

◆◆◆

そうそう、先日講義をした、松本大学の学生さんたちが、私の行ったアレルギー講義の宿題として先生が出してくださった、レポートを送ってもらいました。
「特定25品目を使わない一日の献立」。
すごくすごく難しいです。
栄養のしばりもあり、食材の縛りもあり。

アレルギー特定25品目って、牛、豚、鶏・・・ダメ。つまり、肉類が使えないのです。
鮭やさばもダメ。かにえびも、大豆も使えません。
つまり、大豆が原料の大豆、味噌も使えません・・・。

みなさん、とても一生懸命宿題の献立を作ってきてくれました。
内容の精度はともかくとして、こんなに真剣に献立を作ってくれる管理栄養士さんが増えたら、すごくステキだな~、と思いました。

これから内容を細かく見るのが楽しみです!

| | コメント (4)

2011年12月 7日 (水)

小学館『ベビーブック』1月号にてレシピ掲載中です。

P1030856_350x247
【小学館 ベビーブック 1月号 カフェBB】
小学館のアンパンマンの表紙でおなじみ、『ベビーブック』1月号の中綴じ冊子、『カフェBB』にてレシピ掲載中です。
今回は、「冬野菜特集~!」小さな子が食べやすい、冬野菜をつかったレシピを4ページでご紹介しております。


良かったらみてくださいね!
あ、今月号の付録「〇×ピンポン」。子供に好評でしたよ~。
うちもまさしくベビーブック世代です

P1030857_350x263

P1030858_350x256

★ツイッター、フェイスブックはじめました!
こちらもよろしくお願いします。(阪下千恵で検索ででてきます^^)

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

『おあじはいかが12月号』に掲載中です

P1030829_261x350
【『おあじはいかが』12月号】


P1030830_350x262

【お弁当ページ】

スーパーなどでもらえるレシピ冊子、『おあじはいかが』12月号に、お弁当レシピ掲載中です。
今月の食材は、”ひき肉”。
お父さん、中高生、園児用と3パターンのお弁当をご紹介しています

今月はクリスマス。
園児はかわいい「クリスマスツリー」弁当~!
キャラ弁などはちょっと難しいな・・・という方でも簡単。

よかったらご覧くださいね。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

被災した子供たちへ。クリスマスプレゼントのお願い。

高校の先輩、人形作家のはっとり みどりさんから、下記の情報とお願いをいただきました。

【はっとりみどりさんより】
被災されたお子様方にクリスマスプレゼントを募集のお願いです。 ☆大震災で被災され東京の東雲に住んでいる家族、特に子どもたちのために クリスマスパーティが江東区の教会で開かれるのですが、 プレゼントがほとんど集まらないのだそうです・・・ 12月17日(土)14:30~17:00 カトリック潮見教会(江東区潮見2-10-5) 未就学児童、小学生、中学生のお子さんとそのご家族 もしプレゼントにしていただけるものがありましたら お知らせいただければありがたいです。 10日過ぎくらいまでにはっとりにお送りいただければ、 ラッピングして転送します。 みなさまどうぞ宜しくお願いいたします。

★★★

ご協力いただける方、どうぞよろしくお願いします。
私も微力ながら、何かプレゼントを選んでお送りしたいと思っています。
子供がいて、なかなか被災地に行ってのボランティアはむずかしくても、こういった小さなことはできるかな・・・と。


被災地ではないので、新品であれば、普通のプレゼントで手作りでも、購入でもかまわないそうです。
ご送付いただける場合は、私のメール、またはコメント欄にご連絡ください。

よろしくお願いします。

| | コメント (9)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »