« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月27日 (月)

娘たちと私。

上の子が生まれてから、必死に子育てしてきたけれど、ふと気が付いたらもうじき3年生。
なんて早いんだろう!
そして、なんて長くて濃密な時間だったんだろう、と思いました。

今年は親子で、「あ~、もう3年生。ちびまるこちゃんと同じになったんだー」と変に感慨深いのです。
下の子だってもうじき3歳。
あと2年もしたら、きっと楽になるはず。。。

3月って、新年度にむけて動き出す時期だから、いろいろ感慨深くなっちゃうんですよね

ここらへんで、「娘は娘」「私は私」と、お互いちょっとだけ親離れ、子離れしたいな~、って思うのでした。
しかし、朝の用意に、ついつい「時間あと5分だよー!」とか、「〇〇忘れてないー?」と言ってしまうのは、何とかしないとね

それぞれにとって、よい春になりますよう!

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

春パスタ

P1040805_263x350


【菜の花とはまぐりのスパゲッティ】

本日のお昼ごはん。
長女がお友達のお家に出かけているので、今日は”え~~、スパゲティ・・・”とがっかりする人がいないので、お昼はスパゲティに決定!
お家に残った食材などを使って、ささっとね^^。

でも、食材は豪華ですよ~。
大粒のはまぐり。
ダシがじゅ~~~~って出ます。
白ワインと塩だけで、あとははまぐりの味だけで充分ご馳走です。
ちょっとスープ多目の感じでいただきました。
あ~、春ですねぇ。

大好きなチューリップも買ってきて、ちょっと幸せ。
3本ずつ時間差で買って、合計6本。
すごくささやかだけど、生のお花があると、嬉しいな~って思います。

◆◆◆

さて、今日はまったりとしながら、ちょこちょこ試作。
おやつの試作をしながら、ちょうどお家の3時のおやつにあわせて、お味見予定。

子供サービスで、たまにはどっかに、「お出かけ~!」としてあげなくっちゃ、って思うのだけど、2月はなかなか難しいですね^^;。
梅見とか、行きたいな~。


◆◆◆
★フェイスブックもやっています。こちらもよろしくおねがいします♪
★ツイッター、こちらもつぶやいてます♪

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

「やじうまテレビ」テレビ出演予定です。

P1040790_350x257

【↑テレビ朝日「やじうまテレビ」リポーター平田さんと私】

これはロケの時にパチリ!と一枚。

2月29日(水)朝、テレビ朝日「やじうまテレビ」内の、旬感ランキングコーナーに出演予定です。
時間はほんの5分程度ですが、春の食材を使ったお料理を3品紹介しちゃいます。
★放送時間:7時50分頃~

今回は、写真のとってもかわいらしい、平田さんと一緒にです!
手に持っているのは「はまぐり」。
そう、はまぐりなのです~。

P1040794_338x350
平田さんの試食シーン、思わず一枚パチリ。

すっごく細くって、首長くって、かわいらしいんですよ~。
並んでうつっていると、こう、、、やばい、です。私
しかも、写真より、映像ってリアルだし!
(決して比べてみないよーに!)

忙しい朝のお時間ですが、もし余裕がある方、よかったら見てくださいね


| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

アサリの炊き込みパエリア風

P1040749_350x254

【アサリのパエリア風】

妹(27歳独身女子)が、パエリア作ってみたい~!って言っていたので、すごく簡単な簡易版のレシピ^^。
本当はフライパンなどで生のお米から作るのですが、炊飯器で作る方法でも充分おいしいですよ。
写真では、アサリしか入っていないけど、えびや、イカなどをいれても豪華!

【パエリア レシピ】
材料 2合分

・米   2合
・アサリ(砂抜きをする)    殻つきで1パック(約250g)
・サフラン           ひとつまみ(なければターメリックなどで代用)
・玉ねぎ   1/2個
・トマト    小1個(中1/2個)
・パプリカ(赤、黄色)    各1/6個
・ベーコン           2枚(できれば厚切り)
・コンソメ(キューブ)     1個
・塩・こしょう          各少々
・白ワイン、オリーブ油    各大さじ1
・パセリ、レモン        適宜

①米は普通にとぎ、炊飯器のめもりまで水加減し、サフランを一つまみ入れ30分吸水させる。
②玉ねぎは粗みじん切り、トマトは1cm角、ベーコンは1cm幅、パプリカは長さを半分にして1cm幅に切る。アサリはよく洗っておく。
③①から水を1/4カップ除き、白ワイン、オリーブ油、コンソメ、塩・こしょうを加えてざっと混ぜる。上に、パプリカ、トマト、ベーコン、アサリの順において普通に炊飯する。
④炊き上がったら、アサリを半分殻から出してちらし、盛り付ける。パセリのみじん切り、レモンを添える。

◆◆◆

まだまだ外は寒いけれど、すっかり春めいてきましたね~。
食材も春らしくなってきました。

年度末だからか、仕事関係もまた新たにいろいろ動いてきました。
あたたかくなりはじめる3月が待ち遠しいです♪

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

お料理初心者でもできたよ。

Dsc01236_325x350


Dsc01234_350x271

↑妹作。
今年のバレンタインに彼氏に贈ったお菓子たち

さて、先日、妹に「初心者お菓子作り」の手ほどきを行いました。
そして、その後一人でちゃーんと作って、彼氏にプレゼントしたのがコレ。

ちょっとわびさびの入ったラッピングは、まあ、お茶などならっているわびさびカップルなので、まあ、よしとしましょう。折り紙の切抜きが、懐かしいよね。

画像にはないけど、生チョコも作ったって言ってました
どちらも好評だったみたいで、よかった~~~。

ほとんどお菓子作りはやったことがない妹でしたが、恋する乙女のやる気ってすごい。
ぜ~~ったい、「お料理苦手」と言っている方でも、”そのとき”がくれば大丈夫。女の子たち、みんな、がんばれー。

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

2012年バレンタイン友チョコ

P1040638_350x238
【チョコレート いろいろ ★友チョコ】
・マシュマロチョコ(ミルクチョコ、いちごチョコ)
・トリュフ(白、黒、オレンジピール)
・バラのキャラメルチョコ
・リボンチョコ(上下2層になってます)
・貝、星、ハートのガナッシュチョコ(中はガナッシュ、外はホワイトチョコ)


P1040639_254x350


P1040644_277x350


P1040681_350x263

【ラッピングするとこんな感じ】

皆様、楽しいバレンタインをお過ごしでしょうか?
私は、今日は朝から撮影~~~。
朝4時起床、夕方までがんばりました^^。

さて、今日はバレンタイン。
会社の義理チョコもない既婚者の私は、こっそり夫だけ。
ですが、娘は小学校2年生で、どうやら「友チョコ」世代みたい。

二人でチョコをからめたり、トッピングしたり、いっぱい友チョコを作りました。

毎年チョコは作るものの、「友チョコ」は初めて。
どんな感じにしたらいいのかよくわからなかったけど、ともかく完成。
無事娘もお友達に渡し終わったみたいです^^。


みんな、すごくかわいいチョコや、クッキーをくれて、かわいいお菓子がいっぱい。
よかったね。

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

野菜と豚丼、スイートチリソース

P1040655_350x246


【緑黄色野菜と豚肉のスイートチリソース炒め】

お昼ごはん、一人分のごはんを作るときにたまーに作るのが、「スイートチリソース」の炒め物。
生春巻きを作ったときの、「スイートチリソース」、うっかりすると残ってしまいませんか?

私はこのちょっと「甘め」の味が結構好きなので、気に入っている炒め物の一つ。
お肉も野菜もいっきにとれて、元気が出ます。
豚肉とあいますよ~。

【緑黄色野菜とスイートチリソース炒め レシピ】
1人分

・パプリカ(赤、黄)   各1/8個
・スナップえんどう   3個
・玉ねぎ         1/8個
・豚肉薄切り      70g

・スイートチリソース   約大さじ1・1/2
・醤油           大さじ1/2

・サラダ油        小さじ1/2
・塩・こしょう      各少々

①野菜、肉は食べやすい大きさにきります。
②油を熱したフライパンで豚肉を炒め、塩・こしょうをふり、野菜も入れて炒めます。
③火が通ったら、調味料を入れて煮絡めます。

すっごく簡単!
なのに、ちょっといつもと違う味わいがよいのです。

| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

ふんわりしっとりチョコレートケーキ・レシピ


P1040658_350x263
娘の小学校では、14日のバレンタインの給食に、「チョコレートケーキ」がでるそうです。
でも、残念ながら「くるみ」入り。。

長女はくるみにアレルギーがあって、食べると口がはれて大変なことになってしまうので、もちろんこの日はNGです。
なので、かわりに家から持参することになりました。
給食のケーキの配合をみて、想像~。
まあ、こんな感じかな、というのを作ることに。
型となるカップは、丸い紙型で、学校で使うものを分けていただきました

実際にもっていく分は別として、あとは自宅用~。

ガトーショコラにしては大きいカップ。
でも、ふんわりのケーキタイプだと、デコレーションなしではちょっと寂しいよね・・・。って、ことで、ガトーショコラと、スポンジケーキの、いわば中間みたいなケーキを作ってみました。
チョコレートケーキを作るときの、別立ての方法も面倒なので、自己流簡易版ケーキ。
でも、すごくうまくいったので、レシピのせておきます^^。

ガトーショコラより簡単で、ふんわり軽い感じ。


【チョコレートケーキ レシピ】
18センチ丸型1個分、または小さなカップ型5個分くらい)

・チョコレート(ミルク)  30g
・バター          30g
・洋酒           小さじ1

・薄力粉          65g
・ココア          15g

・たまご          3個
・グラニュー糖      60g

*あればコーティングチョコ

①チョコレートは刻んで湯せんにかけてとかす。(お湯は60度くらい)
②①にバターを入れて溶かし、洋酒も入れてとかす。
③卵に砂糖を2回に分けて入れながら、泡だて器でしっかりと泡立てる。(線がかけるくらいまで)
④③に、よくふるった薄力粉、ココア、ベーキングパウダーを加えて、ゴムベラで切るように丁寧に混ぜる。
⑤④が8割混ざったところで、あたたかい滑らかな②を入れて均一になるまで手早く混ぜる。
⑥型に流しいれ、170度のオーブンで10分、160度にして10分間焼く。
(*マフィンのような小さな型は合計15~20分、丸いケーキ型などは30分程度と型の大きさによって調節する。)
*竹串をさしてみて、生の生地がついてこなければ焼き上がり。
型から出し、濡れたふきんやオーブンシートをかぶせるなどして、乾燥しないように冷ます。
⑦冷めてから、コーティングチョコをかけたり、生クリームをそえるとさらにおいしい。粉砂糖(ノンウェット)をふるだけでもOK!

P1040664_350x277
↑こんなふうに、手作りのピックや、リボンをつけたら、友チョコケーキにも^^。

| | コメント (0)

友チョコレシピ①『マシュマロチョコ』

P1040644_277x350


【友チョコにおすすめ、マシュマロチョコ】★超簡単

友チョコ、何にしよう~、難しいのはやだな~、とか、いろいろありますよね。
そこで、家も今年作った一番簡単なものをご紹介しちゃいます

市販のマシュマロに、チョコをコーティングしただけ。
すごく簡単で、しかも、結構かわいいでしょ。
マシュマロ(100円)+チョコ(250円)+トッピング(200円くらい)でできます。

用意するものは、
・竹串(ようじ)
・電子レンジ!
以上~。

コツは、P1040657_350x262

↑のようなコーティングチョコを使うことです。
テンパリング(温度管理)なしでも、チョコが分離せず、つやのあるきれいな仕上がりになります。
それに、一番違うのは、うまくテンパリングできないとチョコってなかなか固まらないのですが、このコーティングチョコ、又は洋生チョコという種類のチョコは、あっという間に固まるのがポイントです。

ではでは、レシピ~。

【マシュマロチョコ レシピ】

①マシュマロに竹串を横から刺します。
②表示どおり、コーティングチョコを電子レンジでとかします。
③①のマシュマロを竹串をもって②のチョコの中に入れて、くるんとからめ、オーブンシートを敷いた上に載せます。
④乾かないうちに、トッピングでデコ。
⑤同じようにして、全部仕上げてください。


★ポイント
・チョコは絡めた後にすぐ固まるので、トッピングはすぐにしてね。

・途中、ちょこが固まりだしてしまったら、50度くらいのお湯に袋ごと入れて、あたためればOK。中に水がはいらないよう注意。
・チョコレートの作業は手早くが鍵です。
・チョコペンのデコは、包むときにぐちゃっとなりやすいので、なしのほうがおすすめ。

| | コメント (2)

2012年2月10日 (金)

食物アレルギーのある方へ。チョコトッピング類のご紹介

P1040625_350x250


P1040648_350x252


どれも乳製品、卵、小麦不使用のトッピング類です。
(微量混入などはあると思いますので、それぞれの商品、メーカーに確認するなど各自チェックしてくださいね)

すごくかわいいものがいっぱい。

実は、短大時代のお友達、現役保育園栄養士さんに相談されました。
アレルギーのある子にも、「かわいいバレンタインクッキー」ないかな~、って。

そこで、かわいくって、結構使えるトッピングたち、私が実際に使っているものをご紹介しています。

詳しくは、フェイスブックページをご覧くださいね^^。
こちらも「いいね」してくれたら嬉しいです。
阪下千恵の『食物アレルギーをもつ子のおかあさん相談室』

| | コメント (0)

友チョコいろいろ予告。

予告。

えーっと、「友チョコ」の簡単にできるチョコの希望があるみたいなので、私の作った友チョコをバレンタインちょっと早めですがご披露しますね。

チョコのテンパリングは、基本面倒・・・。
という、私が、小学生とともに作るともチョコなので、初歩~中級くらい。

画像とか準備が間に合わないので、土曜までにはなんとかがんばります^^。

と、無責任な予告でした~。


PS 初心者さんへ:チョコのテンパリングは難しいです。
   いきなりテンパリングが必要な、「高度なチョコ」へのチャレンジはやめましょう~。
   (↑私が中高生時代の失敗経験者です)

   そして、デコチョコ、はやっていますが、デコりすぎると、食べたとき、口がざらざらしておいしくないのでほどほどにね。あと、チョコペンの使用は、すぐに溶けて渡す前にくずれちゃうことが多いので、私はあまりおすすめしません。どうしてもかわいく書きたいときは、コーティングチョコでコルネを作るか、アイシングが良いですよ!


★ツイッターでもつぶやいてます^^。
阪下千恵 ツイッター

| | コメント (0)

『れんこんと鶏のマスタードソテー』レシピ

P1030201_600x443

【レンコンと鶏のマスタードソテー】レシピ


妹から希望のあったレシピを掲載します!
超簡単で、見栄えがします。
手早くできて、ひねりもきいているので、彼氏に作る料理にもおすすめですよ~。

(材料 2人分)
・  鶏もも肉     大1枚
・  れんこん     中6cm
・  オリーブ油    大さじ1
・  A (塩  少々、こしょう 少々、 薄力粉  少々)
・  B 粒マスタード    大さじ1
・  B はちみつ      小さじ1強
・  B みりん        小さじ1
・  B 醤油         小さじ2
・  B 白ワイン       大さじ1・1/2

(作り方)
① 鶏もも肉は余分な皮や脂を除き、食べやすい大きさに切る。塩、こしょう、薄力粉をまぶす。
② れんこんは皮をむいて5mm厚の半月切りにし、5分間水にさらして水気を切る。
③ フライパンにオリーブ油を熱し、①を皮面から入れて強火で両面がきつね色になるまで焼き、途中でれんこんも加えて焼き色をつける。蓋をして、弱火で10分程度火を通す。
④ 余分な油をキッチンペーパーでふき取り、混ぜ合わせたBを加えて煮絡める。器に盛り、お好みで白髪ネギを飾る。

【ワンポイント】
Bを加えて味をつける前に、油分をしっかりと吸い取ると、味が絡みやすくおいしく仕上がります。

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

「おあじはいかが」2月号にてレシピ掲載中です

P1040529_262x350


P1040531_350x263

「おあじはいかが」2012年2月号

スーパーなどにおいてある、レシピたっぷりの冊子、「おあじはいかが」にて、お弁当ページを担当しています。
今月の食材は、「ぶり」。
お父さん、中高生、園児向けに3パターンのお弁当をご紹介しています。

特に、今月のおかずの「ぶりのトウバンジャンソテー」はちょっと濃い目の味付けだけど、お弁当のごはんがすすむおかず。
ぶり=照り焼き、ってなりがちだけど、いろいろなおかずもチャレンジしてみてくださいね。
もし、スーパーでみかけたら、手にとってもらえると嬉しいです^^。

★フェイスブックページ『食物アレルギーの子のお母さん相談室』
も、よろしくおねがいします
「いいね」してくれると嬉しい

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

娘8歳のお誕生日。

今日は長女の8歳のお誕生日。
長かったな~。と、いうのが正直な感想。

娘は生まれたときからひどいアレルギーで、それはそれは大変な数年間。
そして、その後も夜はかゆくてなかなか寝付けない、病気になりやすい・・・などなど、「楽」な時がないままの、必死の子育てだった気がします
二人目を育てていて、やっぱり「育てるのが大変な子」「育てるのが楽な子」ってあるな~、と感じます。

もちろん、どちらも大切な娘。

8歳、そしてもうじき3年生。
どんどん自分の足で立ち上がっていってほしいな~、と願うのでした。

でも、そんな記念すべき8歳のお誕生日の朝も、やや「泥沼」な私と娘
母、娘も大変なのです。

まだまだ、きっとこれからが大変なのでしょうね~。
とりあえず、まだまだがんばります

| | コメント (2)

2012年2月 2日 (木)

乳、卵、小麦不使用の『生チョコ』。バレンタインにも!

P1040545_350x286_2

【生チョコ 乳製品、卵、小麦不使用】

★アレルギーのことを書いたフェイスブックページもよろしくお願いします。こちらでは、相談も受け付けています。「いいね!」もよろしくね
『食物アレルギーの子のお母さん相談室』

以前、「乳製品アレルギーの彼氏にお菓子をプレゼントしたい」と、メールをくれた方がいました。
当時は違うお菓子か何かをご紹介したと思うのですが、今回は、ずばり「生チョコ」

乳製品不使用のチョコレートは、ビターで苦味が強いタイプが多いのですが、この生チョコレシピでは、豆乳ホイップと、メープルシロップを使うことでマイルドに仕上げています。
小学校2年生の娘が、「おいしすぎ!」と評してました^^。
ちょっとほろにがではありますが、子供でも大丈夫。

乳製品不使用チョコは、製造ラインや微量混入はNGかもしれませんが、普通に微量なら気にせずOKの方には、お菓子などにも活用できます。
イオンなどの大きいスーパーでは扱いがあります。100gで150円くらい?でした。
リーズナブルなのもうれしい。
何よりお味は、本当にほんとうに「生チョコ」。

アレルギーのある子にも、ある男性にも、ステキなチョコがとどきますように!


【乳・卵・小麦不使用の生チョコ】

★レシピ

・チョコレート(乳不使用)  100g
・豆乳ホイップ         80cc
・メープルシロップ       40g
・純ココア            適宜
・粉砂糖             適宜



作り方
①チョコレートはできるだけ細かく刻んでおく。
②小鍋に豆乳ホイップを弱火であたため、沸騰直前に火からおろし、①、メープルシロップを加えて静かに混ぜる。チョコレートが溶けて滑らかになるまでまぜる。
③オーブンシートを敷いた、お弁当箱、またはバットなどに②を平らに流しいれ、上にもオーブンシートをのせて平らに手でならす。冷蔵庫で半日以上冷やす。
④ココア、粉砂糖などをお好みでつけながら、切り分け、ココアOR粉砂糖をまんべんなくまぶす。

丸のトリュフ風は、丸めて、中にオレンジピールを入れています。
余力があれば、外側をチョコレートをテンパリングしたものでコーティングするとさらに本格的です。
これ、中にレーズンとかでもおいしいです
P1040541_350x262

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »